恋に本気になれない6人の男女が織りなす群像ラブストーリー『恋なんて、本気でやってどうするの?』(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜22時)。5月16日(月)放送の第5話では、桜沢純(広瀬アリス)と長峰柊磨(松村北斗)の距離が急接近! 清宮響子(西野七瀬)の岩橋要(藤木直人)に対する思いも、切なさを帯びてきた。(文=菜本かな) ※本記事はネタバレを含みます。ご注意ください

■柊磨が、純にこだわる理由とは?

 前回の衝撃的なキスを経て、一気に距離が縮まった純と柊磨。無事に初体験を終わらせた純は、“彼さえいれば”状態に陥ってしまい仕事に身が入らない。このままでは、柊磨に飽きられてしまうのでは? とハラハラしたが、純のガードが壊されることはなかった。雑誌に、「今度いつ会う?」と聞くのがNGと書いてあったら、どんなに会いたくても我慢。柊磨から聞いてくるまで、純から誘うことはない。

 柊磨を取り巻く女の子の中には、彼女のようなタイプはいなかったのではないだろうか。だって、柊磨は存在が“沼”すぎる。パッと目を離したら、どこかに消えてしまいそうな、はかなさ。それに加えて、男らしさまで持っているのだ。朝起きたら、爽やかな笑顔でごはんを作ってくれるイケメン…。竹内ひな子(小野花梨)のように、「その他大勢の中の一人でもいい」と思ってしまうのも無理はない。

 大勢いる柊磨ガールズのなかで、純が選ばれた理由。それは、柊磨を諦めなかったからだと思う。「柊磨は、誰にでも優しいし、誰とでも寝る。そういう男なの」と諦めてきたのは、ひな子だけではないはずだ。だって、そうしないと彼と一緒にいられないから。「私は、納得した上で付き合ってる」と自分に言い聞かせて、理解がある女のフリをすることで、どうにかメンタルを保ってきたのだろう。

 しかし、純は諦めなかった。柊磨に思いを寄せるひな子には、「この人に、手出さないで!」と直談判。「ほかに女がいてもいい」なんて、物分かりがいいことは言わない。嫉妬したら感情をむき出しにして、連絡を返さないことだってある。面倒くさい女の典型のようだが、柊磨にとってはその面倒くささが心地いいのかもしれない。自分のことを、諦めないでいてくれる女の子が、そばにいることが。

 “来る者拒まず去る者追わず”で生きてきた彼が、純に対しては本気で向き合っているのが伝わってくる。連絡が取れないだけで、純の家の前で待ち伏せをする…というのは、よっぽどほれ込んでいるのだろう。「恋なんて、本気でやってどうするの?」と思っていた二人が、だんだんと変わっていくのを感じる。

 柊磨の“沼”にハマっているのは、純だけではない。視聴者からも、SNS上で、「恋マジ観終わったあとは、柊磨のことで頭がいっぱい」「柊磨が毎週いい男」「こんな優しい男性現実にいないぞ?」「柊磨沼にどんどんハマっていく」との声が上がっていた。

■謎の女性に考察が飛び交う!

 また、第5話で、「そんなに、好きになっていたなんて…」と驚かされたのが、響子の恋だ。要は、レストランでおいしい料理を提供してくれる“推し”ではなかった。響子は、「要さんが欲しい」と涙ながらに吐露するほど、彼の魅力にハマってしまっていたのだ。

 しかし、響子は既婚者である。旦那は最低な部分もあるが、不倫をしていいことにはならない。そんなことは、彼女も痛いほど分かっている。だから、純に投げかけられた正論が、胸に刺さったのだろう。

 「結婚してても、誰かにドキドキしたり憧れたりすることってあるよね。響子はちゃんと自分の気持ちに線引きできる大人だって、分かってるから」という言葉に、「いつまでも、恋の入り口でウダウダして、苦しいことやカッコ悪いことを避けて生きてる純には分かりっこない!」と言い返す響子。お互いの言い分が理解できるだけに、胸が締め付けられる場面だった。
 
 そして、衝撃が走ったラストシーン。謎の女性・真弓(斉藤由貴)が、柊磨の写真を見せながら、「恋人。もうすぐ会えるんだ」と不敵な笑みを浮かべる。これには、「突然出てきたけど、誰?」「斉藤由貴さん何!? どゆこと!?」という驚きの声や、「絶対母親やん」「柊磨ママ活してんの?」などの考察が上がっていた。どちらにせよ、謎の女は物語の鍵を握る人物になりそうだ。