#129 Pohnpei
ポンペイ(ミクロネシア)

浦島太郎の伝説も残る謎の遺跡


ポンペイで極上の白砂ビーチを求めようと思うなら、ボートを駆って、アンツ環礁へ。

 “ポンペイ”と聞くと、イタリアの古代都市を思い浮かべるかもしれません。こちらはグアムの東南東約1700キロ、ミクロネシアの島。地元の言葉で“石積み”という意味から名付けられました。イタリアからは遥かに離れていますが、この島にもかつて海に浮かぶ都市があった、という点では、不思議なつながりがあるかもしれません。


マシーンでカットされたような玄武岩を組み合わせたナンマドールの遺跡。

 ポンペイ島の南東沖のチャムエン島にあるナンマドールの遺跡は2016年、世界遺産(同時に危機遺産にも)に登録された、謎多き遺跡です。

 80万平方メートルにわたって、六角柱や八角柱の玄武岩をびっしりと並べた面を、縦横交互に積み重ねた92の人工島が、浅瀬に点在しています。これはポンペイ島を支配していたサウテロール王朝時代の水城で、それぞれの島ごとに、儀式の島、王の住居、貯蔵の島、埋葬の島と、役割が分かれていたそうです。

 まるで機械で正確にカットしたような玄武岩の柱は、火山活動によって生まれた柱状節理ゆえの形なのですが、当時の人々にとっては神業に思えたことでしょう。


木工を得意とする職人が移り住んだ、カピンガマランギ村。


木彫りのモチーフはサメやカメなど海の生物が中心。その場で購入できます。

 ただ、疑問が残るのは、玄武岩が島のあちこちから運ばれているということ。そして何トンもの重量のある柱をどのようにして運んだのか?

 ナンマドールの遺跡は西暦500年頃から1000年かけて建造されたという見立てがある一方で、魔法によって一晩で建てられたという伝説も。また、浦島太郎がここにやってきたという伝説も、地元には語り継がれています(年代的に合わないというのが、もっぱらの説ですが)。

七色の樹皮を持つレインボーツリー


遠くにポンペイ島のアイコン、ソケースロックを望んで。

 ポンペイ島はでこぼこと入り組んだ海岸線をもつ、直径ほぼ24キロの島です。これはミクロネシア連邦最大。ミクロネシア地域としては、グアム島、パラオのバベルダオブ島に次ぐ3番目の大きさがあります。


雨があがってもレインボーの傘をさしている島民。傘はおしゃれアイテム?

 島の中央に標高791メートルの高峰がそびえ、その周囲にも500メートル越えの山々が立ち上がった地形。この山並みに湿度たっぷりの雲がぶつかり、大量の雨を降らせます。

 年間の降水日は、約300日。と聞くと、ジトジトした島では? と思うかもしれませんが、雨はザッと降ってパッと止むスコール程度。そしてこの雨こそが、ポンペイ島の美しさを引き立てるのです。


七色の木も、雨に打たれて色味がより鮮やかに。

 雨上がりは、しっとりとした空気の中、緑はつやつやと光り、熱帯の花々は発色が豊かに。七色の樹皮をもつ木の幹の色も、より鮮やかに見えます。植物が精気に溢れているのです。そのせいか、ポンペイ島は “太平洋の花畑”との別名ももっています。


島の周囲はマングローブの密林で覆われています。シーカヤックで川を分け入っていくツアーも。

 豊かな水は40本あまりの川や、ケプロイの滝(オオウナギが生息)など、水量たっぷりの名瀑も生み出しています。そして、空を見上げれば、大きな虹が! 運が良ければ、ダブルレインボーを見られるかも。


高さ20メートル、幅30メートルの水量たっぷりのケプロイの滝。島の子供たちにとっては格好の遊び場です。

 ポンペイ島の内陸部はそんな鬱蒼としたジャングルが占め、周囲はマングローブの密林でぐるりと覆われています。

周囲の海にはマンタなど大物も出現


大物の出現率の高さはパラオ級。しかもブラックマンタも期待大。

 そして、ポンペイ島の本島と、25の小島は、巨大なバリアリーフで囲まれた地勢。リーフ内はマングローブから流れ出た滋養たっぷりな海水で満たされ、小魚や幼魚たちの揺り籠に。

 そしてリーフの切れ目の水路は外海のクリアな水が注ぎ込むと同時に、流れにのって大物たちもやってきます。マンタ(ブラックマンタも)やサメも常連のように現れます。


こんな番屋がぽかりと浮かんでいたりします。

 マングローブ林で囲まれたポンペイ島は、白砂ビーチが期待できません。バリアリーフ内のナ島へ渡れば貴重な砂地もあるのですが、できれば、足を延ばして遠方の環礁を目指したいところ。


鳥たちのサンクチュアリでもあるアンツ環礁。

 ポンペイ島から南西約10キロのアンツ環礁。なかなか海況が整わないとアプローチできないのですが、行けたらラッキー! サラサラの白砂ビーチとラムネ色の海、理想的なビーチが広がっています。しかも、誰の足跡もついていないのです。

 ミクロネシアの秘密の花畑、ポンペイ島。アクセスはちょっぴり面倒。そのおかげ(!?)で、あるがままの野趣あふれる南洋の自然が守られているのです。

ポンペイ
●アクセス グアムからチュークへ約1時間30分。1時間の搭乗待ちを経て、チュークからポンペイ島へ空路約1時間
●おすすめステイ先 サウスパークホテル
http://sph.fm/

文=古関千恵子