俳優のロバート・パティンソンが主演を務める映画『THE BATMAN−ザ・バットマン−』の日本公開日が、2022年3月11日に決定。併せて新場面写真が解禁された。

 本作は、US版予告で明かされたように、サスペンスの要素が色濃く、クリストファー・ノーラン監督作『ダークナイト』シリーズや『ジョーカー』をほうふつとさせるような世界観に包まれており、若き日の青年ブルースの葛藤を描いた、ミステリアスかつエモーショナルな物語となる。

 新生バットマンを演じるのは、『ダークナイト』トリロジーのクリストファー・ノーラン監督作『TENET テネット』のニール役の好演が記憶に新しいロバート・パティンソン。「ハリーポッター」シリーズ、「トワイライト」シリーズなどでも活躍したパティンソンが、いまだかつて誰も見たことのない “バットマン”を演じる。

 メガホンをとるのは、『猿の惑星:新世紀』『猿の惑星:聖戦記』でエモーショナルなドラマを描き、SF映画の新たな金字塔を打ち立てたマット・リーヴス監督。「バットマンの起源ではなく、若きバットマンの心の変化を描きたかった」と語っている。

 優しくもミステリアスな青年ブルースは、両親殺害への報復を誓い、夜は黒いマスクで素顔を隠し、犯罪者を見つけては力でねじ伏せ、悪と敵対する“バットマン”になろうとしている。ある日、権力者が標的になった連続殺人事件が発生。その犯人を名乗るのは、史上最狂の知能犯リドラー。ヤツは犯行の際、必ず“なぞなぞ”を残し、警察や世界一優秀な探偵のブルースを挑発する。いったい何のために犯行を繰り返すのか? そして暴かれる、政府の陰謀とブルースにまつわる過去の悪事や父親の罪。追い詰められたその時、彼の心の中で、何かが音を立てて壊れ始めた―。

 解禁された場面写真では、夕日で真っ赤に染まったゴッサム・シティを見下ろすバットマン、そしてゾーイ・クラヴィッツ演じるセリーナ・カイル/キャットウーマンの姿がついにお目見え。セリーナはブルース/バットマンとどのような関係を築くのか、期待が膨らむビジュアルだ。

 映画『THE BATMAN−ザ・バットマン−』は、2022年3月11日より全国公開。