韓国のスキンケアブランド「goodal(グーダル)」が日本正式上陸し、5月28日(木)から、「PLAZA」や「東急ハンズ」など全国579店舗で販売をスタートさせた。

■黄色いパッケージでおなじみ!

 韓国コスメブランド「CLIO」から誕生した「goodal」は、黄色いパッケージが印象的な美容セラムなどを扱うブランド。これまでは、楽天など公式モールのみで販売を行ってきたが、5月28日(木)から、「PLAZA」や「東急ハンズ」など全国579店舗でオフラインでの取り扱いもスタートした。

 オフライン販売されるのは、本ブランドを代表する美容セラムと、トナーパッド、クリームの全3アイテム。

 1年間でたった4週間だけ収穫できる青みかんエキス70%配合した「グーダルVセラム」は、シミから肌トーンまでを管理することで、ワンランクアップした肌を実感できるジェルタイプの美容液。今回販売される製品では、既存の容器をより使いやすく改善し、鎮静成分を追加するなど嬉しいアップグレードが行われている。

 ほかにも、パッド1枚で、ビタミン補給、水分補給、キメを整え、老廃物除去、ブースター効果が期待できる拭き取りパッド「グーダルVトナーパッド」や、ビタミンCのカプセル入りの低刺激クリーム「グーダルVクリーム」が、手軽にゲットできるようになる。

【「goodal」概要】
発売日:5月28日(木)
販売場所:PLAZA、LOFT、東急ハンズなど全国579店舗