●ブランチ格上げ家電「サラダチキンメーカー」


サラダチキンメーカーで作ったサラダチキンプレーン味とだし汁を利用した豆乳スープ。

 こんにちは。料理は手軽に美味しくがモットーの編集者・鈴木です。

 家にこもってばかりの日々が続いているから、気分転換に簡単だけどテンションが上がるブランチがしたいな〜、でも運動不足気味だったからあんまりカロリーが高そうなのは避けないと……。

 そんな風に思っていたところ、高タンパク・低糖質でダイエット食としても知られるサラダチキンを簡単に作れる家電があるとの情報を入手。

 タンパク質は大事な栄養素。筋肉男子の中には毎日サラダチキンを食べている人がいるとか。

 しかも一度作れば、お弁当などにもフル活用できそう!

 今の私にぴったり! ということで、さっそく使ってみることにしました。


サラダチキンメーカー 楽しく使えるレシピブック付4,950円。カラーは全3色。

 こちらが、一人ひとりが素敵と思えるライフスタイルづくりの実現に取り組むライフオンプロダクツが販売しているPRISMATEの「サラダチキンメーカー」です。

 見た目はミニ鍋のようでボタンや蓋の取っ手などが木目柄になっていて、かわいくシンプルなデザイン。部屋の雰囲気にもマッチしやすいので贈りものにもいいかも。


調理モードは3種類。

 鶏肉などの材料を入れてボタンを押すだけで簡単にサラダチキンが作れるなんて、なんとズボラさんにもやさしい家電なんでしょうか。

 調理モードは3パターンあり、やわらかモードでは70度で2時間ほど加熱、スピードモードでは約170度で20分加熱し、サラダチキンが完成します。

 連続モードは約160度で加熱し続けるので、サラダチキンを作った際の煮汁を活用したスープづくりなどが行えます。旨みがたっぷりの煮汁も活用できるのは嬉しいですね。

●超軽量&フッ素加工で片付けも簡単


蓋、鍋、本体の3構造。

 蓋、鍋、本体の3構造となっていて、サイズは幅が約23.5センチ、奥行き約12.7センチ、高さ15.5センチとミニマム。鍋はフッ素加工されているので具材がくっつきにくくなっています。しかも重さは1キロ以下と超軽量なので、運んだり洗ったりするときもとっても楽ちん。

 蓋のゴムパッキンも外れるので、細かいところまできちんと洗えます。

●しっとりやわらかなサラダチキンが完成


プレーン味にトライ。鶏胸肉とともに長ネギ、生姜、酒、水を入れる。

 付属のレシピブックを開き早速調理を開始。最初なので、プレーン味から試してみることにしました。

 鶏胸肉の表面をペーパータオルでふき取り、塩をすり込んだら肉の厚みのある方を右側に、皮面を下にして鍋に入れます。市販の鶏肉約300グラムがぴったり鍋に収まりました。

 水、酒、長ネギの青い部分、生姜を加えてやわらかモードのボタンをポチッとな。


茹で上がりの様子。

 たまにコトコト音がなりますが基本的には静かです。

 ボタンを押してから2時間後、ピーッと音が鳴ったら調理完了。その後15分ほどこのまま冷ましてからカットします。

 ちなみに、塩をすり込み30分寝かしてから調理すると、味がしみ込んでより美味しくなるそう。また、自分で時間を図る必要がありますが、90分加熱したらスイッチを切り、鶏肉を別容器に移し、常温で30分ほど置いておくとよりしっとりするんだとか。時間や余裕がある時にはぜひ試してみたいです。


やわらかモードで作ったプレーンサラダチキン。

 出来上がったサラダチキンはやわらかくしっとりとした口当たりながらも、程よい噛み応え。また、鶏肉本来の旨みが感じられる一品に仕上がりました。市販品よりこっちの方が素材そのものの味がして好きだな。

 寝起きで何も作る気がおきない日でも、肉さえあればボタンを押すだけであっという間に一食つくれるのはポイントが高い。その上、こんなに簡単なのに野菜と一緒に盛り付けるだけでおしゃれプレートに早変わりするなんて。

 化学調味料や添加物などは不使用で、市販品より断然コスパもいいと良いこと尽くし。

●スープもセットにヘルシーブランチを味わう


サラダチキンプレーン味とだし汁を利用した豆乳スープ。

 せっかくなので連続モードを活かし、スープも作ってヘルシーブランチにしようと思います。

 煮汁をひとすすりしてみたところ、鶏肉の旨みがぶわっと広がる〜! 塩を足せば十分美味しいやつだと思いながら、今回は野菜たっぷりの豆乳スープにしてみました。

 カットした野菜を入れて連続モードで15〜20分ほど煮込み、豆乳を加えてひと煮たちさせ、塩で味を調えたら完成です。

 豆乳スープは鶏から出たダシの風味と野菜の甘みが染み出していてほっとする味わい。低カロリーとは思えない満足感ある一食になりました。

●アレンジも楽しめるサラチキライフを始めよう


ハーブ塩をすり込みスピードモードで調理。

サラダチキンを使ったバゲットサンドとサラダ。

 あまりに簡単だったので、翌日にはスピードモードでハーブ味のサラダチキンも作ってみました。しっとりさはやわらかモードに軍配が上がりますが、こちらも十分に美味しく何より出来上がりが早い。

 そのままでも美味しいですが、サラダやサンドイッチなど活用方法はさまざま。

 付属のレシピブックにはサラダチキンのアレンジだけで20種類、スープやサラダフィッシュの作り方なども加えると40種以上のレシピが紹介されており、栄養バランスを考えながら飽きずに食べ続けることができますね。

 しばらくサラチキライフを満喫しようと思います。

ライフオンプロダクツ株式会社

https://lifeonproducts.co.jp/

文・写真=鈴木綾乃(Five Star Corporation)