カジュアルスタイルに欠かせないスニーカー。とはいえ美脚効果は、パンプスなどのヒールがある靴ほど期待できません。ヒールをはき慣れている人にとっては「スニーカーは短足に見えてないか不安……」と思ってしまいますよね。
そこで今回は「季節の変わり目に大活躍♪ 足が長く見えるスニーカーテクニック【夏・秋コーデ編】」をご紹介します。

スリムパンツとスニーカーをワントーンに♪

コーデの下半身部分を一つの色で統一するテクニック。足先から腰までワントーンなら、長く見える視覚効果が期待できます。
しかしスニーカーとボトムスを同じ色にするとき「中間色」は難しいものです。そこで黒や白、同系色のグラデーションでまとめると上手に仕上がりやすくなります。

ワントーンコーデにはスニーカーでアクセントカラーを

洋服をワントーンでまとめ、スニーカーに差し色に加えてもスラリとした印象に仕上がります。

ワイドパンツでも使えるカラーテクニック

”スニーカーをアクセントカラーにするテクニック”は、ワイドパンツでも有効。モデルさんのように帽子やバッグで「もうワンカラー」加えると、更にスタイリッシュにまとまりますね♪

ハイライズなパンツにトップスイン!

ウエストマークを高めに作ることで、視覚的な足長効果を期待するテクニックがあります。
モデルさんは今季トレンドの股上の深いボトムスにトップスをイン。このときスニーカーとボトム裾の隙間があまりない方が、足長に見えやすくなります。

オーバーオールはフルレングスがおすすめ

腰回りがタイトなデザインのオーバーオールなら、足長に仕上げやすくなります。さらにフルレングスの長め丈パンツなら足長効果を後押し。
洗練されたセンスが必要な難しいアイテムですが、あか抜けて着こなせたらカッコイイですね!

ミニスカートとローカットスニーカーで脚を活かす

スラっとした脚を活かすなら、思い切った脚出しがポイント。脚で”縦のライン”を強調するようなコーデをしましょう。
縦のラインを多く作れるように、スニーカーもローカットがベストです。

厚底のスニーカーで全身のバランスアップ

物質的に脚の長さを増やしてしまうのが「厚底」を使ったテクニック。膝下の長さが伸びるので、全身のバランスが違って見えますよ♪