下半身の体型カバーに役立つアイテムといえば、”マキシ丈”を思い浮かべる方も多いはず。夏もたくさん着こなしたいものの、丈が長いアイテムは暑苦しく見えてしまわないかが気になりますよね。

そこで今回は#CBKモデルのスナップを参考に、マキシ丈アイテムを清涼感たっぷりに仕上げるコツをご紹介します。おしゃれさと涼しさをキープしながら、体型カバーコーデを楽しみましょう♪

※記事中のモデルさんはみなさんスタイルの良い方ばかりですが、一般的なテクニックとしてご参考にしていただけると幸いです。

【夏のマキシアイテム着こなし術1: 肌見せ】ノースリーブでバランスを調整

レッグラインをすっぽりと包み込むマキシワンピースは、どうしても下半身が重たく見えてしまいがち。そんなときは、トップス部分がノースリーブになったものを選ぶのがおすすめです。

上半身を程よく肌見せすることで全体のバランスが整い、重さのあるマキシアイテムも涼しげに着こなせますよ。ウエストマークで腰位置を高く見せれば、気になる部分を隠しながら脚長効果も実現。

【夏のマキシアイテム着こなし術2: 色】爽やかカラーで涼しげに見せる

暑そうに見えてしまうのが心配なマキシ丈を軽やかに着こなすコツは、カラー選びにこだわること。すっきりとしたグリーンやブルーをセレクトして、清涼感たっぷりに仕上げてみましょう。

ブラックカラーの小物を合わせれば、引き締め感が生まれて全体がすっきりとした印象に。どちらもシンプルなスタイリングながら、ふんわりとしたティアードデザインによって女性らしさが漂っていますね♪

【夏のマキシアイテム着こなし術3: 透け感】透かし編みニット素材で軽やかに

マキシスカートを涼しげに着こなすなら、”透け感”も忘れてはいけないキーワードの一つ。透かし編みニットのマキシスカートでシアー感を演出し、涼しげな雰囲気を取り入れるのがおすすめです。

透かし編みデザインは今季のトレンドでもあるため、いつものトップスに合わせるだけで旬のスタイリングが楽しめますよ。あえてスポーティーなキャップやスニーカーをプラスすると、こなれ感たっぷりに仕上がります♪