夏本番、寝苦しい夜が続いているが、そんな暑さを忘れるような納涼旅はいかが? 今回は、各地で根づいてきた昔ながらの手法で涼をとる星野リゾートの納涼旅を紹介しよう。

◆星のや京都
納涼舟の上で京のスイーツを堪能


夜風を感じる納涼床で夏を楽しむ“納涼滞在”は、2017年8月31日(木)まで。

 小倉山と嵐山の峡谷に佇み、四季の美しい景色と京都の文化を楽しめるリゾート「星のや京都」。非日常の旅を満喫できるこの宿で、まちの喧噪から離れた“納涼滞在”を。

 まず、水辺で涼を楽しめる“納涼床”が期間限定で登場。池の上を渡るようにしつらえられた桟敷には限定席も設けられ、滝のしぶきを身近に感じられる。また池の前には、日本酒やオリジナルカクテルを振る舞うバーも。

 納涼床を演出する提灯は、京都小嶋商店のもの。京地張りという手づくりの製法で、江戸時代から続く伝統工芸の技だ。風情ある宵を楽しもう。


江戸時代から続く「植彌加藤造園」の庭職人が手がける「奥の庭」で夜坐を。

 食事後には、水辺の夜坐を体験。大堰川や嵐山の風景を模した枯山水の「奥の庭」で、ストレッチなどの体操や、呼吸法を重視した瞑想の時間を過ごす。

 照明を落とした静かな空間で、虫の音や香の香りを聞きながらリラックスするひとときは、暑い夜でも心地よい眠りに誘ってくれるはず。


貸し切りの屋形船で、京スイーツを堪能。

 翌日は、星のや京都専用の屋形船で大堰川へ繰り出そう。この納涼舟では、京都の和洋の菓子職人が趣向を凝らしてつくった涼を感じるスイーツが楽しめる。また、菓子に合わせたスパークリングワインも。

 舟の上で涼みながら、嵐山や小倉山の景色とともに京菓子を味わう贅沢なひととき。

星のや京都
所在地 京都市西京区嵐山元録山町11-2
電話番号 0570-073-066(星のや総合予約)
http://hoshinoyakyoto.jp/

◆星野リゾート 界 熱海
風鈴のオーケストラが奏でる涼音


伊豆山温泉の象徴「走り湯」は、約1300年前の奈良時代に発見されたと言われる、日本三大古泉のひとつ。

 相模湾を望む伊豆山の高台に佇む「星野リゾート 界 熱海」。現代的なデザインと数寄屋造りが融合した「本館」と、国の登録有形文化財であるクラシカルな洋館のオーベルジュ「別館ヴィラ・デル・ソル」からなる海辺のリゾートだ。

 日本三大古泉に数えられる伊豆山温泉の源泉「走り湯」からも海が望め、「空中湯上がり処 青海テラス」は空中に浮かぶように張り出し、海風を感じることができる。


青海テラスでの“空中縁日”は2017年8月31日(木)まで開催中。8月3日(木)に開催される伊豆山花火大会の絶景を、ここから眺めたい。

 その青海テラスで、夏の間“空中縁日”が開催されている。そしてこの宿の夏の風物詩ともいえるのが“風鈴オーケストラ”。三嶋大社門前でつくられる“みしま風鈴”が約300個並び、涼やかな音色を響き渡らせる。

 また8月3日(木)に開催される「伊豆山花火大会」では、この青海テラスが絶景スポットになる。


梅肉入りの梅蜜を使用した“梅蜜かき氷”。さっぱりした酸味のご当地かき氷で涼もう。

 空中縁日では、熱海市の花木である梅にちなみ、“梅蜜かき氷”や“綿あめ梅カクテル”などのオリジナルドリンクも登場。綿あめ梅カクテルは、綿あめが溶ける姿も楽しい、夕涼みにぴったりのカクテルだ。湯から上がったら、夜風に当たりながら風流な夏の夜を楽しもう。

星野リゾート 界 熱海
所在地 静岡県熱海市伊豆山750-6
電話番号 0570-073-011(界予約センター)
http://kai-ryokan.jp/atami/

◆星野リゾート 界 出雲
川沿いで夕涼みが楽しめる“納涼床”


出雲大社などの観光にもぴったりのロケーションだ。

 出雲の玉造温泉に佇む、全室露天風呂付きの「星野リゾート 界 出雲」。

 美肌の湯として知られる名湯が部屋でも楽しめ、春夏はしじみのスープを使った“しじみ牛しゃぶ”など、旬の食材をふんだんに使った会席料理が味わえる。また、数々の神話の舞台となったこの地域に伝わる伝統芸能“神楽”が館内で見られるなど、出雲の文化を体感できる宿だ。


界 出雲の納涼床は2017年8月31日(木)まで開催中。かき氷や線香花火で夕涼み。

 そして夏の間、玉造温泉街を流れ宍道湖へ続く玉湯川沿いに、竹灯籠に囲まれた納涼床が登場。川に足を浸したり、線香花火を楽しみながら、昔ながらの夕涼みを楽しもう。

 納涼床を堪能したあとは、館内の竹庭で、みぞれ酒を片手に石見神楽を楽しむのもいい。


ここでしか味わえない“生姜シロップかき氷”。生姜のピリッとした辛さが涼を運んでくれる。

 その納涼床で楽しめるのが、“生姜シロップかき氷”。出雲の特産品である生姜を使ったシロップは、甘さとピリッとした爽やかな辛さが絶妙なハーモニーを奏でる。川の音に耳を傾け、オリジナルかき氷をいただきながら、気持ちのいい夕涼みを。

星野リゾート 界 出雲
所在地 島根県松江市玉湯町玉造1237
電話番号 0570-073-011(界予約センター)
http://kai-ryokan.jp/izumo/

 暑さを忘れるような納涼旅。それぞれの土地に根づいた涼やかな時間を過ごしてみては。

文=榎本市子