薄着の季節になってトップスを1枚で着ることも多くなりましたね。胸が大きい人にとっては、目立ってしまうことが悩みになることもあるのでは? 大きい胸をすっきり見せるデザインのトップスを選ぶのも良い方法ですが、今あるトップスで目立たなくさせることができたら嬉しいですよね。今回は小物を使って胸元から視線をはずしたり、ごまかしたりする方法をご紹介します。すっきり見せのテクニック、知って損なしです!

胸元にプラスワン! ネックレスで縦にラインをつくってすらっと見せ

ロングネックレスは縦長のラインを作ってスッと細く見せる効果があります。あまり華奢なものは避けて、すっきりシンプルなものを選びましょう。じゃらじゃらとボリュームのあるものだとかえって胸元を強調させてしまいます。胸元から目線をはずす方法として、ショートタイプで存在感のあるネックレスをするのも◎。

首元をすっきりさせると上半身もすっきり! 細見えアイテムとしても使えるサングラス

大きい胸の人におすすめなネックラインは「V」ですが、お手持ちのトップスはVネックばかりではありませんよね。ラウンドネック(丸首)でも胸元をすっきり見せたい! そんなときに使えるアイテムがサングラスです。襟元に引っ掛けて首元に少しゆとりを持たせ、さらに中心に縦ラインを作ってくれます。首元からきれいに肌見せすることで細見え効果が期待できます。

ボリュームのあるつば広ハットで胸元のボリュームをごまかす

ハットを被って、視線を上へ誘導して胸元から逸らすのも効果的な方法のひとつ。つば広ハットはボリュームがあるので大きい胸元をごまかしてくれます。夏には紫外線防止にもなり、熱中症対策としても活躍してくれるアイテムです。クラシカルな雰囲気が出ておしゃれに決まるつば広ハット、夏のコーディネートに取り入れてみてはいかがでしょうか?

ウエストマークはベルト幅に気を付けて。締めたあとは胸下にゆとりを作る

ウエストマークがトレンドとなっていますが、実は大きい胸の人がウェストを細く絞ると胸が強調されてしまうことがあります。気を付けたいポイントは、ベルトの幅と胸下にゆとりを作ること。細ベルトはその細さがゆえに大きい胸がかえって目立ってしまいますし、コルセットベルトも胸のすぐ下まで締めることになるので胸が強調されてしまいます。パンツのベルトループに通るくらいの標準的な太さ〜サッシュベルトくらいまでの太さがベスト。ベルトを締めたあとは、トップスに余裕を持たせるように胸下をふわりとさせると胸が目立ちません。