スマホ片手に、生き方&働き方を変える! その第1歩が、スマホを自分仕様にカスタマイズすること。

「スマホひとつ」で身軽に暮らすデジタル・ミニマリストのあやじま(飯島彩香)さんが、人生を変えて夢を叶えるための、スマホ活用術を教えます。


【RULE01】不要なアプリは捨てる


 片付けの基本は、ものの量を見直すことから始まります。

 スマホの中のアプリを片付けるのも、クローゼットに詰め込んだ洋服を片付けるのも、たまりにたまったポイントカードを整理するのも、基本は同じ。

 まず、半年以内に使ったかどうかを基準に、必要なアプリ・不要なアプリに分けてみましょう。

 不要なものはどんどん、アンインストールです。

 使っているアプリは、必要なものとして、すぐに判別できるはず。

 半年以内に使ったかどうかを思い出せない場合は、不要なものとして削除してOKです。頭を悩ませるのは、今はあまり使っていないけれど、この先使うかもしれないアプリだと思います。

 先日、母の財布を整理したときも、同じような会話をしました。

「この店のポイントカード、必要?」

「これから使うかもしれないから、一応入れておきたいなと思って……」

 財布に10枚以上ものポイントカードが入っていて、そのほとんどがなんの恩恵も受けていない「ただ持っているだけ」のカードでした。カードを見つけるのもひと苦労で、レジの前でモタモタし、必要なカードをすぐに取り出せないという残念な状況。

 スマホのアプリも同じこと。

 今、必要なものだけを残しましょう。

 家の中のものと違って、アプリは必要になったときに、すぐ再インストールすることができます。

 アプリひとつ消せない人の人生は、一生片付きません!

デジタル・ミニマリストが削除したアプリは?

 情報を取捨選択して、不要なアプリは捨てる。

 それが、使い勝手のいい、自分らしいスマホにカスタマイズする第一歩です。

 スマホに最初から入っているアプリも、かなりの種類があります。

 iPhoneはApple関連のアプリだけですが、AndroidスマホにはGoogle関連のアプリ、シャープなどのメーカーのアプリ、NTTドコモなどの通信事業者のアプリなどが混在しています。

 最初から入っていたアプリは、必要だから入っていると思いがち。

 自分に必要のないアプリは捨てましょう!

 電話など必要不可欠なものは削除できないようになっています。標準アプリは、一度削除しても再インストールが可能です。その機能が必要になったら、またインストールすればいいし、自分が使いやすいアプリを見つけたら、どんどん入れ替えていけばいいのです。

 ちなみに、30種類ほどあるiPhoneの標準アプリから、私が使っているアプリと削除したアプリは、こんな感じです。

〈削除できないアプリ〉

■電話
■カメラ
■時計
■設定
■Safari
■メッセージ
■写真
■ヘルスケア
■(iPhoneを)探す


〈使っているアプリ〉

■メール:「Gmail」と「Yahoo!メール」の2種類を一括表示。
■天気:精度を求めるなら、「Yahoo!天気」の方がおすすめ(笑)。
■ボイスメモ:打ち合わせや、病院で先生の話を録音するときに使っています。
■ファイル:メールに添付されたPDFなどの保存に使っています。
■計算機:電卓はほかに持っていないので。
■ショートカット:iPhoneの複数の機能や操作を自動化してくれます。
■iMovie:写真や動画を組み合わせて、ショートムービーが作れます。
■Apple Podcasts:ラジオ番組を楽しむために。
■株価:株価の動向をチェックするときに使います。
■コンパス:年に1回、節分に恵方巻きを食べるときの必需品。


〈削除したアプリ〉

■マップ:「Googleマップ」を使っているので不要。
■連絡先:電話アプリから確認できるので不要。
■ホーム:家電製品をコントロールするアプリ。私は、「Nature Remo」と「Google Home」を使って家中の家電を操作しているので不要。
■メモ:「Evernote」を使っているので不要。
■カレンダー:「Googleカレンダー」を使っているので不要。
■ミュージック:音楽アプリは「Spotify」を使っているので不要。
■リマインダー:「Googleカレンダー」からリマインダー登録できるので不要。
■計測:カメラを使ってモノの寸法が測れるアプリ。正確さに欠けるので不要。
■iTunes Store:エンタメコンテンツが買えるアプリ。「Netflix」を使っているので不要。
■ビデオ:iTunes Storeから購入した映画などが観られるアプリ。iTunes Storeを削除したので不要。
■Apple Books:電子書籍アプリ。「楽天Kobo」を使っているので不要。
■Pages:文書作成アプリ。
■Keynote:プレゼンテーションアプリ。
■Numbers:表計算アプリ。スプレッドシートを使っているので不要。
■GarageBand:音楽制作アプリ。
■ヒント:アプリの使い方を教えてくれるアプリ。ググった方が早いので不要。
■Watch:Apple Watch連携アプリ。
■FaceTime:ビデオ通話アプリ。「LINE」があるので不要。
■Apple Store:Apple製品のストアアプリ。

あやじま(飯島彩香/いいじま・あやか)

デジタル・ミニマリスト、整理収納アドバイザー。東京都内のマンションで夫とふたりで暮らす。小学生の頃からの筋金入りの片付け好き。アメリカでの半年間の暮らしがきっかけで、ミニマルライフに目覚める。整理収納や時短家事、家計管理のアイデアや工夫をブログやインスタグラムに綴り、大人気に。モノを持たないのはもちろん、お金の流れやスマホの中までも整えて、新時代のミニマリストとして活躍中。SNS総フォロワー数20万人。

『ミニマリスト スマホの中を片付ける』


著者:飯島彩香 発行:KADOKAWA

アプリでぐちゃぐちゃなスマホじゃ、あなたの暮らしは散らかったまま! スマホを効率よく使いこなすと、人生が変わります。夢が叶います。読みながらすぐ出来る51の活用術、教えます。

文=あやじま(飯島彩香)
イラスト=大橋美由紀