「買い物に行くとついおやつも一緒に買ってしまう」という人はいませんか? どうしても必要というわけではない場合、買わない習慣の人に比べてカロリー過多になる可能性が……!

そこで今回はエステティシャンでもある野村純子さんが、1袋食べても“40kcal未満のおやつ”をダイソーで見つけたので、内容量と満足度をレポートします。

■1:『おつまみ居酒屋 あなごスティック』

画像:野村純子

口寂しいだけで食べるお菓子は歯止めがきかない人が多いため、しっかりとした歯ごたえのものを選びましょう。

1袋全部食べても低カロリーで、なおかつ食べるのに時間がかかるものがおすすめです。

画像:野村純子

内容量12gで36kcalの『おつまみ居酒屋 あなごスティック』は、量はちょっと物足りなく見えるかもしれませんが、同じようにポケットサイズのチョコを食べきるのに比べたらかなりのカロリーカットです。

「まだある」と思うと食べたくなってしまいますが、「1袋食べきった」という事実で切り上げるきっかけになるでしょう。

 

■2:『おやつこんぶ』

画像:野村純子

“塩昆布”や“酢昆布”とはひと味違って、あまじょっぱい“うましお”がやみつき。こちらも昆布の歯ごたえがあり、なかなか一気には食べられません。

画像:野村純子

内容量10gで24kcal。とにかく口寂しさが通り過ぎるまで時間を稼ぐように、ちまちまと食べましょう。デザートドリンクよりお茶との相性がいいのも、ダイエッターとしては好都合ですよ。

 

■3:『ひと口サイズのおやつ 玉こんにゃく』

画像:野村純子

「こんにゃくにどうしてこんなに味が染み込んでいるんだろう!?」というのが率直な感想です。ちょっとピリ辛で、しょうゆの旨味がおやつの粋を超えている感じがしました。

画像:野村純子

内容量は30gで7個前後入って21kcal。煮物用の玉こんにゃくより小さい“ひと口サイズ”で、しっかりとした弾力があります。見た目より味が濃いので、飲み物が欲しくなるかもしれません。

食べるときに音や香りが出にくいのも嬉しいですね。

 

いかがですか?

買い物ついでにおやつを買ってしまうという方は、クッキーやチョコなどの甘いお菓子よりも、食物繊維やタンパク質の豊富な自然素材のおやつを選んでみてくださいね!

【画像】
※ 野村純子

※ 記事の情報は公開日時点のものです。