日本酒の蔵元、新潟県南魚沼の八海山が展開する千年こうじやでは、清酒の発酵技術をつかった「あまさけ」を2009年から発売しています。先日、銀座にオープンしたGINZA SIXの千年こうじやでも購入することができる「麹だけでつくったあまさけ」は、連日売り切れという大人気商品。


左が「麹だけでつくったあまさけ」118g 190円(税別)、右が2017年8月に発売する「乳酸発酵の 麹あまさけ」118g 210円(税別)。

 この「麹だけでつくった あまさけ」をもっと爽やかな飲み口にしたい! と開発研究を続け、この8月からの発売が決まった「乳酸発酵の麹あまさけ」を、ひと足お先にいただきました。これは「麹だけでつくったあまさけ」を乳酸発酵させたもので、まるでヨーグルトドリンクのような味わい。すっきり飲めて、とてもおいしい! しかも、砂糖はゼロ使用……嬉しい!


100ccのラインが2本デザインされた「あまさけグラス」800円(税抜)。このラインに沿ってお好みのドリンクと「麹だけでつくったあまさけ」をブレンドすれば、簡単にアレンジドリンクを楽しめる。

 甘酒は、日本に古くから伝わる栄養ドリンクです。砂糖を使わないのに甘くて栄養価が高いため、江戸時代には暑い夏を健康に過ごすために飲まれていました。今では「飲む美容液」とも言われるくらい、その美容効果にも注目が集まっています。

 また、ほかの飲み物とアレンジして飲んでもいいのだそう。例えば、牛乳や無調整豆乳、炭酸水やトマトジュースと1:1で割ってみて! いつもと違う甘酒のおいしさを味わえます。

 さっぱりしたいときには新発売の「乳酸発酵の麹あまさけ」を、会社の休憩時間には「麹だけでつくったあまさけ」を牛乳で割って……。毎日ゴクゴク飲めば、夏バテ知らずの体になれるかも。

千年こうじや
http://www.sennen-koujiya.jp/

文・撮影=CREA WEB編集室