当たり前のようにずっと着てきた白。でも、年を重ねてある日突然「今までと同じで平気かな?」と悩んだことはありませんか?

ベーシックカラーのホワイトですが、大人だからこそできる着こなしがあるんです……♪

歩くと揺れる甘さが大人にちょうどいい、プリーツスカートを選ぶ

ふんわりと揺れる白は、アラサー女子にはちょっと甘すぎる……。ということで、フレアスカートではなく、ストンと落ちるシルエットのプリーツスカートを選びましょう。
歩くたびに揺れる白は、女度を上げてくれます。

手抜きじゃない“ゆるさ”を意識、ホワイトカーディガン

1枚で着られるカーディガンは、年代問わずに重宝するアイテムです。でもベーシックな形のものだと甘い雰囲気になってしまうこともしばしば。そこで、ケーブルニットのカーディガンをチョイスしてみましょう。
程よくゆるく、甘さも抑えられるので重宝すること間違いなし。サッと羽織っても手抜きに見えないのも嬉しいポイントです。

ハンサムなリブニットで大人の着こなしを

ふわふわのモヘアニットはモテの定番アイテム。勝負の日はホワイトのモヘアニットに頼っていた方も多いと思いますが、アラサー女子にはちょっと甘すぎる……! そこで、リブニットを使って大人の魅力をアピールしましょう♡ あえてハンサムにキメるのが大人流の着こなしです。

あえて背伸びをしない! ホワイトバレエシューズ

大人だからこそ、ヒールにばかり頼るのはもうおしまい。あえて背伸びしない、ホワイトのバレエシューズが可愛いんです。白は、ちょうどいい“きちんと感”を押さえられます。