知る人ぞ知る美食の国、マレーシア。この連載では、マレーシアの“おいしいごはん”のとりこになった人たちが集う「マレーシアごはんの会」より、おいしいマレーシア情報をお届け。

マレーシア人にとって
フルーツは生活に欠かせない

 マレーシアのスーパーで、日本といちばん違うな〜と感じるのが、フルーツのコーナー。見たことのないフルーツが並んでいるだけでなく、野菜コーナーと同じ、いや、それ以上の売り場面積を占め、スーパーの顔とも言えるエントランス付近にドーンと配置。そこを目がけてお客さんがわんさか訪れ、とてもにぎわっているのです。


左:パイナップル売り場だけでも、日本の果物コーナーの総面積か? というぐらい大きい。
右:スーパー内で実演販売をすることもある。このときは、ココナッツの硬い皮をナタで切り落とし、フレッシュなココナッツウォーターを提供していた。

 赤道近く、北緯1〜7度に位置する常夏のマレーシアには、一年中トロピカルフルーツがあふれています。スーパー、市場、路上の出店だけでなく、駅のキオスクや学校の売店でもフルーツが売られ、若い人も年配の人も、デザートにも小腹が空いたときにも、マレーシア人はとにかくよくフルーツを食べます。

 そこで今回は、マレーシア人がよく食べる人気のフルーツに注目! なかでも、旅行中にふらっと立ち寄れるスーパーで買えるものを紹介します。

王道はこれ!
マンゴーとドラゴンフルーツ

 スーパーの顔である果物コーナー。そのいちばん目立つ位置に堂々と陣取っているのは、日本でもおなじみのマンゴー。最近では日本のスーパーでもちょくちょく見かけるようになりましたが、マレーシアのスーパーに並ぶマンゴーは規模が違います。果皮の色やカタチの異なる様々な種類のものがずらっと並んでいて、好きなブランドのマンゴーが選べるのです。


果皮の色には緑と黄色があるが、どちらも果肉はオレンジに近い黄色で、よく熟れている。国産のものだけでなく、オーストラリアやインドなどの輸入マンゴーも並ぶ。

 マンゴーの味は種類によってそれぞれですが、私の好みは、値段がいちばんお得な国産マンゴー。桃のようなねっとりとした食感に、思わずウフフと笑ってしまうぐらいの極上の甘さ。そこにほどよい酸味もあって、何個でもおかわりしたくなる味です。


熟れたドラゴンフルーツは、桃のように、手で皮をむくことができる。大きな種は入っていないので、1個でもボリューム満点。果肉の色は赤と白があり、赤のほうが甘くておいしい。収穫までの期間が長いため、白よりはちょっと値段がお高め。

 そして、マンゴーの次にポピュラーなのが、ドラゴンフルーツ。

 マンゴーに比べると、あっさりした甘さで、お腹がいっぱいのときでもパクパク食べられます。果汁たっぷりなので、水分補給として食べる人も。胡麻のような小さな黒い種が全体にちらばっていて、食感はキウイに似ています。

 ちなみにドラゴンフルーツは、サボテン科の品種。マレーシアでも色んな場所で栽培されています。


左:マンゴーとドラゴンフルーツをカット(赤タイプ)したところ。
右:ペナンのフルーツ農園で発見したドラゴンフルーツ。緑色の実がだんだん赤く色づいてくる。

マレーシア人に人気!
ジャックフルーツとロンガン

 次に、日本人にはまだなじみがないけれど、マレーシア人が大好きなフルーツはこれ! ひとつめはジャックフルーツ。初めて食べたときはフシギな感じでしたが、今では見つけたらかならず買います。


スーパーでは、実から取り出した房状の果肉をパックに入れて販売。果肉ひとつのサイズは、おでんダネの餅巾着ぐらい。中にころんと大きな種が入っている。

 とても甘くて、独特の香りがあり、むちっとした弾力のある食感が特徴です。果汁はほとんどなく、フルーツというよりも甘い野菜という感じかも。

 このジャックフルーツの実は、長さが30センチ以上もある巨大なもので、世界最大の果実ともいわれています。


ケダ州のマーケットで販売されていたジャックフルーツ。ぼつぼつの突起で覆われた硬い皮を割り、中の果肉を取りだす作業はけっこう大変。

 そして、もうひとつマレーシア人に人気なのが、ロンガン。ライチをひとまわり小さくした半透明の実で、ぶどうのように手で皮をむいて食べます。


中にコロッと丸い種が入っていて、そのまわりの果肉を食べる。

 ぷりっとはじけるような食感に、あっさりとした素朴な甘さが、やめられない、とまらない味。ちなみに、ロンガンとそっくりな見た目のランサもおいしいです。甘酸っぱいマスカットのような味で、見かけたらこちらもぜひトライ。

果物の王様と女王!
ドリアンとマンゴスチン


ドリアンは、果肉の表面がむちっとハリのあるものを選ぶべし。中に大きな種が入っているので、見た目ほど量は多くない。種のまわりをしゃぶって食べる。

 やはりこのフルーツも見逃せません。果物の王様、ドリアン。年に2回のシーズンが来ると、スーパーにもちゃんと登場。すぐに食べられるように、外側のトゲトゲの果皮をむいた状態で、少量のパック詰めになっています。

 この時期、スーパー全体にドリアンの香りがぷんぷんしていますが、慣れれば、これもまた季節の風物詩で楽しいもの。

 ホテルはドリアンの持ち込みを禁止しているところがほとんどなので、どこで食べるかは悩みどころなのですが、スーパーの冷房でちょっと冷たくなっているドリアンはかなり食べやすいので、おすすめです。また、ドリアンにもいくつか種類があり、それぞれ果肉の色や質感が違うので、そのあたりもぜひ観察してみて下さい。

 そして、ドリアンとほぼ同じシーズンに登場するのが、果物の女王とよばれるマンゴスチン。なめらかな口当たりの果肉は、甘酸っぱくて果汁たっぷり。真っ白な果肉は、なんとも品があり、高貴な感じさえします。粒状にわかれた白い果肉には1粒ごとに種が入っているので、そのまわりをしゃぶって食べます。


左:マンゴスチンは、つるっとした赤黒い皮を上下ねじるようにしてから、手でむく。
右:ペナンのフルーツ農園にて、熟れる前のマンゴスチンを発見!

 ちなみに、これらのフルーツはすべてグラム売りで販売。パック入りのものはすでに値札が印字されているので、そのままレジへ。1個単位で買った場合は、レジに並ぶ前に、計量コーナーで重さと値段をチェックしてもらいましょう。金額が印字されたバーコード付きのシールを貼ってくれるので、それからレジに行って会計です。


お客さんは好みのフルーツを選び、その場で重さを計ってもらう。日本のようにサイズの統一が必要ないので、大小さまざまなフルーツがそのまま並んでいる。

 マレーシアに訪れたら、ぜひスーパーの果物コーナーをチェックしてみてください。フルーツとともに生活しているマレーシア人のライフスタイルが感じられますよ。

文・撮影=古川音(マレーシアごはんの会)