トレンディ御三家の補欠的存在


1967年9月22日生まれ。この手の地蔵顔は本当に老けない。

 突然だが「トレンディ御三家」と聞いて、誰を思い浮かべるだろうか。

 斎藤さんと、あと残り二人は誰? と迷っているそこのあなた。お若い。そして違うッ。

「吉田栄作・加勢大周・織田裕二」とスラスラ出てくる人は何人ぐらいいらっしゃるだろうか……。

 80年代後半から90年代前半、男は肩パッドもしくは肩巻きカーディガン、女は巻き髪ボディコンという暑苦しいにもほどがあるスタイルで惚れたハレタを展開していたトレンディドラマ。上記の人気俳優3人が特に大人気だったのだ。

 が、今回思い出してほしいのは、次点・つまり4番手くらいに位置していた緒形直人である。世間知らず的なベビーフェイス、イケてるセリフがあまりそぐわない誠実オーラは実に新鮮で、女性たちの母性本能を全発動させた。

 かくいう私もその一人。ドラマ「予備校ブギ」「同・級・生」は物語などどうでもよく、彼のトレンディになりきれない固まった笑顔を見にいったものだ。

 が、いつからだろう。「世界遺産の声の人」程度の存在になり、もはやアウトオブ眼中に……。ところが昨年、彼は突如、再び私のハートにKNOCKIN' ONしてきたのである!

 そう。その運命の作品……それは映画『64 -ロクヨン-』である!


緒形直人のスゴさを確認するだけなら後編のみでじゅうぶんなのだが、話が掴めないし、なにより製作陣に失礼なので前編から観よう。写真は、映画公開記念特装カバーを巻いた原作小説『64』(文春文庫)。

 そもそも私は坂口健太郎君の麗しいお姿を拝むために観た。

 ところが話が進むうちに、過去の罪の証拠となるメモを口に頬張り、佐藤浩市にボコられ、川に顔を沈め、水を飲みのたうち回るオッサンに視線がくぎ付けに。

 ちょっと待て……。これ緒形直人だよね??

 昔超真面目だった同窓生がワイルドで色気ムンムンになってた的な衝撃を受け、「ヤダ、イケてる……」。私の純情な感情が動いたのであった。

『64 -ロクヨン-』オフィシャルサイト
http://64-movie.jp/

「人間の証明」で決定的フォーリンラブ


この演技がいいねと私が泣いたから4月2日は直人記念日(画像はテレビ朝日「人間の証明」オフィシャルサイトより)。

 しかしこの時点では、MajiでKoiする5秒前。

 揺れる想いが確信に変わったのがドラマスペシャル「人間の証明」(テレビ朝日/2017年4月2日放送)である。そもそも私は鈴木京香様の麗しいお姿を拝むためチャンネルを合わせたのだが、これまたひょっこり緒形直人が登場。

 藤原竜也とバディを組む刑事役で、一匹狼な彼に唯一理解を示すナイスガイである。ニヒルな笑顔。静かな包容力。嗚呼、彼が画面に映るだけで重厚さと安心感が漂うワンダフル・モーメント……。

 彼は年食って「人間鹿威し(ししおどし)」になっていた――。

 カコーンと竹の音が鳴るアレがあるだけで、ただの庭にも古風で粋なムードが出るように、彼は立っているだけでドラマを格上げする、そんな役者に進化していたのである!

 調べると彼は2017年9月で50歳。男として最高に脂の乗ったお年頃。いらぬ情報だがダンディ坂野や坂上忍と同い年だ。

 来る。緒形直人、再び、彼の時代が来る!


2008年10月、父・緒形拳の葬儀の後にマスコミの取材に答える次男・緒形直人(左)と長男・緒形幹太(右)。

「人間の証明」オフィシャルサイト
http://www.tv-asahi.co.jp/ningennosyoumei/

使いこなせてない感満載の
オフィシャルサイトに萌える


緒形直人が主演を務めた1997年の東映作品『北京原人 Who are you?』は、邦画史に残るカルト作として記憶される。左から、プログラム、同マスコットシャープペン、同撮影用台本決定稿(すべてCREA WEB編集長私物)。

 近年テレビの露出度が多くなかったせいか、一部で「干された」疑惑もあったようだが、いやいや、待て待てぃ! ウィキペディアを見るとデビューから毎年コンスタントになにかしら出てらっしゃる。

 しかも単に作品選びに慎重といううわけではないらしい。その証拠に『北京原人 Who are you?』やアニメ『宇宙戦艦ヤマト』の実写化『SPACE BATTLESHIP ヤマト』(島大介役)といったリスキーな作品、さらには「探偵!ナイトスクープ」にも顧問として出演。チャレンジャー精神と懐の広さが窺えるではないか。


ぜひとも充実させず、このまま活動内容が確認できる程度で放置してほしい(緒形直人オフィシャルウェブサイトより)。

 オフィシャルサイトの「デジタル文化についていけず途中で断念」的な仕上がりも彼らしい。

 2017年7月上旬頃まで堂々と配置されていた「賀正」の画像。最も重要であるはずの「プロフィール」項目のリンク切れ(7月20日現在)。

 嗚呼、どこまでもイメージを裏切らない男、緒形直人……。永遠に不器用かつ実直であれ!

緒形直人オフィシャルウェブサイト
http://www.ogatanaoto.net/

未来の直人に思いをはせる

 さて、そんな彼はもう次回出演作が決まっておられる。2018年公開予定の岡田准一主演の映画『散り椿』。

 ああああと1年先? 待てるかいッ。すでに私の直人ロスは深刻。映画より前に、一刻も早い彼のドラマ出演を待つ。刑事ドラマならなお良し!

『64 -ロクヨン-』のような役もいいが、彼の仏チックスマイルを愛でるならやはりデカ。「太陽にほえろ!」をこの手でリメイクできるなら、私は迷いなく彼を「落としの山さん」役に抜擢するだろうッ。

 いやいや、出過ぎるまい。愛なら静かに祈るもの(by「ORACIÓN -祈り-」)。陰ながら緒形直人を応援し続けることを誓い、最後はこの言葉で締めるとしよう。

 近い将来、私たちは多くの賞レースで緒形直人の姿を見ることになる。まちがいない!

文=田中 稲