ヨーロッパ最大のクルーズ会社、MSCクルーズの13隻目にあたる新造船MSCメラビリアが2017年6月に誕生。イタリア、マルタ、スペイン、フランスと地中海をめぐる7泊8日のクルーズの旅を提供しています。

 MSCメラビリアでの旅は3日目を迎え、最初の寄港地であるスペインのヴィーゴに到着しました。

Day #03
最初の寄港地ヴィーゴの町を散策


朝、自室キャビンのバルコニーから、ゆるゆると近づいてくるヴィーゴの町が見えました。

 寄港地で下船するときに驚きなのは、パスポートが不要なこと。キャビンのカードキーでもあるクルーズカードさえあれば、下船・乗船ともOKなのです。ちなみに船内ではこのクルーズカードで買い物や飲食もできるので、現金も不要。下船の前に精算する仕組みになっています。


左:坂道だらけのヴィーゴの町。
右:穏やかな空気が流れる港町。

 さて、ヴィーゴは、ポルトガルとの国境付近にある港町。下船してすぐに旧市街の町歩きができます。古い建物が並ぶ幅の狭い坂道を上へ上へと向かっていくと、かつての栄華がしのばれる城の要塞があり、高台から海辺の町を見下ろすことができます。


丘の上にのぼれば、オレンジの屋根の並ぶ古い町並みや、港が見渡せます。


町角のレストランの軒先のワンコもこころなしかリラックスした様子。

 旧市街には、雑貨屋やアンティーク・ショップ、小さなブティックなどが並んでいるので、おみやげショッピングにもおすすめです。ただし、クルーズの旅では飲食物を船に持ち込むことはできないので、その場で消費できる分のみ購入を。

 しばしの間、スペインのさんさんと照りつける太陽の下で、古い町並みを眺めながら散策とおみやげショッピングを楽しみました。


ヴィーゴの町での戦利品は、町角のブティックのセールで購入したTシャツ(12ユーロ)。

子どもも大人も嬉しい
キッズ・クラブ


キッズ・クラブの入り口には、レゴ(R)で作られたこんな人形が。

 さて、激しい坂道の多い寄港地で、大人だけで短い時間でも散歩してきたい、など、家族旅行中でも大人だけの時間を過ごしたい場合、MSCメラビリアでは子どものための楽しいプログラムも用意しています。

 デッキ18にあるキッズ・クラブは、1歳〜2歳、3歳〜6歳、7歳〜11歳、12歳〜14歳、そして15歳〜17歳と年齢別に5つのクラブがあり、それぞれの年齢層に合わせた遊び道具やエンターテインメントを備えた部屋が用意されているのです。


7歳〜11歳の部屋。部屋中レゴ(R)だらけで、大人もテンションが上がります。


ビュッフェ・レストランに設けられたキッズエリア。子どもたちのグループが食事をするスペースです。


子どもが好きなメニューもずらり。

 3歳以上の子どもたちには、朝9時から夜10時過ぎまで、さまざまなプログラムが用意されており、世界中からやってきた同年代の子どもたちと一緒にアクティビティに参加できます。

 インターナショナルな環境で子どもたちがゲームやスポーツ、お料理などに取り組んでいる間に、両親はふたりだけのディナーやショッピング、寄港地での散歩などを楽しむことが可能。MSCメラビリアは、家族全員がそれぞれ楽しめる場所が船のどこかにあるのです。


子ども用のリストバンドに内蔵された装置によって、親は子どもが船内のどこにいるかを知ることができます。

 明日は、ふたつめの寄港地、リスボンです。夜、自室に戻るとテレビモニターには、時計の針を1時間戻すようにとの指示が。海の上でタイムゾーンをまたいで、スペインからポルトガルへと移動します。


自室キャビンのテレビモニターには、時差のお知らせが。

文・撮影=安田和代