東京・銀座にある「資生堂パーラー 銀座本店サロン・ド・カフェ」は、8月1日(日)から、“真夏のパフェフェア”第2弾を開催する。

■旬のフルーツを使ったパフェ4種類

 今回のフェアでは、富良野メロンや和歌山県産の無花果など、産地直送で旬にこだわったフルーツパフェ4種類が登場。真夏に嬉しいひんやりジューシーなメニューがラインナップされた。

 「北海道 富良野市産“富良野メロン”のパフェ」は、山に囲まれた盆地の寒暖差が激しい環境下で育った“富良野メロン”が楽しめる一品。収穫から追熟を重ね完熟を迎えた果肉は柔らかく、芳醇の香りと豊かな甘さが口いっぱいに広がる。

 また、和歌山の温暖な気候と豊かな大地で育った“無花果(イチジク)”を使った「和歌山県 紀の川市産“無花果”のパフェ」も登場。プチプチした食感と優しい甘さが特長の無花果を、シャーベットやソース、赤ワインで煮込んでコンポートに仕上げた、上品な大人のパフェだ。

 そのほか、“幻のマンゴー”と呼ばれる希少性の高いキーツマンゴーが味わえる「沖縄県 宮古島産“キーツマンゴー”のパフェ」や、甘酸っぱさが魅力の「長野県産 信州畑工房“恋姫”のストロベリーパフェ」がそろう。

【「『資生堂パーラー 銀座本店サロン・ド・カフェ』“真夏のパフェフェア”第2弾」概要】
販売期間:8月1日(日)〜8月31日(火)
販売場所:「資生堂パーラー 銀座本店サロン・ド・カフェ」