素朴な味わいの
銘菓やデザートに舌鼓

 ベトナム南部の経済都市ホーチミン市。聖母マリア教会や市民劇場、ベンタイン市場など数多くの観光名所があり、日本からの直行便が毎日運航されていることから、ベトナムビギナーからリピーターまで、一大観光都市として多くの旅行者を魅了しています。

 そんなホーチミン市観光の合間に、ひと足伸ばして楽しむプチトリップの定番といえば、やっぱりメコンデルタです。そこで、今回はホーチミン市から最も気軽に行けるミトーの街をご紹介します。


ミトーの街を流れるメコン川。

 ティエンザン省の省都であるミトーは、ホーチミン市から南西へ車で1時間30分〜2時間ほどの街。メコン川沿いにあり、ホーチミン市から広大なメコンデルタを訪れる際の玄関口といえる場所です。

 ホーチミン市からこの街へは、ローカルの長距離バスも利用できますが、旅行者にとっては旅行会社が開催するツアーで訪れるのが一般的。なかでもミトーの中心街にある桟橋から中州を巡るボートツアーは、まず一度はトライしたい人気のアクティビティとなっています。


手作業で作られるココナッツキャンディ。


ナッツ入りなど数種類ある。

 ミトーの観光は、栄養分をたっぷりと含んだコーヒー色の川をボートで渡った先にある、トイソン島から始まります。近隣にはタンロン、フン、クイと、合わせて4つの島がありますが、このトイソン島はそのなかで最も大きな島。周辺に生い茂るココナッツを使ったココナッツキャンディの生産が盛んで、ツアーではその製造過程を見ることもできます。


ビタミン豊富な南国のフルーツ三昧。


果樹園ではどこか懐かしさを感じるベトナムの民謡も披露。

 次に訪れるのは、ジャックフルーツや竜眼など、南国のフルーツを育てる果樹園です。周辺で採れる新鮮なフルーツが味わえるだけでなく、現地の人々が奏でる伝統音楽の演奏や歌が旅を盛り上げてくれます。

 また、休憩時にふるまってくれるお茶も美味。特産である竜眼の花の蜜を集めて作られたハチミツ入りで、さっぱりとした甘味が疲れを癒してくれます。

 このように、決して豪華ではないけれど、素朴な自然の味わいがあふれるミトー。心がほっこりと温まる、そんな楽しみが待っています。


ハチミツ入りのお茶は金柑をしぼっていただく。


ココナッツの木でできたカトラリーはお土産にぴったり。

手漕ぎボートで
マングローブの森を探検


手漕ぎボートでは、小さな子どもたちも船頭としてお手伝い。

 島の散策を終えたら、旅のハイライトであるボートクルーズへ。ニッパ椰子やマングローブが生い茂る水路を、小さな手漕ぎボートで巡るこのクルーズは外国人だけでなく、各地からやってきたベトナム人観光客にも大人気。

 木漏れ日がキラキラと輝く水路の両脇には民家があり、現地の人々の生活を垣間見られるのも楽しみのひとつ。運が良ければ子どもたちが水路で遊んでいる姿に出会えるかもしれません。


旅行者に大人気の手漕ぎボート。

 ボートクルーズの後は、ミトーの街なかにあるヴィンチャン寺を訪れます。19世紀に建立されたこの寺は、美しい建築が見もの。ミトーには現在も仏領時代の影響を受けたフランス風の旧家がいくつか残されています。

 そのため、この寺も仏教寺院でありながら、壁面や柱の彫刻、埋め込まれた色鮮やかなタイルなど、華やかな装飾を持っており、アジアとフランスの様式を折衷した建築は、他ではなかなか見られないものとなっています。


左:フランスの建築様式と融合したヴィンチャン寺。
右:壁面を飾るタイルも可愛い。

 都市化が進むホーチミン市内では、昔ながらの農村の風景を見ることは難しいですが、ここミトーはそんな雰囲気を手軽に楽しませてくれます。カントーなどメコンデルタの奥地への旅行は数日が必要なものの、ミトーは日帰りでの訪問も可能。ゆったりとした時間が流れるメコンの休日をぜひ一度、楽しんでみてはいかがでしょう。

文・撮影=杉田憲昭