太陽がいっぱいのハワイは大好きだけど、やっぱり日焼けは気になる。人気ハワイブロガー小笠原リサさんに日焼け対策について聞いたところ、「日焼け止めを塗るのはもちろん、体の中からのケアも大切。また、リゾートファッションのなかにもさりげなく日焼け対策を考えたアイテムを取り入れます。もちろん寝る前には、一日じゅうハワイの陽射しにさらされた肌のお手入れも欠かせません」とのこと。

 今回は、そんなリサさんがハワイで愛用する、UVケアアイテムを紹介します。

◆日焼け止めボディスプレー


フェリーチェ・トワコ・コスメUVパーフェクト ボディスプレー 70g SPF50+・PA++++ 2,160円(税込)。

 日焼け止め効果を高めるためには、外出先でのこまめな塗り直しが大切……わかってはいるものの、いちいち塗り直すのはちょっと面倒……という私の強い味方が、スプレータイプの日焼け止め。以前はハワイのスーパーでよく見かけるSPF100を超えるタイプを使用していたのですが、強力すぎるスプレーの噴射が苦手でした。

 いろいろと試した結果、いまいちばん愛用しているのがこちらです。スプレーしても細かいミストでむらなくつきますし、白くなったりせず、ベタつき感もありません。ボディだけでなく、髪にも使えるのが好きです。

FELICE TOWAKO COSME
(フェリーチェ・トワコ・コスメ)

http://www.felice-towako.co.jp/

◆UV スキンケアパウダー


MUNOAGE(ミューノアージュ)[日焼け止めパウダー] UVスキンケアパウダー SPF50+・PA+++ 3,564円(税込)。

 外出先でのメイク直しには、日焼け止め効果のあるパウダーが便利。なかでも私がリピートしているのが、ドクターズコスメのこちらです。

 紫外線吸収剤フリー、無添加(香料・着色料・パラベン・鉱物油・石油系界面活性剤・アルコールは不使用)で、SPF50+・PA+++の日焼け止め機能を持ちながら、微粒子パウダーがお肌にも気持ち良く、くすみや毛穴をカバーしてくれます。

 汗に強くてメイクがくずれにくいのと、保湿もしっかりしてくれるのがお気に入りのポイント。

MUNOAGE(ミューノアージュ)
http://www.munoage.com/

◆飲む日焼け止め


Shade Factor(シェード・ファクター) 44ドル。※ボタニーク サンクチュアリ カハラ、オーガニークビューティーハウスで購入

 顔やボディに日焼け止めを塗るのと併用して、私がもう何年も飲んでいるのがこちらの「飲む日焼け止め」です。

 紫外線からお肌を守るために開発されたサプリで、ファーンエキスが紫外線から受けるお肌のダメージを軽減してくれるというものです。陽射しを浴びる30分〜1時間前に飲むだけでOKです。

ボタニーク サンクチュアリ カハラ
http://www.organiquehawaii.com/kahala.html

オーガニークビューティーハウス アラモアナ
http://www.organiquehawaii.com/alamoana.html

◆ビタミンB・Cで内側からもケア


ホールフーズマーケットで購入するスイカジュース。

 美肌づくりに必要なビタミンBやビタミンCなどを、食事から積極的に摂ることも心がけています。


フレッシュなスイカとパイナップル。

 赤いフルーツやお野菜(イチゴ・アセロラ・赤ピーマン・トマト・スイカなど)、かぼちゃ、アーモンドなどは意識的に! ハワイのイチゴは日本のように甘くはありませんが、朝にいただくと効果的と聞き食べたりも。お気に入りのナチュラル系スーパー、ホールフーズマーケットでは、スイカジュースを買ってホテルの冷蔵庫にストックして毎朝飲みます。


おやつがわりのドライフルーツ。

 あとは、オーガニックのアーモンドも購入して、滞在中はもちろん、帰国後も食べます。おやつとしてもヘルシーですし、一石二鳥です。

◆リゾートコーディネートに合わせた
 ファッションアイテム


HELEN KAMINSKI(ヘレンカミンスキー)ラフィアハットの「Provence 10」30,240円(税込)。

 リゾートならではのスタイルも考えつつ、日焼け対策もしっかり! というわけで、「HELEN KAMINSKI(ヘレンカミンスキー)」の帽子は、やっぱり大人ハワイコーデに欠かせません。どんなスタイルにも合わせやすい、ラフィアハットの「Provence 10」の出番が多いです。

 ファッションアイテムでは、まぶしさの防止だけでなく、目が紫外線を浴びるのを防ぐためにサングラスも必須。また、マキシ丈のワンピースを着ることが多いので、いつもより着丈が短めのカーディガンや、フード付きのパーカーが活躍します。日本にいるときとはちょっと違う、ハワイならではのバカンススタイルを楽しんでいます♪

◆UV カットグローブ


フェリーチェ・トワコ・コスメ オリジナル UV カットグローブ 5,670円(税込)。

 バカンスで気をつけなければいけないのは「うっかり日焼け」。手や足の甲、ショートカットの方なら耳の裏やうなじも、要注意ゾーンだと思います。

 そして、ドライブ時の(私は助手席専門ですが……)うっかり日焼けには、手&腕を紫外線から守ってくれる、UV遮光率92.8%のグローブです。通気性の良い生地はさらさらしていて気持ち良く、実用性もgoodです。

FELICE TOWAKO COSME
(フェリーチェ・トワコ・コスメ)

http://www.felice-towako.co.jp/

◆マルチなオイル


マリエ オーガニクスのビューティオイル 45ドル。

 どんなにがんばっても、紫外線をすべてカットすることは難しいですよね。そこで大切なのが、紫外線を浴びたあとのアフターケアです。私がリピートしているこちらのオイルは、保湿力がバッチリで顔や髪はもちろん、全身に使えるので便利。

「マリエ オーガニクス」は、カウアイ島発のオーガニック・スパブランド。香りがとても気に入っていて、私が特に好きなのがプルメリアです。

マリエ オーガニクス
http://malieorganics.jp/

◆シートマスク


アルビオン 薬用スキンコンディショナーエッセンシャルペーパーマスク E 1箱(8枚入) 3,240円(税込)。

 アルビオンのロングセラーアイテムのひとつ、通称「スキコン」の薬用シートマスクです。日本にいる時も季節の変わり目に使用したり、乾燥したお肌に潤いを与えるためにと、常備したりしているリピートアイテム!

 ハワイでは「今日、結構陽射しを浴びたかも」と感じた時に、シャワーのあとのリラックスタイムに使用します。紫外線の影響を受けた肌や、乾きがちな肌に効果を感じる、私のお助けマスクです。

アルビオン
http://www.albion.co.jp/

◆高保湿ローション


APP-Fローション。

 私が注目している美容成分、フラーレンを配合した、ローションタイプの美容液。化粧水に混ぜて使うなどしてもOKで、肌の状況によっていろいろな使い方をしています。とろんとしたテクスチャーで、とにかく保湿力がすごい。

 肌が乾燥するとバリア機能がくずれて、紫外線のダメージを受けやすくなるのだそうで……乾燥していて陽射しが強いハワイでは、いつも以上に保湿に気を配ります。

AP5
http://ap5-ito.jp/

文・撮影=小笠原リサ