俳優の綾野剛が主演するドラマ『アバランチ』(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜22時)の第7話が今夜放送。第7話では、テロリストに仕立てられた羽生(綾野)らアバランチに、黒幕・大山(渡部篤郎)による包囲網が迫る。

 第2部始動となった22日放送の第6話では、情報収集に徹していた大山が、ついにアバランチに対して反撃に転じ、羽生がテロ事件の容疑者として全国に特別指名手配される様子が描かれた。

 第7話では、公安時代の上司・戸倉(手塚とおる)と素顔で対面した羽生が、ドローンカメラを通じて、山守(木村佳乃)らがその模様を見守る中、3年前に5人の仲間を死に追いやった偽装テロ事件の真相と、黒幕である大山の真の狙いについて証言するよう迫る。

 しかし、戸倉はその答えの代わりに、「3年前の事件を終わりにしよう」と銃口を羽生に向けて…。

 日本版CIA創立のため、犠牲や手段をいとわない大山によって張り巡らされていくアバランチ包囲網。正義のヒーローから一転、テロリストとして非難の的となっていく彼らが打つ、次なる一手とは?

 ドラマ『アバランチ』第7話は、カンテレ・フジテレビ系にて11月29日22時放送。