カピバラやナマケモノなどの動物と触れ合うことができるカフェ「Moff animal cafeららぽーと愛知東郷店」が、9月14日(月)にオープンする。

■エサやり体験も可能!

 同日開業となる愛知・中部エリア最大級のららぽーと愛知東郷に登場する本カフェは、4つに分かれたエリア内で、約40種類の動物とふれあえるアニマルカフェ。

 ヒヨコを手の中で眠らせられる「ふれあい動物園」や、手に乗せて記念写真が撮れる「フクロウの森」、インコの頭をカキカキできる「ことりパーク」、本物のジャングルに来たかのような雰囲気の「南米の動物エリア」が展開され、動物とのスキンシップが好きな人には堪らない施設となっている。

 また、観察したり触れたりするだけでなく、体の秘密などを学べる「動物ガイド」やエサやりなど、様々な体験も用意。

 さらに、カフェスペースでは、カピバラとナマケモノをモチーフにした「アニマルソフトサンデー」など、オリジナルスイーツを販売し、見た目が可愛いだけでなく、味わいも本格的なメニューが楽しめる。

【「Moff animal cafeららぽーと愛知東郷店」概要】
オープン日:9月14日(月)
営業時間:10時00分〜20時00分(最終入園19時30分)
入園料:一般(中学生以上) 1200円/4歳〜小学生 600円 ※3歳以下は入園無料