2020年10月2日(金)6:06に、月は満月となります。

 約29.5日かけて天の12星座をゆっくりと巡る月は、牡羊座に入座しています。

 この時期に、どんな風に過ごすのがよいか、西洋占星術研究家の岡本翔子先生がアドバイスしてくれます。


 秋空が広がり気持ちのいい季節です。

 10月2日(金)の満月は、天の牡羊座で輝きます。

 正確な満月は10月2日の早朝となるので、月が最高潮に満ちるのはその前夜、10月1日になります。

 よって中秋の名月は10月1日(木)。

 今週後半は、お月見日和です。

 10月の満月は、アメリカ先住民によるとハンターズムーン(狩猟月)、ブラッドムーン(血月)、バスケットムーン(籠月)と呼ばれました。

 秋になると野生動物は発情期を迎えます。

 動物たちは冬眠の準備で活動が活発になり、ハンターたちは山へと狩りに出かけます。

 牡羊座の満月は人を正直に、ある意味、本能的にさせます。

 和やかなムードが続けばよいのですが、些細なことで頭に血が上りやすいので、争いごとは絶対に避けること。
ジビエのおいしい季節です。

 動物の命をいただくということは、動物の持つ野性や力強さを身体の中に取り入れることです。

 この日はハンターズムーンを眺めながら、地鶏や鴨、鹿、イノシシなどのジビエを食べに行くのもおすすめです。

〈『ムーンブック2020』(ディスカバー)より〉

岡本翔子 (おかもと しょうこ)

占星術家。ロンドンにある英国占星術協会で心理学をベースにした占星術を学ぶ。CREAでは創刊号から星占いを担当。月に関する著作・翻訳も多く、月の満ち欠けを記した手帳『MOONBOOK』は、18年続くロングセラーに。モロッコへの造詣が深く、砂漠で月や星を眺めるのがライフワーク。月と美容、ボディケア、料理などを絡めた記事も好評を博している。毎年秋、『MOONBOOK』発売後には、様々なセミナーやイベントを各地で行っている。

公式サイト http://okamotoshoko.com
公式ブログ http://ameblo.jp/okamotoshoko
Facebook http://on.fb.me/1mBVz6m

文=岡本翔子