夏のスタメントップスといえば、やっぱりTシャツ。定番の白Tシャツ以外にも、着こなしに合わせてカラーを揃えておきたいですね♪

今回ご紹介するのは、ニュアンスのある「ベージュのTシャツ」を使ったコーディネート。べージュのTシャツはどんな着こなしに合わせればいいのか、おしゃれな大人女子のスナップからチェックしてみましょう!

ゆったりめで下着感なし! 「ゆるっとベージュTシャツ」でおしゃれに

今シーズン1枚持っておきたいのが、ゆったりめなサイズ感のベージュTシャツ。タイトフィットなベージュTシャツは見た目の下着感から、おしゃれにコーディネートしにくいもの。ゆるっとしたベージュTシャツをナチュラルに着こなすのがおすすめです。

「サンドベージュのTシャツ」に白ボトムを合わせた、上品なシンプルコーデ

ベージュ色の中でもこなれ見えするのが、ベージュに砂色が混じったようなサンドベージュ。爽やかな白のワイドパンツやロングスカートにサンドベージュのTシャツを合わせれば、淡いグラデーションが生まれ、上品なシンプルコーデが楽しめます。

メリハリのある黒ロングスカートで「淡いベージュのTシャツ」を引き締めて

ベージュTシャツに黒のロングスカートやワンピースを組み合わせるのもおすすめ。シックな黒のおかげでボンヤリしがちなニュートラルカラーのベージュが大人っぽく引き締まり、ゆるっとしたオーバーサイズもだらしなく見えません。

トレンドの「ニットベスト」もベージュTシャツがあれば着こなしやすく

トレンドの「ニットベスト」はクセのないベージュTシャツをインナーに挟むことで、着こなしやすさがグーンとUP。ボトムもベージュカラーでまとめれば、可愛すぎないナチュラルコーデが完成します。

肌見せが夏っぽい「ノースリーブのベージュTシャツ」が使える!

シンプルなノースリーブのTシャツは、重めになりがちなマキシスカートやワイドパンツを軽やかに見せてくれるアイテム。素肌に近いヌーディなベージュ色なら、肌見せ感のあるノースリーブが自然体で着こなせます♪