海抜2240メートルの高原盆地に位置する、メキシコの首都メキシコシティ。人口約2000万人というこの巨大都市から北へ向かう旅で出合うのは、カラフルな街並みや民芸品、ワインにメキシカングルメ……。歴史と現代が融合するメキシコ中央高原への旅は、発見と感動に満ちていた。

 早朝、数多の人と車が行き交う、エネルギッシュなメキシコシティ中心部から車で北東へ。途中に車窓から、山の斜面にずらりと並んだカラフルな家々を眺めながら、走ること約1時間。メキシコ最大の都市遺跡である、世界遺産「古代都市テオティワカン」に到着する。

 この地を訪れると、まずその壮大なスケールに息をのむことだろう。


20キロ平方メートルに及んだという市街の中で、もっとも巨大な建造物である「太陽のピラミッド」(高さ約65メートル)。頂上まで登ることもでき、この遺跡群のシンボルとして人気が高い。

「これらの遺跡は、紀元前200年頃に建築がスタートしたと言われています。その後、トウモロコシ農耕を基盤に最盛期の紀元400年頃には人口約20万人を有する巨大都市に発展したわけです」と解説してくれたのは、メキシコ在住38年のベテランガイド、喜代田質吉さん。


独自のユーモアを交えながら、テオティワカン文明の歴史をわかりやすく教えてくれる喜代田ガイド。「今はもう剥がれていますが、この壁の上にまず白の塗料を塗り、さらにカイガラムシから採取したエキスを使った紅の塗料を重ね、その上には装飾も描かれていたそうです。当時の紅色に染まった都市は、さぞ華やかだったでしょうね」


王も一般市民も、家族単位で、排水・給水機能を完備したマンションのような集合住宅で暮らしていたという。区画整備された住宅跡地は、歩いて巡ることができ、所々で当時の生活様式を垣間見ることができる。

「テオティワカンでは、宗教も文化も違う約12部族が共に生活していましたが、その中で争い事はほとんどなく、とてもハッピーに生活していたそうです。なぜなら、三権分立がきちんとなされ、市民を上手くまとめることができるカリスマ的なリーダーがいたから。紀元前に、まるで現代社会さながらの統治体制をとっていたというのは、かなりの驚きですよね」


テオティワカンの第一神である雨の神、トラロックが描かれた壁画。上から斜めに入っている斜線は、恵みの雷雨を表している。


壁や柱に刻まれた文様には、テオティワカンの歴史を今に伝える重要な意味が。日本を含め、各国から研究者が集い、長年にわたり謎解きを続けている。

 テオティワカンの先鋭的な文明の歴史を学んだところで、北端に位置する「月のピラミッド」(高さ約46メートル)に実際に登ってみることに! がっちりとした石段を、太陽の日差しを背に受けながら、ゆっくりと上がる。

 実は、メキシコシティの標高は約2250メートルと、富士山五合目あたりに位置するので、酸素が薄め。息切れしないよう、自分のペースで進みたい。


「月のピラミッド」の上から見渡すテオティワカンの遺跡群。のびのびとした青空を間近に感じながら、しばし、悠久の歴史に思いをはせる。


市街の中央を貫くメインストリート、通称「死者の大通り」。街の中心にあったこともあり、後に、この通りから人骨が多数発見されたことからこの名が付いた。この通りで、市場が開かれるなど、商業が盛んに行われていた。

 約900年もの間、平和に続いたテオティワカン文明が突然に終幕を迎えた理由が気になるところ……。

「紀元650年頃、この地は突然の干ばつに襲われ、それが約30年も続いたそうです。その間、生贄を捧げて神に祈るなど、いろいろと努力はしたようですが、だんだんと食料がなくなり、人々は飢えていきました。そして紀元700年頃のある晩、ついにこの環境に我慢ならなくなった市民たちが、街に火を放ち、一夜にしてこの巨大都市は滅びてしまったというわけです。テオティワカンにはまだ紐解かれていない歴史も多いですが、最大の謎は王の墓が見つかっていないこと。これからも世界中の研究者たちが探求を続けるでしょうね」


遺跡の周辺には、お土産ショップが多数あり、太陽と月が描かれたピラミッドの置物も。

 メキシコ人が一度は訪れたいと願う、メキシコシティ近郊最大の観光スポット。土日の午後は特に混雑するため、午前中の早い時間に訪れるのがおすすめだ。

渋滞ではなく「停滞」
メキシコシティ名物にご用心!

 車、車、車……。メキシコシティに戻ると、この街の名物である渋滞に遭遇。メキシコシティ周辺の人口は約2000万人、480万台の車が走っているとされ、朝夕の通勤時間帯には、とりわけハードな大渋滞に見舞われる。


「渋滞ではなく、停滞だよ」と苦笑する地元のドライバー。停滞中には、車の間を縫うようにしてドリンクやスナックを売り歩く、路上販売者たちの姿も。

 行政は、バスや地下鉄での移動を呼びかけたり、車を使用できる曜日を指定したりするなどの対策はとっているものの、一向に効果は上がらず。ドライバーができることはただひとつ、ひたすらに待つことのみ!

「メキシコシティに住んで始めた覚えたスペイン語は、『Ni modo(仕方ない)』。渋滞を見たときにこの言葉をつぶやくと、気持ちがちょっぴり軽くなるんです」 と、今回ツアーガイドをしてくれた株式会社メキシコ観光の喜代田誠人さんは笑う。

メキシコの食のトレンド
「フュージョン」に注目

 渋滞をどうにか切り抜け、裕福な若者たちが集うコンデサ地区にあるおしゃれなレストラン「Bonito」へ。


太陽の日差しが降り注ぐ、開放的な店内は、1980年に建築界のノーベル賞とも称される「プリツカー賞」を受賞した、メキシコ現代建築の巨匠、ルイス・バラガンによるデザイン。

 同店の料理のテーマは「トラディショナル×インターナショナル」。常に新しさを模索しているシェフたちが生み出す、最先端のメキシコ創作料理を味わうことができる。


揚げたミニサイズのトルティーヤの上に、アボカド&サルサや、牛肉のソテーがのった、ひと口サイズの前菜。食感が楽しい。


合鴨のローストに柑橘系のサルサソースをかけた味わい深いメイン料理。後味がなんとも爽やかで、食べ応え満点な一品。

 こうした「フュージョン」は、現代のメキシコ料理におけるトレンドのひとつ。有名レストランの多くが取り入れている人気スタイルである。


デザートにはメキシコの定番おやつ「Churros(チュロス)」を。オレンジ色の小さな壺に入っている「カフェ・デ・オジャ」(シナモンなどのスパイスが効いた甘いコーヒー)、ロンポペ(メキシコの甘い卵酒)、ホワイトチョコソース、チョコソースをつけていただく。

Bonito(ボニート)
http://www.bonito.com.mx/

メキシコ全土のお土産が揃う
「シウダデラ市場」

 晴れやかな午後、メキシコシティのシンボルである独立記念塔の天使像を眺めながら、中心部を周遊。問屋街のソロカ地区にある「シウダデラ市場」へと車で向かう。

 メキシコシティの街中では、警官の姿をよく見かける。近年とくに治安対策に力を入れていて、路上駐車禁止や防犯カメラによる犯罪の監視を徹底しているそう。


1901年にイタリアの建築家、アダモ・ボアリによってデザインされたベジャス・アルテス宮殿。壮麗なアールヌーボー様式が特徴的。現在はメキシコの国立芸術院として使用され、バレエ、オペラ、クラシック音楽などの上演が行われている。

 シウダデラ市場は、全国の民芸品が一同に揃う、メキシコグッズのハイライト的スポット。陶器や刺繍などの伝統工芸品から、ポップなアートグッズまで、お土産にもぴったりなメキシコらしいアイテムを見つけるなら絶対ココ!


メキシカンピンクが効いたカラフルなカゴバッグ。地元の人たちは、これを市場への買い物用にしているそう。普段使いにもお出かけにもぴったり。


メキシコ伝統の手刺繍のポーチ。デザインも豊富で、値段もリーズナブル! どれにしようかかなり迷う……。


ルチャリブレ(プロレス)グッズの専門店には、デザインTシャツがずらり。どの柄も愛嬌があってかわいいので、お土産にまとめ買いをする人も。


メキシコ人画家、フリーダ・カーロのイラストが描かれたシューズ。近年リバイバルしているフリーダのグッズは、至る所で目にする。

パイナップルも入れるの!?
本場のタコスを実食

 気づけば市場に数時間……。歩き回ってお腹がすいたら、メキシコ名物のタコスを食べに!

 富裕層が暮らすポランコ地区にある人気のタコスレストラン「La Casa del Pastor」。カウンターでダイナミックに切り分けられる豚肉のパストールや、トルティーヤの調理風景を眺めることができる店内は、まるでライブキッチンのよう。


軽快なリズムで豚肉をスライスする店員さん。お願いすると、記念撮影も快く引き受けてくれる。


まずテーブルに出てきたのは、赤唐辛子、青唐辛子、燻製唐辛子などを使った数種類のサルサに、アボカドソース、刻んだ唐辛子や玉ねぎなど。これらを自由にトッピングして、自分好みにタコスをアレンジ。

 本場のタコスはぜひ、メキシコビールと!


トルティーヤの上に豚肉のスライス、パイナップルがのったノーマルなタコス。パイナップルの爽やかな甘みが、スパイシーな豚肉やサルサと相性バツグン!


牛肉のタコス、チーズをカリカリに鉄板焼きしたおつまみチップス、野菜とベーコン、パストールの炒め物をのせたタコスなど、種類も豊富。

La Casa del Pastor
(ラ・カサ・デル・パストール)

http://www.lacasadelpastor.com.mx/

メキシコシティで最高のロケーション!
宿泊するならこの「シェラトン」

 メキシコシティで宿泊するのであれば、「シェラトン・マリアイザベル」がおすすめ。まず、魅力的なのは周辺の環境。繁華街であるソナロッサ地区の大通りに面し、独立記念塔と向かい合った好立地で、証券取引所や大手企業も徒歩圏内にあり、商用・観光ともに利便性が高い。


安心快適なサービスが揃い、日本人観光客にも人気が高い。(C)Sheraton Maria Isabel

 また、ホテル内のバー「Jorongo」では、ユネスコの無形文化遺産に登録されているメキシコの伝統的な楽団「マリアッチ」の生演奏を聴きながら、くつろぎのひとときを過ごすことも。


タワー棟の高層階の部屋からは、独立記念塔を間近に眺めることも。(C)Sheraton Maria Isabel

 ビュッフェ形式の朝食には、和食もラインアップされているなど、日本人観光客に嬉しいもてなしに満ちている。


各種アメニティが完備され、広々として過ごしやすい客室。オプションでWi-Fiを利用することができる(有料)。(C)Sheraton Maria Isabel

Sheraton Mexico City Maria Isabel Hotel
(シェラトン・メキシコシティー・マリアイザベルホテル)

http://www.starwoodhotels.com/sheraton/property/overview/index.html?propertyID=259

 民族の熱いエネルギーが紡ぐメキシコらしい彩りある文化。メキシコシティでの滞在は、そのルーツと最先端の双方に触れる色濃い時間となるだろう。

【取材協力】
アエロメヒコ航空

http://aeromexico.jp/

株式会社メキシコ観光
http://www.mexicokanko.co.jp/

文・撮影=中山理佐