「レギンス」はワンピースやスカートと合わせるだけで、ゆるカジュアルな楽ちんコーデが完成する立て役者。ワンアイテム足すだけで程よいリラックス感が漂い、こなれた雰囲気に見えるんです♡

その反面、ゆるくこなれるレギンスコーデのハズが「ただの部屋着」になってしまった……という声も。おしゃれに着るコツをチェックしていきましょう。

定番の「黒レギンス」は裾からチラ見せ♡

レギンスの定番といえば、やっぱり黒。最初の一枚として選ぶ方の多いカラーですが、いざ合わせるとカジュアルに寄りすぎるのも事実。イチ押しの着こなしは、チラ見せできる丈感のアイテムとコーデすること! 「ゆるすぎて部屋着みたいになった」が防げますよ。

抜け感やワントーンは「白レギンス」があれば簡単

スタイリングが重くなるのを避けたい方は、白レギンスを用意しておくと重宝します。即おしゃれ見えする、ホワイト・茶系のワントーンコーデへの馴染みのよさはピカイチです。

程よい抜け感も作ってくれるので、「こなれたムードを足したい」という日もお任せあれ。黒レギンスが野暮ったく見える……とお悩みの方は、白レギンスに替えてみてくださいね。

どんなコーデにもハマるのが「グレーレギンス」の推しポイント!

黒じゃ重いし、白だと浮く……そんなときはグレーレギンスの出番です! 色やテイストを問わず合わせやすいので、レギンスの持つ「ゆるさとこなれ感」が存分に演出できますよ。クローゼットに一枚スタンバイさせておくと便利なはず♪

「スリット入りレギンス」で足首を見せれば軽やか

ここまではカラーについてご紹介しましたが、「デザイン」にも注目を! レギンスにスリットが入っているかいないかで、足元の軽さが変わります。小さなディテールに感じますが、この「切り込み」がおしゃれな抜け感をプラスする大切なポイントなのです。

レギンスコーデが部屋着っぽくなってしまう方は、スリット入りを選ぶとおしゃれにアップデートできるので、ぜひ試してみてくださいね。

レギンスがあるだけで完成する「ゆるカジュアル」なコーデ。
おうちでリラックスしたい日の相棒にもなってくれるので、ぜひ取り入れてみてくださいね。