あべのハルカス近鉄本店は、9月16日(水)から、『ピーナッツ』の人気キャラクター、スヌーピーの展覧会「スヌーピー・ファンタレーション」を開催する。

■スヌーピー×科学

 本展のテーマは、スヌーピーと科学の原理や技術の進歩を活用した「サイエンスアート」。

 注目は、「スヌーピーロボ」と「不思議なお絵かきゾーン」にある参加型の展示。スヌーピーロボゾーンでは、ディスコダンスを踊る「ダンシングスヌーピー」と可愛いポーズをとる「ファニースヌーピー」2体のロボットの実演が楽しめる。

 一方「不思議なお絵かきゾーン」は、お絵かきシートに自分で描いた絵が、立体で動きながらスクリーンに映し出されるため、アートに参加した気分が味わえるそうだ。

 そのほか、ピーナッツコミック約5000作品を使って描かれたモザイクアート作品や、27年前のカラクリオブジェなど仕掛けが楽しい展示物が並ぶ。

 また、展覧会でしか手に入らないキュートなオリジナルグッズも多数用意。

【「スヌーピー」展覧会概要】
期間:9月16日(水)〜10月6日(火)
会場:あべのハルカス近鉄本店 ウイング館4階第2催会場
入場料:税込 500円 ※未就学児は無料