今や、カジュアルなシーンには欠かせない定番アイテムとなった「BB」。今年もたくさんのアイテムが登場しました。

 なんといってもその魅力は、「使い勝手の良さ」。1本でいくつもの役割を果たしながら、隠したい肌悩みをナチュラルに整えてくれます。しかも、高いUVカット効果を持っているのだから、いうことなし!

 スキンケア効果が高いものも多いので、日中の肌にも働きかけてくれる、それが今年のBBの特徴です。テクスチャーも軽やかなので、汗をかく夏も、快適に使えること間違いありません。

敏感肌特有の赤み・くすみを
均一に整えながら、健やか肌を目指す


<資生堂インターナショナル>

d プログラム アレルバリア エッセンス BB

 肌が敏感でゆらぎやすい女性のためのブランド、「d プログラム」の新BBは、敏感肌特有の肌悩みに対応した高機能が魅力です。

 敏感肌状態には、ファンデーションや化粧下地を優先的に見直す人が多い傾向に着目。空気中の花粉、微粒子汚れや紫外線から、肌を守りながら育む「アレルバリア」シリーズから登場したのが、日中用美容液のBBタイプです。

 敏感状態のときにありがちな赤みやくすみをカバーする色味は、ライトとナチュラルの2種類。ミネラルカバーパウダー配合で、色ムラのない透明感のある印象へと導きます。また、肌に刺激になることもある紫外線吸収剤は不使用、敏感肌によるパッチテスト済みなど、とことん“ゆらぎ肌”に寄り添ってくれる安心感。

 春先ばかりでなく、夏場の強い紫外線により、肌が敏感状態になる人は少なくありません。肌がゆらいだときはもちろん、予防の役目を果たす“お守りコスメ”としてもお薦めのアイテムです。

d プログラム アレルバリア エッセンス BB
SPF40・PA+++ 40mL 3,000円

資生堂インターナショナル
フリーダイヤル 0120-81-4710
http://www.shiseido.co.jp/dp/

BBとバームがセットに
これ一つでナチュラルなツヤ肌に


<エスティ ローダー>

クレッセント ホワイト BB クリーム & ブライトニング バーム N

 24時間周期で巡る肌のサーカディアンリズムに着目し、すでにできたシミはもちろん、くすみ、色ムラにもアプローチする、肌に穏やかな処方ながらパワフルな効果実感が人気の、エスティ ローダーのホワイトニングライン「クレッセント ホワイト」。

 BBクリームとブライトニング バームがセットになり、使い勝手の良さで人気のアイテムが、リニューアルして登場です。

 BBクリームは、より肌色になじんで自然な仕上がりに。スキントーンを均一に整えながら、ホワイトニングラインならではの働きで、使い続けることで明るい肌へと導きます。蓋部分にセッティングされたバームは、光や明るさがほしいところに部分的に使うハイライター。ほんの少量で、内側から放つようなナチュラルなツヤをもたらします。

 もちろん、高い紫外線防御効果も魅力。コンパクトなので、旅行先のナチュラルなベースメイクに役立つアイテムです。

クレッセント ホワイト BB クリーム & ブライトニング バーム N
BBクリーム SPF50・PA++++ & バーム 1.5g 5,500円

エスティ ローダー
電話番号 03-5251-3386
https://www.esteelauder.jp/

屋外のレジャー・スポーツに必携!
1本4役のパワフルBB


<カネボウ化粧品>

アリィー エクストラUVジェル(ミネラルBB)

 2000年のブランド誕生以来、高いUVカット効果と肌への優しさを両立しつつ、落ちにくさも叶え、目覚ましい進化を遂げているサンスクリーンブランド「アリィー」。この春登場したのは、テクスチャーの軽やかさが特徴のBBジェルです。

 屋外のレジャーやスポーツを楽しむ人の約半数がBBクリームを使用しているという事実を踏まえ、高いUVカット効果とくずれにくさ、感触の良さを研究・開発して誕生した、このジェル。ウォータープルーフで汗・皮脂くずれをしにくいのに、みずみずしいテクスチャーという、本来難しい要素の両立を実現しました。

 まるでスキンケアのような心地よさで肌にのび広がり、ナチュラルにトーンアップ。ウォータープルーフながら普段のクレンジングで落とせる使い勝手のよさも魅力です。また、ヒアルロン酸などの保湿成分やコラーゲン、ローヤルゼリーエキスなどを配合し、つけている間中、スキンケアを叶えるのも嬉しいところ。

 これ1本でUVカット、保湿、化粧下地、ナチュラルカバーの4役を果たす、これからの季節に頼もしいアイテムです。

アリィー エクストラUVジェル(ミネラルBB)
SPF50+・PA++++ 30g 2,100円

カネボウ化粧品
フリーダイヤル 0120-518-520
http://www.allie-uv.jp

文=増本紀子(alto)