「パステルカラーを着たいけれど、日焼けした肌には合わないかな?」「夏は日焼けしちゃうから、パステルカラーは冬にしか着られないかも」と思っている方はいませんか? 実は筆者も夏に肌が焼けてしまい、パステルカラーは似合わないかもと諦めていたんです。

それでもよく探してみると、日焼け肌にも似合うカラーがあることを発見しました! 日焼けした肌におすすめなのは”パステルピンク”と”パステルグリーン”。今回はそんな日焼けした肌によく似合う”夏のパステルカラー”のコーディネートをご紹介します。

ワントーンの”パステルグリーン”ドレスが文句なしに素敵

日焼け肌に似合うパステルカラーのドレスが着たい! という方には、パステルグリーンがおすすめです。ウエストで切り返しになっているデザインで、脚長効果も期待できちゃいます。すっきりとした胸元でアクセサリーも綺麗に見えます。

”パステルグリーン”のパンツは同系色のパンプスと合わせてみて

パンツに”パステルグリーン”を取り入れるとシンプルかつ手抜きに見えないコーディネートになります。ホワイトのシャツと合わせて爽やかなコーディネートに。

シフォン生地にタイトスカートを合わせて上品なコーデに

パステルグリーンのカットソーをトップスに持ってくると、ぐっと大人っぽさが増します。他のアイテムをホワイトでまとめて上品な印象に。色味を抑えるとすっきりとした雰囲気に仕上がります。

肌によく馴染むパステルピンク♡

日焼け肌さんのパステルピンクはちょっと濃いめがおすすめ。とろみパンツに黒いパンプスを合わせたら、甘辛MIXコーデの完成です。

ブラックと合わせたパステルカラーが格好いい!

トップス以外をブラックのアイテムで統一すればパステルピンクのTシャツが際立ちます。何にでも合わせやすいブラックのパンツは1本持っておくと便利ですね。