音楽やコーヒーが重要な要素となる村上作品。知ればより深く楽しめるはず。すべての著作と、インタビューなどを基に、作家本人のポートレートや気になるキーワードとあわせて、「村上春樹を読み解く会」代表の齋藤隆一さんがその魅力を一気に解説します。CREA2017年9月号から抜粋した一部を前後篇でご紹介。

【O】
OPERA, CLASSIC[オペラ・クラシック]
作中にも数え切れないほど登場する
欠かせない音楽

 好きなクラシック音楽は、室内楽、ピアノなどの器楽曲で、これは仕事をしながら聴くことが多いためだそう。オペラも中学、高校時代は興味があって好きだったが、大学に入ってから専業作家になるまでの十数年はお金も暇もなく、無縁の生活に。徐々に余裕が出てきて海外でオペラを観るようになり、熱が復活する。

<Opera>
◆『ドン・ジョヴァンニ』 モーツァルト


――『騎士団長殺し』

 魅力的な悪人ドン・ファンが放蕩の限りを尽くし、最後には自分が殺した「騎士団長」の亡霊に地獄におとされるという物語。のちのロマン派の先駆けとなった2幕のオペラで、モーツァルトの最高傑作の一つ。

『モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」全曲』
指揮=ゲオルグ・ショルティ/演奏=ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
Decca 4,000円

<Other Classic>
◆「Le MAL du Pays」 リスト


――『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』

 リストのピアノ独奏曲集『巡礼の年』の「第1年:スイス」第8曲。題名は「郷愁」の意。『巡礼の年』は全4巻26曲からなり、作曲家がスイスとイタリアを訪れた際に見聞きしたものの印象を音楽で表現。

『リスト:巡礼の年 全曲』
演奏=ラザール・ベルマン
DG Deutsche Grammophon 2,858円

【T】
TRANSLATOR[翻訳家]
名翻訳家としての顔も持つ


 英米文学を中心に70作以上を翻訳している。フィッツジェラルド人気の復活は彼の翻訳に負うところも大きく、それは日本に限らない。

 米国でも2013年の映画『華麗なるギャツビー』制作の際、「今さら『ギャツビー』もないだろう」との映画会社幹部の発言に対して、監督のバズ・ラーマンとディカプリオが「ムラカミハルキも『ギャツビー』を訳しているんだぞ」と説得したという。

 また、全作品を翻訳したレイモンド・カーヴァーも、本国で人気が出る前に日本へ紹介。一気にブームに。

【U】
UNDERGROUND[地下]
作家を突き動かした
「地下」での出来事


 1995年、「日本の地下」で二つの大きな出来事が起きた。1月の阪神・淡路大震災と3月のオウム真理教による地下鉄サリン事件だ。当時、米国で暮らしていた村上は、これらを契機に帰国を決意。

 そして書かれたのが、サリン事件の被害者へのインタビューを元にした『アンダーグラウンド』、信者たちへのインタビューに基づく『約束された場所で』の2冊のノンフィクションと、震災が題材の連作短篇小説『神の子どもたちはみな踊る』である。

『アンダーグラウンド』
村上春樹 講談社文庫 1,080円

『約束された場所で underground 2』
村上春樹 文春文庫 590円

【W】
WHISKY[ウィスキー]
著作もあるほどのウィスキー愛好家


 作中で主人公もよく飲むが、自身もほぼ毎日お酒を楽しむという。中でもウィスキーにはこだわりがあり、シングル・モルトの聖地アイラ島とアイリッシュ・ウィスキーの母国アイルランドを訪ねて回った紀行文を著すほど。

 飲み方は少量の氷を入れたオンザロック。銘柄はシングル・モルトならラフロイグの10年もの、ブレンデッドならカティーサークかシーヴァス・リーガルが定番である。

『もし僕らのことばがウィスキーであったなら』
村上春樹 新潮文庫 520円

【X】
XMAS[クリスマス]
実はクリスマスが好き?


 佐々木マキがイラストを担当した絵本『羊男のクリスマス』、カポーティの短篇を村上が翻訳し、銅版画家の山本容子が挿絵を描いた『あるクリスマス』と『クリスマスの思い出』。3冊ものクリスマスを題材にした作品がある。



 また、ビング・クロスビーの名曲「ホワイト・クリスマス」はお気に入りらしく、様々な作品に登場する。その他、『風の歌を聴け』に始まる初期4部作の主人公「僕」の誕生日は12月24日。

『羊男のクリスマス』
村上春樹 講談社 1,650円

『あるクリスマス』
トルーマン・カポーティ 著/村上春樹 訳
文藝春秋 1,476円

『クリスマスの思い出』
トルーマン・カポーティ 著/村上春樹 訳
文藝春秋 1,571円

【Y】
YAKULT SWALLOWS[ヤクルトスワローズ]
作家になったきっかけが野球


 長年好きな野球チームは、ヤクルトスワローズ。大学入学を機に上京した際、その土地の球団を応援するというポリシーと、当時は外野席が芝生で一番観戦しやすそうとの理由で、神宮球場が本拠地のサンケイアトムズ(現ヤクルトスワローズ)を応援することに。

 1978年のある日、開幕戦のヤクルト対広島を観戦中に小説を書こうと思い立つ。そして生まれたのが『風の歌を聴け』だ。

文・監修=齋藤隆一(「村上春樹を読み解く会」代表),撮影=佐藤 亘、釜谷洋史