俳優の笠松将が主演を務め、女優の阿部純子がヒロインを演じる金子雅和監督の最新作『リング・ワンダリング』の公開日が2022年2月19日に決定。併せて予告編と本ビジュアルが解禁された。

 本作は、人間の「生」や「死」に実感のない若者が不思議な娘と出会い、「命の重み」を知る、過去と現在が織り交ざった切なく幻想的な物語。

 漫画家を目指す草介は、絶滅したニホンオオカミを題材に漫画を描いているが、肝心のオオカミをうまく形にできず前に進めない。そんなある日、バイト先の工事現場で、逃げ出した犬を探す不思議な娘ミドリと出会う。転倒しけがをしたミドリを、彼女の家族が営む写真館まで送り届けるが、そこはいつも見る東京の風景とは違っていた。草介はミドリとその家族との出会いを通じて、その土地で過去に起きたことを知ることになる…。

 主人公・草介を笠松、ミドリと梢の二役を阿部が演じるほか、安田顕、長谷川初範、片岡礼子らが脇を固める。

 予告編は、漫画家を目指す主人公・草介(笠松)が絶滅したニホンオオカミを描けず悩む様子から始まり、逃げた飼い犬を探す、不思議な娘ミドリ(阿部)との出会い、その家族(安田、片岡)との交流が切り取られている。草介が描く明治時代の漫画の一幕も映し出され、過去と現在がどのように交錯する展開となるのか、期待感をあおる仕上がりとなった。

 本ビジュアルは、劇中漫画の作画を担当する漫画家の森泉岳土が手掛けたオオカミのイラストレーションとともに、生い茂るススキの中にたたずむ草介の姿が写し出され、「迷い込み、巡り会う」のキャッチコピーとあいまって、幻想世界へと誘われる予感を抱かせる。

 さらに本作は、第37回ワルシャワ映画祭でのエキュメニカル賞スペシャル・メンション授与、第22回東京フィルメックスのメイド・イン・ジャパン部門での上映に続き、第52回インド国際映画祭(ゴア)コンペティション部門で、最高賞である金孔雀賞(ゴールデン・ピーコック・アワード)を受賞した。

 映画『リング・ワンダリング』は、2022年2月19日より全国順次公開。