日本が誇るアニメーションスタジオ・手塚プロダクションが制作を担当する長編アニメ映画『さよなら、ティラノ』が、12月10日より全国で公開。作品内でトリケラトプスの子ども・トプスを演じる声優の悠木碧は、本作について「性別も年齢も超えた友情物語」と語る。今回は、作品の見どころと併せて、子どものときから芝居と向き合ってきた彼女の考え方の変化について話を聞いた。

 本作の制作を担当したのは、アニメーションスタジオ・手塚プロダクション。『ジャングル大帝』なども手掛けてきた同プロダクションが描く恐竜について、悠木は「動物のアニメーションを描いてきた歴史あるスタジオさんなので、そこはひとつの注目ポイントだと思います」と画的な見どころをアピール。併せて「単純にキャラクターデザインが好きです。ティラノサウルスまでぷにぷにしていてかわいい。(主人公のひとりである)プノンちゃんが立ち上がった瞬間が、私的激写ポイント! お腹が丸くてかわいいです」と、一息に魅力を語った。

 物語は、地上最強の肉食恐竜なのに獲物を狩ろうとせず、暗闇を怖がるティラノサウルス・ティラノと、翼が付いた恐竜なのに空を飛べないプテラノドンの少女・プノンの出会いから始まる。そんな2匹を地上唯一の楽園と呼ばれる“天国”へ導くのが、トプスだ。悠木はトプスについて「最初は本当に何もできなくて愛くるしい子。それでいて家族もいなくて孤独だったから、プノンが守ってあげなきゃと感じたんだと思います」とコメント。

 一方、天国を目指しながらティラノやプノンの勇気・友情を見て成長していく姿については、「子どもが大人にではなく、自我の芽生えた赤ちゃんが子どもになるという感覚に近い気がします。何を見せたいのかが明確なキャラクターだったので、私は物語に乗っかるように演じました」と、トプスへの向き合い方と併せて言葉にした。

■先輩、家族に支えられてきた人生「生きているだけでお母さんが褒めてくれる」

 本作ではそれぞれ悩みを抱えるティラノやプノン、そしてトプスが冒険の中で友情を育み、助け合いながら前に進む。悠木も、仕事・芝居では誰かに助けてもらいっぱなしだと語る。「本作もそうですが、レジェンド級のみなさんと一緒にマイク前に立たせていただく機会があります。そういう方々とも対等にお芝居をしたいのに、背伸びをしても足りないんですよね。でも、一緒にお芝居をさせてもらうことで底上げしてもらっている気がして。音響監督やミキサーさんなど音のプロにも助けてもらいっぱなしです。スタジオでは無力と感じながらも、みなさんのおかげで完成した作品ではよくなっていると実感できるんですよね」。

 なお、本作でトリケラ村のケラおじいさん役として出演した石塚運昇さんも、悠木が長期の現場でお世話になった大先輩のひとり。2018年に亡くなった石塚さんの声を聞いて「グッときた」と彼女は、「運昇さんの声が劇場で響くんだと思ったら何だかすごくうれしくて。この肉声を聞いた瞬間は、きっと一生忘れることはないと思います」と言葉を振り絞る。

 子役としても活動してきた彼女は、小さい頃は特に「家族の支えが大きかった」と続ける。「自分の価値について考え、子どもながら傷ついてしまったことがあって。それを母は真っ向から否定してくれました。たとえなんの価値もないと業界から言われたとしても、ママにとってはかわいい子どもだよって。今日も生きているだけでお母さんが褒めてくれると思うと、頑張れます(笑)。家族の存在は本当に大きいですね。家族を失ったトプスがほかの恐竜と関係を構築していくのは、きっとすごく大変なことだったと思います」。

■「ポジティブなことしか載せない」SNSのスタンスが変化した理由

 本作の主人公であるティラノ。物語の中心人物となる彼について悠木は「この作品で最もはかない恐竜」と感じているのだという。自身もデザイン原案協力で関わっている、女性声優が演じる少年アイドルをテーマにした同人ドラマCD企画の話も交えつつ、ティラノを語る。「私は、はかないものに魅力を感じるんです。『アイショタ』という企画に関わらせていただいていますが、少年が好きなのではなく、はかなくて美しいものが好きなんです。ティラノは強い恐竜ですが、実はとてもはかない存在。そこに魅力を感じています」。

 また、ティラノについては「大人も変化することを象徴しているようなキャラクター」とも表現する。「最初は不愛想だったティラノが、プノンにほだされていく。友達ができたことで大人の彼も成長していくんですよね。本作は性別も年齢も超えた友情物語だと思います」。

 “好き”について、SNSでも積極的に発信している彼女。その点は、意識的に若い頃とはスタンスを変えているのだという。「ポジティブなことを発信していくことは意識的にやっています。特にSNSのような媒体では基本的にポジティブなことしか載せない。今のSNSって、本音を言ったほうがカッコいいという風潮がどこかあるような気がしていて。それはもちろん立派なことだと思いますが、表に立つ人間もそうあるべきなのかと疑問に感じています。例えば、表舞台で活躍しているような人が本音を言ったとき、本人の意図しないところで人が動いちゃう可能性もあると思うんですよね。いろいろな人が気軽に触れられる媒体だからこそ、表に出る人間は発言に気を付けなければならないと思うんです」と持論を展開。

 続けて、SNSを通じて「誰かの楽しい」を阻害したくないと真摯(しんし)に語る。「大人になればなるほど楽しいという感覚を自分で生み出すのが難しくなる気がします。そんな中で、SNSが誰かの楽しみの阻害になるのはよくないと思うんです。だから私はポジティブな発言をするようにしています。人によっては好き好きアピールがうるさいという方もいらっしゃるかもしれませんが、ネガティブを発信しているわけではないので大目に見てください(笑)。SNSが好きを共有できるツールになればいいなと思っています」。

■「何度か痛い目をみたりした」以前の“自分なりの正義感”

 子ども・大人の成長や変化・友情を描いた本作。悠木は大人になっていく中で変化した現場での立ち振る舞いや考え方について、「以前は自分なりの正義感を持っていたんだと思います。ただ、伝え方に失敗して生意気に見られてしまったり、何度か痛い目を見たりしたことで、妥協することを覚えました。それでも言わなければいけないときは、気張って意見するようにしています。いつも心臓がバクバクしていますが(笑)。後から家で後悔することも多いですね」と明かす。

 心の平静を保つすべを見つけた一方で、「若い頃の純粋さは少し削がれてしまったかも」という変化も言葉にする。「若い子の中には、勇気を持って自分が感じているいら立ちを言葉にする方もいます。その子の痛みや気持ちは、すごく理解できるんですよね。決してデリカシーがないわけじゃない。思うことがあって、それを伝えたいだけなんです。そういう気持ちになる子は、きっと繊細。だから、できるだけ連絡を取ったり、こういうご時世になる前はご飯に誘ったりしていました。私が言うべきだったのに、言わせちゃったという後悔もありながら。誰かに気持ちを伝えるって、難しいですよね」。

 新型コロナウイルス感染症の影響で公開が延期となっていた『さよなら、ティラノ』。最後に、公開を控える今の心境について「私はいちばん届けたい人たちに届く時期をこの作品が待っていたような気もするんです。それぞれが悩みを持ち、独りぼっちだった恐竜たちの冒険を、目に見えない何かと戦っているみなさんに見ていただきたいですね。絵もお話も音も丁寧に、硬派に作られた本作をぜひ劇場でお楽しみください」と呼びかけた。

 子どもの頃から芝居に向き合ってきた悠木碧。芝居・仕事への熱量からくる正義感や責任感は、時に周りとの摩擦や将来への不安を生んだりしてしまったというが、それらの経験が今の前向きな彼女を形成したのかもしれない。家族や先輩に支えられながら、また先輩として後輩たちを見守る彼女の、今後の活躍に注目したい。(取材・文:M.TOKU 写真:高野広美)

 映画『さよなら、ティラノ』は12月10日より全国公開。