女優の吉高由里子が主演を務め、俳優の松下洸平、井浦新が共演するドラマ『最愛』(TBS系/毎週金曜22時)第9話の予告編が公開された。さらに深まっていく謎に対して、ファンから大きな反響が寄せられた。

 3日放送の第8話では、しおり(田中みな実)の死と寄附金詐欺疑惑に関わりを持つ後藤(及川光博)が失踪。梨央(吉高)と加瀬(井浦)が後藤の行方を追う様子が描かれた。さらに渡辺昭(酒向芳)の遺体が発見された芝池公園事件では、現場で発見された証拠品の“赤いペン”が、世界で5本しかない特注品で、それを持っているのは梨央と母・梓(薬師丸ひろ子)、兄・政信(奥野瑛太)、後藤、加瀬の5人であることも判明した。

 そんな第8話の放送直後に公開された12月10日放送の第9話予告編。「橘しおりさんと最後にいつ会った?」と誰かに尋ねる梨央の姿や、事件捜査を続ける山尾が「引っ張ってこい!」と言い放つ姿、加瀬の「居場所は守りましょう」というセリフも。さらに梨央が「加瀬さん“あのペン”まだ持ってる?」と質問する場面へと続き、最後は梓が「加瀬さん、いろいろありがとう」と語る声と加瀬のなんとも言えない表情で予告編は締めくくられた。

 ここへきて事件と加瀬がつながっている可能性が急浮上するという展開に、ネット上には「加瀬さんだけは嫌だ〜」「加瀬さん色々ありがとうってえ?色々って??」「加瀬さん、信じるからね」などの声が相次いでいる。