額に稲妻の傷跡をもつ魔法使いの少年の物語『ハリー・ポッターと賢者の石』が英国で出版されたのは、1997年のこと。当時は無名の作家だったJ・K・ローリングによる初版わずか500部から始まったハリー・ポッター・シリーズ全7巻は、この20年間で世界80言語に翻訳され、総計販売部数4億5000万部以上という歴史的な数字を記録、映画も大ヒットを博しました。

 子どもだけでなく、大人をも魅了したこの作品のマジカルな世界に浸れる、英国内のスポットを巡る旅へとご案内しましょう。

ロンドン「大英図書館」で開催中
ハリポタの魔法の歴史を探る特別展


「ハリー・ポッター」展が開催されている大英図書館。

 前回ご紹介したセントパンクラス・ルネッサンス・ホテルから西に向かって歩くこと5分。1億5000万以上もの膨大な文献・資料を擁する世界最大級の図書館、大英図書館のPACCARギャラリーで2018年2月末まで開催しているのが「ハリー・ポッター ヒストリー・オブ・マジック」展です。

 同図書館をはじめ、他の提携博物館の資料をひもとき、ハリー・ポッターの物語の背景に潜む魔法の歴史を探りつつ、作者J・K・ローリングの所有する未公開のメモやノートをまじえて、ハリポタ・ワールドをより深く理解できるエキシビションです。


ギャラリーの入り口の頭上には、大量の羽の生えた鍵。「ハリー・ポッターと賢者の石」のワンシーンを思い出します。

 ハリー・ポッターは、J・K・ローリングによるフィクションではありますが、物語に登場する設定やモチーフの多くは、作者の綿密なリサーチによる史実をもとにしています。現代では「科学」と呼ばれる分野が、古代、中世では「魔法」として扱われていたことを考えると、ホグワーツの授業内容もあながち夢物語ばかりではないのです。

 ギャラリーの内部は、薬草学、占い学、はたまた闇の魔術に対する防衛術など、ホグワーツの科目のごとく構成され、歴史的な資料が展示されています。今回は、それぞれのセクションから興味深い展示物を取り上げて、ご紹介しましょう。


左:プレビューの日に、挨拶をするエキシビションのリード・キュレーター、ジュリアン・ハリソンさん。
右:最初の部屋に向かう階段。期待が高まります。この手前には、1995年にローリングが各出版社に持ち込みのために送ったハリー・ポッターのシノプシスも。

 まずは「魔法薬学(Potions)」の部屋へ。


左:「魔法薬学」の部屋。天井からも釜がぶら下がっています。
右:「魔法薬学」の部屋には自分で配合できるインタラクティブな設備もあります。

 物語のなかでは、スネイプ先生、そしてスラグホーン先生が教えていた科目です。

 ここには、ヘビやニワトリを大釜に投入しようとしている魔女の姿が描かれた1489年の文献が展示されています。魔女の姿が出版物に掲載されたのは、これが初めての例とのこと。その後500年以上にもおよぶ魔女のイメージを決定づけた、元祖魔女のイラストです。

 また、テムズ川で見つかった紀元前800年の大釜のほか、この部屋には魔法薬づくりを疑似体験できるインタラクティブ機材が置かれているので、ぜひお試しを。


最初に魔女の姿を大釜と一緒にヴィジュアルで掲載した出版物「Ulrich Molitor, De laniis et phitonicis mulieribus」(C)British Library Board


3000年近く前の釜。1861年にテムズ川から釣り上げられたもの。(C)Trustees of the British Museum

 続いて、「錬金術(Alchemy)」の部屋へ。

 ハリー・ポッター第1作、「ハリー・ポッターと賢者の石」のなかには、永遠の命を与えてくれる「賢者の石」が登場しますが、ここには手前の部屋とまたがって長さ6メートルに及ぶ巻物に描かれたその「レシピ」がガラスケースのなかに横たわっています。

「リプリー・スクロール」と呼ばれるこの16世紀の巻物のなかには、赤い石、白い石、黒い石が一緒になって賢者の石になるプロセスが美しいイラストレーションとともに記されているのです。


賢者の石のつくり方が記された長さ6メートルに及ぶ巻物。

 物語のなかでは、賢者の石をつくったのは、デヴォン在住でオペラ愛好家、ダンブルドア先生の友人でもある「昨年665歳の誕生日を迎えた」錬金術師ニコラス・フラメル氏、とされていますが、ニコラス・フラメルの墓石もこのセクションに展示されています。

 実際のフラメル氏は、パリに住んでいたフランス人で1418年に亡くなっていますが、死後、実は錬金術師で賢者の石を発見したのではないか、とささやかれた人物です。


ニコラス・フラメルの墓碑。(C)Paris, Musée de Cluny – Musée national du Moyen Âge

泣き叫ぶマンドレイクや
あの「許されざる呪文」の原形も


「薬草学」の部屋。ガラスケースのなかには、歴史的な薬草に関する本が展示されています。

 さらに進むと「薬草学(Herbology)」の部屋です。ここには、大英図書館に所蔵された薬草に関する古い資料が多く展示されています。

 物語のなかでは殺人的な泣き声を放つ赤ん坊の形をした草の根として描かれていたマンドレイクですが、15世紀イタリア、またはドイツの文献のなかでは小さな成人男性として描かれているのが見て取れます。こちらのマンドレイクは、耳の穴に土を詰め込み、角笛を吹きながら、マンドレイクにつないだロープを犬に引っ張らせる、というのが正しい収穫法のようです。


15世紀のイタリア、またはドイツで発行されたと思われる薬草に関する文献。マンドレイクの収穫法が紹介されています。マンドレイクの頭の上に花のように咲いている手首は、切断と麻酔を表しているのだとか。その上に展示されているのは、16〜17世紀にイングランドで発見されたとされるマンドレイクの根。


14世紀バグダッドの文献にも、オスとメスのマンドレイクに関する文献が残っています。

 薬草学のコーナーでもうひとつ注目なのが、17世紀に出版されたニコラス・カルペパーの著作「CULPEPER'S COMPLETE HERBAL(邦題:カルペパー ハーブ事典)」です。


1789年にロンドンで発行された「Culpeper's English physician; and Complete Herbal」。 (C)British Library Board

 当時の薬草に関する出版物は、知識層しか読むことのできないラテン語のものばかりだったのですが、カルペパーが初めてこの本を英語で記したことで、いままで高いお金を払って医者に処方してもらわざるを得なかった普通の人々が、自分たちで薬草を扱えるようになりました。現在も読み継がれている出版物としては、聖書の次に古い本とのこと。

 ディープなハリポタ・ファンの方なら、ダイアゴン横丁の薬問屋、「ミスター・マルペッパーの薬問屋」を思い浮かべるかもしれません。


呪文学の部屋には、イラスト版ハリー・ポッターの絵を担当したジム・ケイさんが描いたダイアゴン横丁の原画が展示されています。

 薬草学の次は、「呪文学(Charms)」の部屋へ。

 ハリー・ポッターのなかでは、最も危険な「許されざる呪文」のひとつで、相手に死をもたらす「アバダ・ケダブラ」。一般的に知られる最も耳慣れた呪文「アブラカダブラ」と似ている、と思った方も多いのでは。それもそのはずで、「アバダ・ケダブラ」は、「アブラカダブラ」の語源であるアラム語で、「そのものは破壊される(May the thing be destroyed)」を意味している、と作者自身がテレビインタビューで語っています。

 一方、お馴染み「アブラカダブラ」のほうは、死をもたらすのとは真逆で、ローマ時代にはマラリア除けのお守りに使われていたとか。三角形に書き綴ったものを首にぶら下げて身につけていたそうで、その原形をこの部屋で見ることができます。


左:いまではお馴染みの呪文「アブラカダブラ」が最初に記録された書物のアップ。マラリア除けに三角形に繰り返し呪文が書かれています。(C)British Library Board
右:ジム・ケイさんが描いたクィディッチの試合中のハリー(と背後に小さくマルフォイも)のイラストの上には、英国デヴォンに住んでいた女性オルガ・ハントさんが所有していたほうきが。満月の夜にこのほうきにまたがり飛び跳ねるオルガさんの姿が目撃されたといいます。

天球儀やタロット占いなど
体験型の展示が楽しい


ヴィンチェンツォ・コロネリによる17世紀の天球儀。オーグメンテッド・リアリティで、星座の名前もしっかりわかります。

 次なる部屋は「天文学(Astronomy)」です。

 この部屋の中央にあるのは、17世紀に制作された美しい天球儀。Google Arts & Cultureとのコラボによるオーグメンテッド・リアリティで、この天球儀を回すヴァーチャル体験と、その詳細をモニターで見ることができます。

 当時の星座の名前のなかに、リーマス・ルーピン、シリウス・ブラック、ベラトリックス・レストレンジ、ドラコ・マルフォイといった登場人物の名前も見つかります。


1506〜1508年にレオナルド・ダ・ヴィンチが書いたノートブック。地球の周りを太陽と月が回っているという前提で、光と影の関係を図解しています。 (C)British Library Board


中国で占いに使われた神託の骨。熱を加えたうえで、ひびの入り方で占います。月食の記述があるため、紀元前1192年12月27日夜9時半から11時半の間に占われたと判明しています。(C)British Library Board

 天球儀を楽しんだら、隣の「占い学(Divination)」の部屋へ。

 1880年代に英国で製造された手相観のための手のモデルや、数ある大英図書館の資料のなかでも最古の紀元前1192年の中国で未来を占うために使われた神託の骨などの展示のほかに、この部屋には自分の過去・現在・未来を占うことができるデジタルのタロットカード装置もあるので、ぜひお試しを。


左:タッチパネルで自分の過去・現在・未来を占えます。
右:「占い学」の部屋にある、手相観のためのモデルや文献など。

 さらに、次の部屋「闇の魔術に対する防衛術(Defence Against the Dark Arts)」では、悪の力から身を守るお守りや、また闇の生物に関する資料も見学できます。ここには、日本のカッパに関する文献も。


「闇の魔術に対する防衛術」には、「利根川図誌」のなかの「ねねこ河童」に関する記述が。

 いよいよ、授業も最終章の最後から2番目の部屋は「魔法生物飼育学(Care of Magical Creatures)」。


「魔法生物飼育学」の展示室の丸窓の向こう側を、不思議な生き物が鳴き声を上げながら通り過ぎていきます。

 ここには自らを火葬し、灰のなかから蘇る不死鳥を描いた13世紀前半の文献や、なんと18世紀に日本で見つかったとされながらも実は偽物だったという人魚が展示されています。

 人魚との関連で、ここには第2作目の「ハリー・ポッターと秘密の部屋」で編集者によってボツにされた原稿(ハリーとロンの乗ったフォード・アングリアが湖に突っ込み、英語を話す人魚に会う、という原稿が、暴れ柳に突っ込むという設定に差し替えられたのだとか)も展示されています。こちらもハリポタ・ファンには必見です。


史上最高落札額を記録した巨大本「The Birds of America」のなかに登場するシロフクロウ。ハリーのヘドウィグと同じです。この本は、大人4人がかりで運ばなければならないほどの重量だとか。


灰のなかから蘇る不死鳥を描いた13世紀の文献。(C)British Library

 さて、これにて授業は終了。最後の部屋「過去、現在、未来(Past, Present, Future)」は、ハリー・ポッター作品のさまざまな記録の部屋です。

 競売にかけられたローリング自身の書き込みがいっぱいの初版本や、シリーズ5作目にあたる「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」の詳細にわたる手書きのプロットのほか、作者自身にとって意味深いメモなどが、たっぷりと披露されています。

 学術的でありながら、遊び心あふれる大人から子供まで楽しめるエキシビションです。前売り券も記録的な売れ行きのようなので、会期中にロンドンにお越しになる方は、ぜひ前売り券を入手して足を運ばれることをおすすめします。

Harry Potter : A History of Magic
(ハリー・ポッター ヒストリー・オブ・マジック)

会期 開催中〜2018年2月28日
会場 PACCAR Gallery The British Library
所在地 96 Euston Road, London, NW1 2DB
料金 大人16ポンド
http://www.bl.uk/

文・撮影=安田和代(KRess Europe)