世界を旅する女性トラベルライターが、これまでデジカメのメモリーの奥に眠らせたままだった小ネタをお蔵出しするのがこのコラム。敏腕の4人が、交替で登板します。

 第162回は、芹澤和美さんが伊豆半島の付け根を周遊し、気ままなショートトリップを楽しみます!

ローカル線「いずっぱこ」で
伊豆の温泉街へ


思い立って出かけた週末の旅。普通列車でのんびりと、水の都、三島へ。

 梅雨の晴れ間、ぶらりとどこかに行きたくなって、1泊2日の旅に出た。飛行機のチケットを手配して遠い街へ行くのではなく、もっと気軽で、ホテルを予約するだけの、行き当たりばったりの旅だ。昼過ぎにのんびりと自宅を出て向かったのは、静岡県三島市。


地元では誰もが「いずっぱこ」と呼ぶローカル線、伊豆箱根鉄道駿豆線で伊豆の温泉郷へ。

 東京から三島まで新幹線なら1時間弱、普通列車を利用しても2時間強。遠方への旅と違って、近場の旅は移動時間をそれほど気にしないですむから、気が楽だ。急ぐ必要はなし。あえて新幹線を使わず、普通列車のグリーン席でゆったりと、海を眺めながら向かうことにした。

 三島駅から向かったのは、中伊豆の温泉。ローカル線の伊豆箱根鉄道駿豆線、通称「いずっぱこ」に乗り換えて、わずか約20分で伊豆長岡の温泉郷に着く。

 沿線の湯処といえば修善寺が有名だが、伊豆長岡は地元の人たちに親しまれる、よりカジュアルな温泉街。日帰り入浴できる温泉宿も多くて、ぶらりと立ち寄るにはぴったりの場所なのだ。


左:伊豆長岡温泉郷。かしこまったところがない、ローカルな雰囲気もいい。
右:伊豆長岡温泉のなかでも、歴史の長い古奈温泉。飲泉も身体にいいのだそう。

 なかでも、源氏山を挟んで東側にある古奈温泉は、開湯を約1300年前にさかのぼるとされる歴史ある温泉地。源頼朝が伊豆の蛭ヶ小島に幽閉されていた際も足繁く通っていたというから、効能も期待できそう。


幕末の最新設備、「韮山反射炉」を造ったのは、幕府のお代官、江川太郎左衛門。

 期待どおり、湯上がりは疲れもとれてスッキリ。リフレッシュもできたので、隣町にある世界遺産、「韮山反射炉」へと足を延ばすことにした。

 反射炉というのは、反射により一点に熱を集中させ金属を溶かす溶解炉のこと。幕末はこの炉で大砲が造られていた。ペリー来航など、欧米諸国の船が日本にやって来るなか、「日本も軍事力を強化しなくては!」という幕府のお達しで造られたもので、当時の最先端の技術が集結する設備だったという。

富士山を眺める清流の街
三島を散策


富士山に降った雪や雨を源とする柿田川湧水群。コバルトブルーに見える湧水が神秘的。

 名湯と世界遺産を満喫した後は、ふたたび「いずっぱこ」に乗り三島へ。三島の近隣は、富士山からの雪解け水が湧く場所。なかでも知られているのが、柿田川湧水群だ。湧水というと山奥にひっそりとあるイメージがあるが、この湧水は国道沿いのアクセスしやすい場所にある。駅からバスで15分ほどなので、立ち寄ってみることに。

 一帯は自然公園として整備されていて、遊歩道を散策しながら、数十カ所の湧き出し口を見ることができる。ここはまさに水の楽園! 光を反射してコバルトブルーに輝く湧水や、砂の底から絶えず水が滾々と湧く様子を見ているだけで、パワーをチャージできそう。


左:名水百選、国指定天然記念物という肩書きを抜きにしても、ここはぜひ訪れたい場所。
右:水汲み場もあって、自由に湧水を持ち帰ることができる。訪れるならペットボトルは必携。

 富士山に降った雪や雨が地下水となり、十数年から百余年の時を経てじわじわと湧き出ているこの水は、無菌でミネラル含有。

 近郊の水道水はこの湧水が水源というから、うらやましいかぎり。公園内には、湧水を自由に持ち帰れる水汲み場もある。もちろん、私も自宅で水割りを楽しむべく、ペットボトルに詰めてお土産にした。


松尾芭蕉も「あじさいや 三島は水の 裏通り」と詠んだ、水の都、三島をそぞろ歩き。

 三島に戻ったのは夕暮れどき。街中を流れる源兵衛川沿いを、散策することにした。遊歩道に水車や水を汲み出す揚水ポンプがあったり、小さな橋が架けられていたりと、水の都ならではの風情たっぷり。川の中にも飛び石の足場が設けられていて、清流を感じながら歩くのが気持ちいい。


遊歩道や石橋のある源兵衛川沿いを散策。

 周辺には、その風情に寄り添うような雰囲気のカフェやレストランもある。この界隈はイタリアンが多いのだそう。水がおいしいのはもちろん、箱根西麓三島野菜や、隣の沼津で獲れる駿河湾の新鮮な魚が手に入る土地だけに、それも納得。

 三島の名物は鰻だけではないのだ。私もこの日の夜は、おいしいイタリアンを川沿いのレストランで満喫した。

ショートトリップの締めくくりは
駿河湾の海の幸!


2日目は、新鮮な魚を食べに、沼津港へ。

 行き当たりばったりの、ぶらり気軽な旅、2日目は、三島の隣にある沼津へ。お目当ては、もちろん新鮮な魚! 沼津港周辺には、新鮮な海の幸が食べられる飲食店がずらりと並んでいる。


鮮魚店でおつまみによさそうな海産加工品を見つけたり、レトロな食堂やカフェを探したりするのも楽しい。

 午前11時に着くと、すでに観光客でいっぱい。観光スポットだからそれもしかたがない。でも、なかにはローカル向けの店もあるし、観光地だからこその楽しさだってある。地元にしかないローカルな海産加工品を探したり、駿河湾を眺めたりしながら、昼間から冷えたビールとお刺身をつまむのも一興。


大型展望水門「びゅうお」。展望回廊からは、富士山や海を一望。

 旬の地魚でお腹を満たした後は、日本最大級の水門「びゅうお」を見学。津波や高波から街を守るためにある水門だが、地上30メートルのところに展望回廊がある。

 エレベーターで昇ってみると、一面の窓の向こうには富士山や箱根連山、眼下には船が行き交う駿河湾が広がっていた。観光客で混み合うこともなく、ここは穴場の絶景スポットかもしれない。

 港のすぐ隣には、千本松原がある。松林越しに富士山が見える風景が、文人墨客に愛されてきた景勝地だ。潮風を感じるプロムナードを歩くのは、食後の腹ごなしにもちょうどいい。


沼津港の食堂で食事をするなら、迷わず地魚!

 食べて、海辺を散歩して、すっかり満足したところで午後3時。ふたたび普通列車でのんびりと、海を眺めながら帰路ついた。1日半のショートトリップだったけれど、けっして弾丸スケジュールになることなく、温泉も名水も魚もゆっくりと楽しめたから、大満足。

 もしかしたら、旅は計画なんて立てないほうが、楽しめるのかもしれない。

文・撮影=芹澤和美