vol.38_ROGER&GALLET

今年で155周年
数々の逸話を生んだ誕生ストーリー


18種類の植物力と深い香りで至福のケアを。後列左から:18種の植物エッセンシャルオイルを濃縮配合。オーラミラビリス エクストラクト 35mL 8,500円、2層式のうる肌化粧水。同 ウォーター 200mL 4,000円、メイクオフとディープクレンジングの2役。同 クレンジングマスク 100mL 3,500円 前列左から:フルーツワックス&オイル配合でこっくり保湿。同 バーム 50mL 8,000円、なめらかにハリ・ツヤ・潤いをキープ。同 クリーム 50mL 8,000円、つるんとした後肌が気持ちいい乳液。同 フルイド 30mL 4,500円(バーム、フルイドは2017/8/25発売)/ロジェ・ガレ

 丸形のソープやフレグランス製品でお馴染みのロジェ・ガレ。最近は20代〜30代にファンが増えて「ロジェ・ガレで香りにハマった」という人も少なくないはず。その歴史は古く、ブランドが創設されたのは1862年。実はもっと前からロジェ・ガレの歴史は始まっていたのである。

「ロジェ・ガレ誕生のきっかけとなったのが300年以上前からヨーロッパに伝わる天然の万能薬『アクアミラビリス』です。近代医療が生まれる前の時代、修道僧たちが“ガーデン・オブ・シンプルズ”と呼ばれる薬草園で植物を栽培し、その中から18種類の植物を厳選して秘伝のレシピを完成。アクアミラビリスを服用したり、全身に塗って傷のケアや伝染病の予防、美容などに用いられたのです」とは日本ロレアル ロジェ・ガレ事業部長の栗林水都さん。

 その効用はまさに“驚異の水”だったようだ。1727年、アクアミラビリスの秘伝のレシピを受け継いだイタリア人の薬剤師がケルン大学の医学部にて“処方”として特許を取得。その子孫にあたるジャンマリ ファリナがレシピを受け継ぎ、1806年「オーデコロン ジャンマリファリナ」と名付けて販売を開始。その効果の高さからヨーロッパ中の宮廷御用達になったという。

「愛用者の中にはナポレオン一世をはじめ彼の妹であるポーリーヌ、英国ヴィクトリア女王も」(栗林さん)

 当時はムスクやアンバーなど動物性の香りが主流だったそうでオーデコロン アクアミラビリスの軽やかな植物性の香りが新鮮だったのだろう。

 そして1862年、ジャンマリ ファリナの店を引き継いだ姉妹の結婚相手であるアルマン ロジェとシャルル ガレにより、パリ・サントノレに香水専門店「ロジェ・ガレ」が誕生する。オーデコロンのオリジナル処方は現在もロジェ・ガレの顔として人気の香りに。日本に上陸したのは、「年代は不明ですが、日本に輸入されて初めて市販された香水がロジェ・ガレと言われています。夏目漱石の小説『三四郎』にもロジェ・ガレの名前が」(栗林さん)

 150年以上にわたる歴史の中で明らかになった18種類の植物とは、サンダルウッド、ネロリ、ラバンジン、レモン、ダマスクローズ……全部知りたい人はロジェ・ガレのサイトで確認してみて。

香りを味方につけた
ロジェ・ガレにしか作れないスキンケア

 今回のブラ魂は、今年、2017年1月に発売された初のスキンケアシリーズ「オーラミラビリス」に注目。実はこれ、アクアミラビリスの秘伝のレシピからインスピレーションを得て開発されたもの。18種類の植物エッセンシャルオイルを配合し、肌本来の潤い・ツヤ・輝きを引き出してオーラを纏ったような美しい肌へ。ロジェ・ガレの香りの原点とロレアル研究所の最先端科学から生まれたプレミアムなスキンケアなのである。さらに驚くべき発見が!

「18種類の植物はひとつひとつの効能については明らかになっているものもありますが、18種類の植物を組み合わせることでどのような効果がもたらされるのか。ロレアル研究所で初めて科学的なテストを行った結果、嗅覚受容体に関与していることがわかってきました」(栗林さん)

 嗅覚受容体とは、匂いを感知するセンサーみたいなもの。18種類の植物エッセンシャルオイルによってこの働きが活性化され、肌に対しても良い作用があるらしい。香り好きにはワクワクするような発見。でも確かに、オーラミラビリスを使ってお手入れすると、肌につけた瞬間からフレッシュな香りに包まれて心に(実は肌だったのかも)スイッチが入る気がする。そのくらい印象的な香り。

「お客様にも好評で、『香りに癒される』『この香りじゃないとお手入れした感じがしない』といった声が。『この香りでフレグランスを作って欲しい』というリクエストもいただいています」(栗林さん)

 テクスチャーも気持ちよくて仕上がり感が格別。たとえば、クレンジングマスクはジェル→オイル→ミルクへとテクスチャーが変化してメイクをするっとオフ。ディープクレンジングにも出番の仕事人だ。化粧水もまろやかな水感タッチでヒタヒタに潤って肌持ちよし。

「シンプルなステップで満足感のあるケアを叶えるために一品一品のテクスチャーにこだわり、製品の目的に応じて植物成分をプラス配合しています。ほとんどの製品が90%以上ナチュラル成分」(栗林さん)

 私の一番のお気に入りは美容液。香りも潤い感もコンクで速効的にツヤ肌が作れて気分も上がるお守りコスメ。

「今回のシリーズのキーアイテムです。凝縮された18種類の植物エッセンシャルオイルとセラムの2層タイプで、1回分の適量を取り出せるボトルはナポレオンの特製瓶をヒントに開発したもの」(栗林さん)

 2017年8月にはフルイドとバームが発売に。お手入れする楽しみがますます広がりそうだ。そして、嗅覚受容体のその後も。

「研究は現在も継続中です。ロジェ・ガレらしい新製品をいろいろ計画していますのでお楽しみに」(栗林さん)

ナポレオン1世のために
作られた「皇帝の筒型瓶」


 ナポレオン1世の「オーデコロン ジャンマリファリナ」の愛用ぶりは半端じゃなかったようだ。ふんだんに使うのがお気に入りで月に60本も!!

 遠征の際もいつでも使えるようにとブーツに差し込んで携帯できる特製の瓶(写真)を作らせたほど。角砂糖にオーデコロンを数滴含ませ、気付け薬として食べていたという。

【masami's memo】

スキンケアの可能性が
広がる科学的発見!


 肌細胞(ケラチノサイト)に嗅覚受容体が存在することを証明したルール大学研究チームと共同研究を行い、18種の植物エッセンシャルオイルが嗅覚受容体に作用することを明らかにしたロレアル研究所。写真は2016年に欧州研究皮膚科学会で発表した際のポスター。現在も研究中で「肌に効く香り」の解明が楽しみ。

文=吉田昌佐美,撮影=吉田健一