好評発売中のCREA最新号の特集は「明日のためのハワイ。」。グルメからショッピング、ホテルまで、オアフをぎゅっと詰め込んだ保存版の1冊だ。ハワイもいいけれど、ハワイに勝るとも劣らない、星野リゾートのアイランドリゾートを紹介しよう。

◆星のやバリ
緑の渓谷を望むガゼボでバリ料理を


2017年1月に誕生した「星のやバリ」では、この地ならではのさまざまなアクティビティも用意している。

 2017年1月に、バリ文化の中心地であるインドネシア・ウブドにオープンした「星のやバリ」。“現代を休む日”をコンセプトにした「星のや」ブランドの海外初進出となる施設だ。バリらしい地形を生かし、平坦な場所に30のヴィラが並び、深い渓谷に面した場所にパブリックゾーンが広がっている。


エメラルドグリーンの運河プールは、すべてのヴィラに直結している。

 バリの神話に語り継がれるプクリサン川と、バリの伝統的な水利システムであるスバックの風景の中に佇む「星のやバリ」。そのコンセプトは、“聖なる川に向かう運河の集落”。バリの伝統建築による3タイプのヴィラの集落の間を、運河を模した3つのプールが流れ、すべてのヴィラからプールに直接入ることができる。


インドネシアの地ビールや、マンゴーやパッションフルーツなどを使用したスムージーが楽しめるカフェ・ガゼボ。

 川辺の涼風を集落に取り込むよう、それぞれのヴィラには、バリの暑さをしのぐ東屋のようなガゼボが設置されている。また、7つのガゼボがプクリサン川の上に浮かぶようにつくられたカフェ・ガゼボからは、刻々と表情を変える渓谷を望める。ジャングルの一部のような空間でバリ時間に浸ろう。


サンバル(辛味調味料)がきいたカルパッチョ仕立てのお造りや、3種の特製ソースで味わう牛フィレ肉などが楽しめるコンテンポラリーバリニーズ。

 鮮やかな緑のジャングルに張り出すような開放的な空間のダイニングでは、バリの食材を熟知したシェフによる「コンテンポラリーバリニーズ」を。10皿におよぶコースの中で、多種多様なフレーバーをストーリーで繋いでいく、新しいバリ料理だ。

星のやバリ
所在地 Br. Pengembungan, Desa Pejeng Kangin, Kecamatan Tampaksiring, Gianyar 80552 Bali, Indonesia
電話番号 0570-073-066(星のや総合予約)
http://hoshinoyabali.com/

◆星野リゾート Kia Ora ランギロア
圧倒的な透明度を誇る海を堪能


世界最大級の環礁の島、タヒチ・ランギロア島。ランギロアブルーと呼ばれる美しい海に浮かぶ「星野リゾート Kia Ora ランギロア」。

 タヒチ島から飛行機で1時間。タヒチの中でも圧倒的な海の透明度を誇るツアモツ諸島に位置するランギロア島。240以上の小さなモトゥ(小島)がリング状に連なるこの環礁の島にあるのが「星野リゾート Kia Ora ランギロア」だ。

 水上バンガロー、プールヴィラ、ビーチバンガローの3つタイプの客室で、ポリネシアの休日が過ごせる。


タヒチの伝統料理のひとつポワソンクリュは、魚とココナッツを使った料理。ココナッツミルクやライムなどを和えてさっぱりした味わい。

 ポリネシアンとフレンチが融合した一品を提供するメインダイニングでは、カジュアルな軽食から本格フレンチまで多彩なメニューが楽しめる。ランギロアの巨大なラグーンに生息するマグロやマヒマヒを使ったポワソンクリュも、ぜひ味わいたい。


ラグーンに浮かぶモトゥを訪れる1日ツアーのエクスカーション。ボートで1〜2時間ほど移動して楽しむ海のピクニック。

 ダイバーの聖地と言われるランギロア島では、ダイビングはもちろん、さまざまなアクティビティが楽しめる。潮の流れに乗ってシュノーケリングするドリフトシュノーケリングや、ボートで移動し、ブルーラグーンやピンクサンドビーチなど大自然に触れるエクスカーションも充実。


環礁の土とタヒチの太陽を浴びてつくられるブドウは、カリニヤンとマスカットハンブルグの2種。ほんのり香るコーラルの風味と果実味が豊富で、飲みやすい口当たりのワイン。

 ランギロア島には、世界で唯一の、珊瑚の島で育ったブドウでつくられるワインがある。フルーティーな白ワインとロゼは、年間4万本しか生産していない希少性の高いワイン。ブドウ畑を訪問し、テイスティングも楽しめる環礁ワインツアーも実施している。

星野リゾート Kia Ora ランギロア
所在地 B.P.198-98775 Avatoru, Rangiroa, Polynesie Francaise
電話番号 0570-073-022(星野リゾート予約センター)
http://rangiroalagoon.com/

◆星のや竹富島
星砂ビーチでディナーを味わう


竹富島景観形成マニュアルに則り伝統を守りながら建てられた48の客室が集落をつくる「星のや竹富島」。

 石垣島からフェリーで10分の竹富島。約2万坪の敷地に、琉球赤煉瓦や珊瑚石の手積みの石垣など、竹富島の伝統を尊重して建てられた一戸建ての客室が並び、離島の集落を形成する「星のや竹富島」。八重山諸島の大自然や地域の文化が感じられるリゾートだ。


八重山諸島のもずくや月桃などの天然素材をふんだんに使った星のやスパ。

 さまざまなアクティビティもあるが、のんびり滞在しながら、スパで体を癒やしては。日本古来から行われてきた健康法を、現代人のスタイルに合わせて進化させてきた星のやスパ。体のリズムを本来のリズムに整え、季節によってもずくや月桃など、天然素材をふんだんに使ったトリートメントメニューを用意している。


マジックアワーから満天の星空へ、時間のうつろいとともにシェフ特製のグリルコースを楽しむ“星砂ビーチダイニング”。

 星のや竹富島から徒歩5分のビーチで、マジックアワーにディナーを楽しむ“星砂ビーチダイニング”も人気。

 全5皿から構成されたグリルコースに舌鼓を打ったあとは、今年新登場の“アフターラウンジ”へ。ハンモックでくつろぎながら食後のひとときを過ごせる特別席だ。コーヒー泡盛を使ったフローズンコーヒーとフローズンミルクの2層からなるシャリシャリしたカクテル“カフェ・エトワール”を片手に、波の音に耳を傾けよう。

星のや竹富島
所在地 沖縄県八重山郡竹富町竹富
電話番号 0570-073-066(星のや総合予約)
http://hoshinoyataketomijima.com/

 星野リゾートのアイランドリゾートでの滞在。のんびり島時間を楽しみたい。

文=榎本市子