俳優の山田裕貴が主演し、昨年3月死去したコメディアン・志村けんさんの半生を描くドラマ『志村けんとドリフの大爆笑物語』(フジテレビ系/12月27日21時)の追加キャストとして、生前の志村さんと親交のあった肥後克広(ダチョウ倶楽部)とミッツ・マングローブの出演が発表された。

 ドラマは、志村さんがコメディアンになることを決意してザ・ドリフターズのいかりや長介さんの元を訪れ、1968年、高校卒業間際にバンドのボーヤ(付き人)として携わるところから始まる。見習い時代の修業の日々、そして1974年にメンバーの一員となってから1990年代までの想像を絶するような過酷なスケジュールや、人気の裏に隠された挫折と苦悩、葛藤を描く。

 また、毎週行われていたネタ会議の様子や、徐々に築かれていく加藤との友情も明らかに。そして今まで表には出ることのなかったメンバーとのやりとりや、いかりやさんとの関係など、今回のドラマ化に当たって、取材して初めて分かったことも描かれる。

 志村さんの生前、『志村けんのだいじょうぶだぁ』や『志村通』などで共演していた肥後は、劇中のあるコントシーンに登場する。ミッツはバーのママを演じる。

 肥後は「志村けんさんのドラマが制作中ということを知らず、そして出演のオファーが、コントシーンだとは! もう一生できないと思っていました」と出演を喜ぶ。

 また、志村さんを演じた山田について「若い時の志村さんは見たこともありません。でも多分、若い時の志村さんの素は、こんな人だったろうなと思うくらい山田さんの雰囲気が志村さんと同じ匂いに感じました」とした上、「志村さんは出番が無くてもスタジオにいて、椅子に座ったと思ったらカメラの後ろをウロウロしてました。カメラのアングル、セットの具合、照明、キャストの演技、などなど、志村さんは演者でもあり、監督でもありました。カメラの後ろをウロウロしている山田さんを見て、急に思い出しました。忘れてた記憶が、よみがえりました」と話した。

 ドラマ『志村けんとドリフの大爆笑物語』は、フジテレビ系にて12月27日21時放送。