とにかく丁寧に作られていて壊れにくい上質なものが多い日本製品。その中でも毎日使えるこだわりの日用品について、スタイリストの西﨑弥沙さんに伺いました。

◆亀の子束子の「たわし」


棕櫚たわし極〆No.6 700円/亀の子束子 西尾商店

「亀の子束子の棕櫚たわしは数種類あり、こちらは野菜を洗うのに便利。ねじれ部分が手に収まり、縦使いなら細かいところ、横使いなら広い面と使い分けて」(西﨑さん)

亀の子束子 西尾商店
電話番号 03-3916-3231

Photographs=Kiichi Fukuda,Styling=Misa Nishizaki,Text=Miwako Yuzawa