海抜2240メートルの高原盆地に位置する、メキシコの首都メキシコシティ。人口約2000万人というこの巨大都市から北へ向かう旅で出合うのは、カラフルな街並みや民芸品、ワインにメキシカングルメ……。歴史と現代が融合するメキシコ中央高原への旅は、発見と感動に満ちていた。

 近年、メキシコ国内で、おしゃれな「ブティックホテル」が続々と誕生している。これは、アパートや大型邸宅を改装したデザイナーズホテルで、各オーナーの独自のセンスやコンセプトが光る。また、客室数が少ないため、親切で丁寧なサービスを受けられるのも嬉しいところ。

 今回は、よりデザインフルで、食事やスパ、ショッピングなども併せて楽しむことができる、グアナファト、サン・ミゲル・デ・アジェンデ、メキシコシティの4つの人気ホテルを紹介しよう。

グアナファトビューを独り占め!
元大統領の別荘で贅沢ステイ

 グアナファトの山の上に立つ「Mision Grand Casa Colorada」は、メキシコ合衆国の第50代大統領を務めた、ルイス・エチェベリア氏の別荘を改装し、2009年にオープンしたミシオン系列のホテル。


全6室ある部屋のうち、5室からグアナファトビューを眺めることができる。お願いすれば、バルコニーまで朝食を運んでくれるそう。

 街を見下ろすようにして立つ「ピピラ記念像」よりもさらに高い標高に位置し、客室からはカラフルなグアナファトビューを一望することができる。まるで芸術作品のような愛らしい街並みを眺めながら、何もしない贅沢を堪能して。


お値段は、一室朝食付きで2,800メキシコペソ+宿泊税19パーセント(国税16パーセント+宿泊税3パーセント)。週末は特に人気のため、予約はお早めに。


窓を開け放し、グアナファトの風を感じながら、ゆったりバスタイム。


メキシコ伝統の陶器「タラベラ焼」を使ったシンク。蛇口のデザインもかわいい!


アートに満ちた落ち着きのある館内。階段にさりげなく使われているタイルは、メキシコの人間国宝、ゴルキー・ゴンザレス氏の特注品。

 ディナーには、館内にあるレストラン「La Casa Colorada」へ。種類豊富に揃うメキシコ伝統料理を、メキシコ産のクラフトワインとともに、ゆったりと味わって。

 こちらでは、ぜひ窓際のテーブル席を予約して、グアナファトの美景に囲まれながら口福なひとときを。


夕方早めに訪れて、サンセットから夜景へと変わりゆく街の表情を楽しんで。


近年、注目を集めているメキシコワイン。この国の元気な太陽によって旨みがぎゅっと凝縮された、フルーティーな飲み心地が特徴的。


バナナの皮で豚肉を蒸し焼きにしたユカタン半島の郷土料理「コチニータピビル」、バハ・カリフォルニア州で養殖しているツナのスパイシーなバルサミコソテー「アトゥン・セジャート」、赤と緑に着色されたカラフルなトルティーヤチップスなど。


食後のデザートを食べ終える頃、窓の外には、まるで宝石箱をひっくり返したようなロマンチックな夜景が。ワインを片手に、しばらくうっとり眺めていたい。

Mision Grand Casa Colorada
(ミシオン・グランド・カサ・コロラダ)

http://www.hotelesmision.com.mx/guanajuato_colorada.php

ハリウッド女優もステイ!
スパも人気のラグジュアリーホテル

 サン・ミゲル・デ・アジェンデの中心部にある「Dos Casas Hotel & Spa」には、洗練を極めた、大人のためのリラックス空間が広がっている。オーナーを務める、デザイナーで建築家のアルベルト・ラポス氏のハイセンスなこだわりに満ちた館内には、12の客室、レストラン、スパがあり、メキシコ国内はもとより、外国人観光客からも予約が絶えない。


エントランスを抜け、奥へ進むと、太陽の暖かな日差しが降り注ぐレストランエリアが。


レストラン「Aperi」は、サン・ミゲル・デ・アジェンデ内でも屈指の有名レストラン。イタリア系メキシコ人のシェフが生み出すクリエイティブなメキシコ料理が人気を呼んでいる。


ふと見下ろすと、ブロンズのシューズがドアストッパーに。このように、至るところにユニークな仕掛けが満載なので、ぜひ見つけてみて。

 12ある客室は、5つのランクがあり、1泊372〜744ドルとリッチな価格設定。中には、ハリウッド女優のキャサリン・ゼタ=ジョーンズが、映画の撮影中に滞在した部屋もあり、ゴージャスな気分に浸ることができる。


キャサリン・ゼタ=ジョーンズが泊まった「クラシックスイート」は、当時の最高ランクの部屋。現在は、「ルーフトップスイートマウンテンビュー」がベスト。


テラス空間に置かれたバスタブ。一面に広がる青空を仰ぎながら、まるで自然の中で入浴しているかのようなリラックスタイムを。


宿泊客専用のテラスには、ジャグジー、パラソル、ビーチチェアが。この場所で朝食をいただくこともできる。

 宿泊客の間で人気となっているのが、館内にあるスパ。ここでしか受けられないスペシャルマッサージやお肌のトリートメントは、旅の疲れを癒してくれること間違いなし。

 全部で5種類のカテゴリがあり、お値段は520〜2,370メキシコペソ(施術時間を選ぶことができ、時間によって値段が変わる)。パブリック利用も可能なので、スパだけを目的に訪れるのも良さそうだ。


清潔感あふれるくつろぎの空間。一人一人の体質に応じた、最適な施術を行うために、まずはカウンセリングから。


施術前には、スタッフがクオーツ(石英)を打ち鳴らす。チーンという甲高い美音が、心身をリラックスさせてくれる。


トルコ式ハマムやサウナも併設。すっきり発汗した後には、全6種類ある特製のスクラブで角質を洗い流す。この一室だけカップル利用が可能。

Dos Casas Hotel & Spa
(ドス・カサス・ホテル&スパ)

https://doscasas.com.mx/

ブティックホテルブームの先駆け!
フランス人に人気のおしゃれホテル

 メキシコシティ、コンデサ地区。リッチな若者たちが暮らし、近年おしゃれなショップやレストランが続々と誕生している、今もっともホットなエリアだ。

 この地区に、2005年にオープンした「CONDESA df」は、ブティックホテルブームの火付け役ともいうべき人気宿。


ホテルの目印は、通りの角に置かれたこのアンティーク・カー。運転席にいるのはドライバーの人形。


インテリアがおしゃれなロビー。テーブルの上にはウェルカムドリンクとしてテキーラが。

 ユダヤ人の邸宅跡を活かし、メキシコ人建築家のハビエル・サンチェス氏によって造り上げられたホテルは、鮮やかなグリーン色の壁が特徴的。インテリアも凝っていて、まるでNY郊外のおしゃれなアパートにいるかのような、ワンランク上の居心地を味わうことができる。


中には予約すれば使用することができるミーティングルームも。


1階のレストラン脇にあるカウンターバー。


上階から眺めた客室フロアの外観。ユニークな扉は、毎日手動で開閉しているそう。

 デザインフルな佇まいから、特にフランス人観光客に人気が高いという同ホテル。メキシコシティをはじめ、ニューヨークやシカゴにも系列ホテルがあり、2018年にはテキサスにも新しいホテルが誕生するという。

 客室のカテゴリーは全部で6つあり、お値段は1泊朝食付きで386.75〜993.65ドル。


シンプルで過ごしやすい、ナチュラルなベッドルーム。


客室にあるテラスからは、緑豊かなコンデサ地区のストリートを眺めることができる。


外界から程よくプライバシーが保たれたバスルーム。風に揺れる木々の音を耳に感じながら、心身ともにリラックス。

 館内には、レストランやバーのほか、ジャグジーやジム、センスの良いアイテムが揃うセレクトショップもあり、気分に合わせて充実した時間を過ごすことができそうだ。


屋上にある人気の「スシバー」には、日本人の寿司職人が。皆、昼間からお酒を嗜みつつ、賑やかな雰囲気。


1階にあるセレクトショップには、アクセサリーやアパレルアイテムを中心に、こだわりの一品モノがずらり。ディスプレイもかわいく工夫されていて、買い物心に火がつきそう!

CONDESA df
(コンデサ df)

http://www.condesadf.com/

こんな部屋に住みたい!
メキシカンデザインがかわいいプチホテル

 メキシコシティにおける次世代のトレンド発信地として注目されるコンデサ地区と、その隣のローマ地区の中間に位置する「La Palomilla」。

 オーナーの持ち家を改装し、2016年10月にオープンした新しいスタイルのブティックホテルだ。


住宅地の中にひっそりと佇む小さなホテル。迷ったときには、入り口にある「10」の看板を目印に。(C)La Palomilla

 外観は普通の民家に見えるが、一歩足を踏み入れると、その愛らしい世界観に思わず「かわいい!」と叫んでしまうこと間違いなし。


メキシコらしいカラフルな装飾に彩られたエントランス。(C)La Palomilla

 テーマは「友達」。このホテルを訪れる宿泊者同士が交流を深め、楽しい時間を共に過ごすことで、メキシコ滞在をより思い出深いものにしてほしいというオーナーの思いから、ダイニング兼リビング、キッチン、テラスなど、自由に利用することのできるフリースペースが充実している。


ダイニング兼リビング。夜には映画上映などを行い、宿泊者同士の憩いの場としても活用される。(C)La Palomilla


ダイニングでいただく、なんともフォトジェニックな朝ごはん。(C)La Palomilla


キリストがデザインされた華やかなオブジェが目を引くテラス。テーブル席もいくつかあり、外の空気を感じながらのんびりと過ごすことができる。夜にはロマンチックなライトアップも。(C)La Palomilla


階段の壁には、宿泊者たちのメモリースナップが。このホテルを、メキシコの観光情報などを交換するための、交流コミュニティとして活用してほしいそうだ。(C)La Palomilla

 3階建ての館内には客室が7つあり、1泊朝食付きで135〜160ドル。同地区のその他のブティックホテルと比べれば、比較的リーズナブルな価格だ。

 ユニークなのは、一部屋ごとに異なるインテリア。ルチャリブレ、フリーダ・カーロ、伝統の民芸品など、各部屋がメキシコにちなんだアイテムでデコレーションされている。メキシカンワールドに包まれながら、忘れられないステイ体験ができそう!


ルチャリブレのアートやオブジェが飾られた「VIVI」(それぞれの部屋には、オーナーの友達の名前がついている)。(C)La Palomilla


メキシコ人画家、フリーダ・カーロをイメージした「TOLU」。こんな部屋に住んでみたい!(C)La Palomilla


メキシコ山間部の先住民族、オトミ族の伝統的な刺繍のクッションや、メキシコらしい陽気な音楽をイメージしたポップな一室「EMO」。(C)La Palomilla

La Palomilla
(ラ・パロミージャ)

http://lapalomillabnb.com/

 いずれも、ホテルで過ごす一瞬一瞬が愛おしくなるようなスペシャル空間。メキシコを訪れたら、ちょっぴり贅沢をして、ハイセンスなブティックホテルで一生モノの極上ステイを。

【取材協力】
アエロメヒコ航空

http://aeromexico.jp/

株式会社メキシコ観光
http://www.mexicokanko.co.jp/

文・撮影=中山理佐