前々回に特集した、「故宮博物院」へ行くバスが出ている駅MRT士林駅周辺のグルメアドレス。朝ごはんとスイーツに続いて、今回は食事系のおすすめ店を一挙掲載。

 大人数でわいわい楽しめるレストラン、ひとり飯にもぴったりなローカル食堂、屋台系を中心としたB級グルメなど、地元の人に愛される名店ばかりを揃えました。どの店も駅から徒歩で行ける範囲内となっておりますので、台北中心部とはまたひと味違った穏やかなローカルムードを堪能しながら、ぜひ食べ歩きを楽しんでみてください。

人数が多い時にぜひ訪れたい
おすすめレストランはこの2店


ローカルな通りにある寬巷子。

 士林駅2番出口を出てすこし歩くと、芸術性の高い高級火鍋のお店として知られる「寬巷子」があります。現在台北に3店舗ありますが士林店はその1号店です。


格調高いモダンな雰囲気の店内。

 各テーブルにはステンレス製のまるでオブジェのような火鍋台が設置されているのですが、これこそまさにアート作品のひとつ。1台なんと日本円で約100万円もするのだとか。この段階で、これから出てくる料理にも期待が持てます。


手の込んだ火鍋用具材の数々。

 スープは紅泥小染(特製四川式激辛鍋)、元珠小染(特製台湾式ピリ辛鍋)、白鳳千叟鍋(豚骨と高麗人参と鶏肉の寄せ鍋)の全部で3種類。おすすめは2種類の風味が楽しめる鴛鴦鍋です。白いスープは辛くないので、辛いものが苦手な方でも台湾火鍋を楽しむことができるでしょう。


中央にあるのが特製スパイス。側面の小さな穴から麻辣スープへ旨みが抽出されます。

 辛い麻辣スープはなんと23種類ものスパイスを調合しています。丁寧に材料を炒め、調味料を混ぜたあと、一週間ほど冷蔵庫で寝かせるというなんとも手の込んだもの。

 スパイスのスープへの抽出方法も他店とはひと味違っていて、専用の鍋の中央に完成した調合スパイスを入れ、そこに熱い生姜スープを注ぐことにより、側面の小さな穴からスパイスのエキスが辛い方の鍋に注ぎ込まれるという仕組みです。

 辛いことはもちろん辛いのですが花椒の痺れる辛さがなんともクセになり、本気で箸が止まらなくなる魅惑のスープです。


生け花のような野菜の盛り合わせ「花團錦簇」。底の方までたっぷり野菜が入っています。

 そして寬巷子の名物といえば、芸術性の高い食材の盛り付け。生け花のような野菜の盛り合わせ「花團錦簇」にバラの花をかたどった豚トロ「玫瑰松板」、かつてイカのこんな美しい姿をみたことがあるでしょうか、と声を大にして言いたくなるような「軟絲」も、ぜひオーダーしていただきたい一品です。


バラの形をかたどった「玫瑰松板」。鍋に浮かべた姿もフォトジェニック。

 バラ形に盛られた豚トロには卵白をかけてから火鍋に投入。こうすることで形が崩れることなく、まるでスープにバラの花が浮かんでいるように見えます。他店では味わえない特別感です。

 ほかにも、魚とエビのつみれにアーモンドを飾り野菊に見立てたような「杏香野菊」や、同じく魚とエビに小豆を加えたつみれを、ユーモラスにアイスキャンデーのように見立てた「枝仔冰」も、見た目だけではなく、素材の良さを味わえる一品です。

 正直お値段も高級ですが、値段に見合った心地よいサービスとクオリティの高い味わい。ぜひ一度は味わうべき火鍋の代表店です。

寬巷子
所在地 台北市士林區中山北路五段505巷22號
電話番号 02-2883-1599
営業時間 平日 12:00〜15:00/18:00〜22:00、休日 12:00〜15:00/17:00〜22:00

「寬巷子」とは反対側の1番出口を出てすぐの、横断歩道を渡ったところにある広東料理レストラン「士林寶飽煲小館」は、その味の良さとリーズナブルな価格で地元台湾人から絶大な支持を集める人気店です。

 1階と2階に座席がありますが、平日でも店内はほぼ満席のため予約するのがベスト。駅を出ると看板がすぐに見えますが、実はそちら側からは入れないので、一本横にある小路から入店しましょう。


「士林寶飽煲小館」の外観。中は非常に賑わっています。


駅前のアーケードからも看板が見えますが、入口はこちらの小路にあります。


日本語メニューにはおすすめも記載してあるので注文の参考に。

 店内は地元の方々で賑わうだけありローカルムード満点ですが、しっかり日本語メニューがあるのがうれしいところ。商品名横にハートマークがついているのが、店のおすすめメニューです。注文はオーダーシートに記入式なので、入店さえクリアすれば観光客にも利用しやすいお店です。


中央から時計回りに「牛肉のオイスター炒め」「ナスの豆板醤炒め」「茹でイカ」。料金はそれぞれ250元。


土鍋メニューは中国語の場合は「煲」の文字が目印。これは「魚香茄子煲(ナスの豆板醤炒め)」。


グループでおしゃべりしながら、賑やかに食べています。

 こちらで食べていただきたいのは、やはり広東料理の特徴でもある、土鍋に入った「港式仔煲」です。「煲」という文字があれば、それが土鍋料理です。

 ご飯はお代わり自由でセルフサービス方式。しっかりと濃い目の味付けなので、ご飯もビールもどんどん進みます。肉、海鮮、野菜料理、あんかけご飯に麺などなどメニューの種類も豊富に揃っています。ぜひ大人数でわいわいと色んな種類を注文してみてください。

士林寶飽煲小館
所在地 台北市士林區福壽街3號
電話番号 02-2831-3481
営業時間 11:00〜14:00/17:30〜20:00
定休日 月曜

ひとり旅の時に知っておくと
便利なローカル食堂2店


アットホームな雰囲気の「幸福小棧簡餐」。

「士林寶飽煲小館」の3軒となりにあるのが、町の小さな食堂という言葉がぴったりな「幸福小棧簡餐」。ちなみに、さらにその先にはスイーツ特集で紹介した「GOMAN MANGO」があります。


セットについてくるスープは具沢山で滋味深い味わい。

 アットホームな雰囲気で店頭にはその日のメニューが書かれた黒板が置いてあります。

 4人掛けテーブル2席に2人掛けテーブルが6席というこぢんまりとした店内ですが、こちらもまたいつも満席の人気食堂。店内でいただく以外に、持ち帰りにも対応しているので営業時間終了前にして完売してしまうことも多々。早めの時間に行くことをおすすめします。


茹で豚にニンニクの効いたソースをかけて食べる台湾料理「蒜泥白肉」。単品120元、セット230元。

 メイン、おかず、ご飯を一つのお皿に盛り付けたワンプレートメニューがここのお店のスタイルなのですが、セットにするとサラダ、具沢山のスープ、ドリンクが付いてきます。鶏のから揚げ「雞排」や焼き魚、豚の角煮など台湾定番のおかずをメインに、野菜をたっぷり使用した色鮮やかな副菜。

 台湾の定食というと茶色を中心とした渋い色合いのものが多い中、栄養バランスを考えて作られた美味しいごはんを提供してくれるので、いつ行っても混んでいるのも納得できるお店です。

幸福小棧簡餐
所在地 台北市士林區福壽街11號
電話番号 02-2831-1971
営業時間 11:30〜14:00/17:30〜20:30(L.O. 20:00)
定休日 土・日・祝

 もう1軒は、動物性食材を使用せず野菜や大豆加工品など植物性食材のみで作られた、「素食(菜食)」のローカル食堂をご紹介します。


「祥緣素食」の外観。看板がないので見逃しがちです。

 飲食店が連なる「美崙街」にある素食食堂「祥緣素食」は大きな看板もなく、建物も街に非常に溶け込んでいるので、注意しなければ通り過ぎてしまいそうな店構えです。


大きなテーブルが並ぶ店内。菜食用食材も販売しているのでお土産の購入もできます。

 軒先にある屋台に手書きのもの含め数多くのメニューが貼られているので、それを目印にするとよいでしょう。店内は大きなテーブルが何台かある合席スタイル。菜食用食材なども同じスペースで販売しているので、なかなか雑多な雰囲気ですが、知る人ぞ知る地元の人気店で、老若男女問わずお客さんはひっきりなしです。


中央から時計回りに「水餃」(45元)、「素燥飯」(小25元)、「餛飩湯」(35元)。

 魯肉飯“もどき”のような「素燥飯」をはじめ、麺料理、水餃子など、肉を使っていないとは思えない、バラエティ豊かな台湾流菜食料理をいただくことができます。味付けもしっかりしているので、食べ応えもばっちり。食べ過ぎでちょっと調整したい時や、ベジタリアン向けの店を新規開拓したい方などにもおすすめのお店です。

祥緣素食
所在地 台北市士林區美崙街22號
電話番号 02-2834-0302
営業時間 7:00〜19:30

食べ歩きや小腹が空いた時に!
お手軽B級フードの人気6店


1番出口周辺。この先ご紹介する店はすべてこちら側にあります。

 小腹が空いた時に、気軽に作りたての美味しいものを食べられるのも台湾のいいところ。まずMRT士林駅1番出口を出てすぐに、いつも行列ができている蔥抓餅の屋台「林家蔥抓餅」があります。


いつも行列ができている蔥抓餅の屋台。


台湾バジルが定番のトッピング。独特の香りはくせになります。卵追加で35元。

 蔥抓餅は、たっぷりとネギを混ぜ込んだ生地を鉄板で焼いたパイのようなもの。焼きあがった後、仕上げにコテで蔥抓餅を何度か叩くことにより生地に空気が含まれ、さくふわな食感になります。

 ここの屋台の蔥抓餅は塩味がしっかり効いていて、そのままでも十分美味しいのですが、おすすめはプラス5元でできる卵入り。卵焼きと台湾バジルが入り、ぐっと風味が増します。辛いソースを入れるかどうか聞かれるので、お好みでどうぞ。歩きながら食べられる台湾流ハンディフードです。

林家蔥抓餅
所在地 MRT士林駅1番出口、出てすぐ
電話番号 02-2881-0958
営業時間 7:00〜23:00、土・日曜 8:00〜23:00


味わいのある雰囲気の「阿林切仔麵」。


木製のケースの中には「滷味(ルーウェイ)」が並びます。

 おやつにぴったりな麺といえば切仔麵。「阿林切仔麵」は店構えも非常に味わいのある、安くてうまい切仔麵と煮込み料理「滷味(ルーウェイ)」のお店です。

 路地を入っていくのですが、向かいには以前ご紹介した氷菓の店「福林冰店」があります。隣には煌びやかな廟があり、周辺には懐かしい雰囲気の店も多いので、カメラ片手に散歩するのにもぴったりな雰囲気です。


切仔麵はひとつ35元。スープありとなしのタイプがあります(写真はなしのタイプ)。

阿林切仔麵
所在地 台北市士林區前街74-2號(67號對面)
電話番号 02-2831-0420
営業時間 11:30〜20:00
定休日 月曜


「真味肉圓」の店頭。奥にイートインスペースもあります。

 先ほどご紹介した素食の店「祥緣素食」がある美崙街もまた、B級グルメの宝庫。こちらもおやつ系B級フードのひとつかと思うのですが、台湾語でバーワンと呼ばれる肉圓。

「真味肉圓」の肉圓は蒸して作るタイプなので、揚げタイプに比べるとあっさりと食べられます。あまじょっぱいタレと、ぷるぷるのでんぷん質の皮。中の肉餡もしっかりした味ながらもくせがないので、肉圓初心者の方にも非常に食べやすい味わいです。漢方スープの四神湯と合わせると、ちゃんとした食事にもなります。

真味肉圓
所在地 台北市士林區美崙街57號
電話番号 02-2836-6802
営業時間 9:10〜19:30

 鰹風味のスープが日本人の口によく合う麺線の店「阿水麵線」は、朝6時から売切れ次第終了という人気屋台。早起きした際はぜひ訪れてみていただきたい名店です。

阿水麵線
所在地 台北市士林區美崙街2號
電話番号 なし
営業時間 6:00〜売切れ次第終了


「及品鍋貼水餃專賣店」の絶品鍋貼と水餃子。

 餃子の人気店もまたこの通りにあり、「及品鍋貼水餃專賣店」は有名人のファンもいるほど、士林エリアでは有名な人気餃子専門店。

 パリッと焼かれた焼き色がたまらない「鍋貼」、もちっとした生地と新鮮な餡のバランスが絶妙な水餃子。両方とも甲乙つけがたい旨さです。餃子店定番のスープ、酸辣湯と合わせてどうぞ。

及品鍋貼水餃專賣店
所在地 台北市士林區美崙街93號
電話番号 02-2833-0217
営業時間 11:00〜20:30
定休日 日曜

 帰りは美崙街から駅前の大きな通り中正路までを一直線で結ぶ伝統市場、「士林華榮街」を通るのがおすすめ。アーケード付きなので雨や日差しからも逃れられます。


「士林華榮街」は昼ごろまで、連日朝市が開かれているので午前中は非常に賑わいがあります。

 この市場のおすすめは、とろみのあるあんかけスープに肉のつみれが入った肉羹の屋台、「光輝肉羹」。他にもミルクフィッシュの虱目魚肚や魯肉飯、茹で野菜など一品料理もいろいろあります。夕方16時ごろからの営業なので、さっと夕飯を済ませたいときなどにも重宝するお店です。

光輝肉羹
所在地 台北市士林區華榮街21號
電話番号 なし
営業時間 16:30〜00:00くらい
定休日 不定休

文・撮影=矢作晃之