菅田将暉が、「ミスタードーナツ」50周年アンバサダーに就任することが決定。9月4日(金)から、菅田がロゴマークに扮したスペシャルテイクアウトボックスが提供される。

■「開けた瞬間、いいことあるぞ」

 今年の1月に、事業創業50周年を迎えた「ミスタードーナツ」。そんなアニバーサリイヤーを盛り上げるべく、今回、菅田が「ミスタードーナツ」50周年アンバサダーに起用されることが決まった。

 というのも、菅田は、「ミスタードーナツ」第1号店がある大阪・箕面出身。また、様々なチャレンジを行ってきた菅田が、“ドを超える”をキーワードに行ってきた50周年企画にふさわしいという理由から、今回就任が決まった。

 本キャンペーンでは、9月4日(金)から、菅田が「ミスタードーナツ」のロゴマークに扮したスペシャルテイクアウトボックス(ドーナツ持ち帰り用ボックス)を用意。

 ボックスには、ロゴの蝶ネクタイ部分と融合するスーツ姿の菅田がプリントされれており、「開けた瞬間、いいことあるぞ」とのメッセージがつづられている。ボックスはなくなり次第終了だ。

 ちなみに、同日からは、生地に安納芋パウダーと紅はるかパウダーが練り込まれた「さつまいもド」が発売される。

【「数量限定スペシャルテイクアウトボックス」概要】
発売日:9月4日(金)