花火大会「泉州夢花火」が、10月3日(土)・4日(日)に大阪府泉南市の「泉南りんくう公園」で開催されることが発表された。

■東西の花火の見比べも!

 本花火大会は、2017年より「泉州光と音の夢花火」と題していた大会名を変更し、新たに「泉州夢花火」となって開催決定した。新型コロナウイルス感染拡大防止で、全国の花火大会中止が相次いでいる中、関西唯一の大規模花火大会として、地域に夢を与える。

 コンセプトは、“鎮魂・厄除け・生きる活力に”。打上数を昨年の2万5千発より増発し、2日間で3万発を予定しているそうだ。また、東日本と西日本の花火師たちによる“巧の技”の違いを楽しむことができる「東西の花火見比べ」や、楽曲リクエストなど、“泉州夢花火でしか見られない”演出で大会を盛り上げる。

 なお、同大会は、感染予防対策として、指定席を設け、三密を避ける会場レイアウトを検証、会場内の除菌・清掃や飛沫防止対策を徹底して開催。さらに、“医療従事者応援”のため、無料招待や収益寄付も行われる。

【「泉州夢花火」概要】
日程:10月3日(土)・4日(日)
時間:20時00分〜20時45分(予定)
会場:泉南りんくう公園