童顔、身長が低い、顔が優しそう……初対面の人や店員さんなどに、なぜかなめた態度をとられて困るという方はいませんか?
もちろん横暴な態度には、あいさつなど最低限の”大人の対応”だけして「触れない」ことが得策です。とはいえ人と会う機会が多い毎日なら、避けられない場面もあります。そんなときのために、自分で少しでも回避できる方法があれば知りたいですよね。
そこで今回は「初対面の人になめた態度をされて困る……身だしなみからできる回避テクニック」をご紹介します。

シンプルかつ自分に合う服装をする

身なりに気をつかっていないと、足元を見られることが多くなります。とはいえゴテゴテ飾りたてる服装をパーティー以外で着るのは、知的な雰囲気から遠ざかってしまいますよね。
デイリースタイルに取り入れたいコツはシンプルなアイテムをバランスよく着こなすこと。
体形に合わせたサイズ感、人柄や顔に合った色合い、その服同士のバランスの良さは好感度へと繋がります。同時に、無駄のない着こなしは洗練された大人の雰囲気を醸し出してくれます。

毛玉・シミはアウト! 清潔な服を着る

身なりに気を遣うという点で、基本となるのがやはり「清潔感」。清潔感があるように見えるファッションも大切ですが、”物質的な清潔”はもっとも気を付けたいポイントです。
毛玉、穴あき、シミや毛くずなどは、だらしなさそうなイメージや自分を大切にしていない印象に繋がります。
もちろん生活感があるほうが気の置けない仲間を作りやすい場面もありますが、横暴な態度をとる人から回避する点では”衣類の清潔”を気を付けることは大切です。

きっちり真面目すぎない”余裕”を着こなす

真面目過ぎる服装も、横暴な態度をとる残念な人の餌食になりやすくなります。その場にピッタリ合う服装から少し崩した感じで、”内面の余裕”を垣間見れる着こなしがポイントです。やはり人になめた態度をとる人は、自己肯定感の乏しい人が多いようです。余裕のある相手には、強く出ないのかもしれませんね。とはいえ、張り切り過ぎた着崩しは逆にあか抜けなくなるので気を付けましょう。
モデルさんのような、バッグに遊び心を持たせるテクニックはマネしたいですね♪

優しい色合いよりもクールな色合いを選ぶ

服装の色選びにもコツがあります。優しい色よりも”クール”なイメージのある色がおすすめです。
クールなイメージのダークカラーやブルーやグリーンの寒色系はもちろん、黒と白などはっきりした色の対比を組み合わせるテクニックもあります。また淡いピンクは、優しい人柄を引き立てる色ですが”初対面でなめられない服装”としては避けたいカラーです。