女優の有村架純が主演する映画『前科者』の公開日が2022年1月28日に決定。併せて、映像初解禁となる特報映像が公開された。有村演じる保護司・阿川佳代が、森田剛演じる仮釈放中の男を涙ながらに抱きしめ、救いの手を差し伸べる姿が映し出されている。

 「ビッグコミックオリジナル」(小学館)連載中の同名漫画(原作・香川まさひと、作画・月島冬二)を実写化する本作は、罪を犯した‟前科者“たちの更生・社会復帰を目指し、彼/彼女らと向き合い奮闘していく保護司の姿を描いた社会派ヒューマンドラマ。

 2017年に公開された『あゝ、荒野』で国内の映画賞を総なめにした岸善幸監督が、有村を主演に迎え、連続ドラマ&映画の2つの形で実写映像化に挑む。WOWOWにて11月20日より放送・配信される連続ドラマ版では、新人保護司の阿川佳代がさまざまな‟前科者”と向き合い成長する様を描く。映画版は、佳代が保護司として現在進行形の凶悪犯罪と向き合う社会派サスペンスとして制作される。

 有村が主人公の保護司・阿川佳代役を務めるほか、佳代の元で更生し社会復帰へ近づいていたが、ある日姿を消し再び警察に追われる身となる男・工藤誠役を、6年ぶりの映画出演となる森田が演じる。そして、工藤を追う若手刑事・滝本真司役を磯村勇斗が務める。

 特報映像では、「人殺しでも、更生できると思いますか?」と仮釈放中の工藤誠(森田)がつぶやくその言葉に、力強く「はい」と答える保護司・阿川(有村)の姿が映し出される。すがすがしい昼に開放感のある広場で弁当を工藤に手渡し、その横に並んで座る笑顔の阿川の姿や、涙を流しながら抱き合う2人の姿が切り取られ、物語の中心となる2人の関係性がうかがえる。

 ところが、容疑者として浮上した工藤の名を読み上げる刑事・滝本(磯村)の固い声が響き渡り、事態が一変する予感を残して映像は終了。果たして工藤は連続殺人事件に関わっているのか。そして、過去に向き合い続ける者と、その未来に寄り添う者。その先に“希望”は、“再生”はあるのだろうか―。

 さらに、10月29日からムビチケが発売されることも決定。購入特典は阿川、工藤、滝本のオリジナルポストカード3種セット。

 映画『前科者』は、2022年1月28日より公開。