近年、高級食パンがトレンド入りするなど、パンに対する考えが変わりつつあります。みなさんの中にも、パン屋さんが好きという人が多いかもしれません。

そこで今回は、以前CUCURUでご紹介した覚王山周辺にあるお店のうち、地元民にも人気のパン屋さんをピックアップしてご紹介したいと思います!

■1:池下ベーカリーrico(リコ)

画像:河村弘子

覚王山からすぐの池下にお店を構える『池下ベーカリーrico(リコ)』は、25年の歴史を持つパン屋さんとして人気だったお店を2015年にリニューアルしています。

ベーシックな食パンやバゲットをはじめ、定番の菓子パンから総菜パンを常時50〜60種類販売していますが、大体1ヶ月でメニューも変わっていくのだとか。

画像:河村弘子

手間ひまかけてつくることを大切にしていて、毎日食べても飽きないのが特徴のひとつ。昔からの常連さんはだけでなく、最近は男性客も増えているそうです。

一番人気はシンプルな『マイルド食パン』(税別400円)で、他にも『バナナブレッド』(税別200円)、『Wレーズン』(税別180円)、『コーンパン』(税別180円)など、リーズナブルでコンパクトサイズなパンが人気を集めています。

<店舗情報>
池下ベーカリーrico
住所:愛知県名古屋市千種区高見2-12-14 吉井ビル1F
アクセス:名古屋市営地下鉄東山線『池下駅』から徒歩4分
電話番号:052-752-1775
営業時間:9:00〜18:00
定休日:日曜日、祝日

 

■2:Cafe&Kitchen DooLittle(ドリトル)

画像:大橋千珠

住宅設計を手掛ける『ica associates(アイシーエー・アソシエィツ)』の1階には、スタイリッシュなカフェ『Cafe&Kitchen DooLittle(ドリトル)』があります。

11:00〜15:00のランチタイムには、4種類あるメニューの中から、お好きなものを選べます。サンドウィッチ、ライス系、バーガー系、カレーなど充実した品ぞろえ!

画像:大橋千珠

なかでも人気メニューの『ホームメードコーンビーフサンドウィッチ』(1,000円)は、噛むほどに肉の旨味をじっくり感じられるだけでなく、レタスやトマトなどの野菜もちゃんと食べられるのがうれしいポイントです。

また、『マンゴーオレンジパフェ』『レモンティパフェ』『大人のチョコパフェ』の3種類(各1,000円)といった季節に合わせたデザートも充実しています。

<店舗情報>
Cafe&Kitchen DooLittle(ドリトル)
住所:愛知県名古屋市千種区田代本通5-3 nuビル1F
電話番号:052-762-0809
営業時間:11:00〜22:30(L.O.22:00)
定休日:水曜日、木曜日(祝日は営業)

 

■3:GRANDIR(グランディール) 覚王山店

画像:木村純子

京都の老舗ベーカリーの名古屋市初上陸店舗となる『GRANDIR(グランディール) 覚王山店』は、朝から客足が途絶えることのない人気のお店です。

店内に入ると棚にはおいしそうなパンがぎっしり並べられています。常時70〜80種類ほどのパンが並ぶのですが、毎月1日には一部のパンが入れ替わるのだとか。

画像:木村純子

お店で大人気なのが、レジ横のショーケースに並ぶ“パニーニ”! 常時7種類が並び、レジで注文するとその場で焼いてくれて、良い香りが店内に広がります。

他にも、一番人気の『エビ&アボカドのパニーニ』(税別490円)や『抹茶ベーグル』(税別190円)、『ショコラベーグル』(税別190円)など、毎日通っても飽きない充実したラインナップが楽しめるのもポイントです。

<店舗情報>
GRANDIR(グランディール) 覚王山店
住所:愛知県名古屋市千種区末盛通1-31-4
電話番号:052-751-3001
営業時間:8:00〜20:00
定休日:無休(お正月休みあり)

 

■4:Bon Materiel(ボン マテリエル)

画像:木村純子

『Bon Materiel(ボン マテリエル)』は旬のフルーツを使ったおいしいフルーツサンドのお店。季節ごとに違ったフルーツが楽しめますよ。

常時6種類ほど店頭に並び、一番人気はなんといっても『イチゴ』(税込550円)! 大粒のイチゴと、北海道の産地指定の単一生乳を使った生クリームのハーモニーが自慢の一品です。

画像:木村純子

他にも、『まっちゃあん いちご』(税込550円)や『デコポン』(税込550円)、ふんわりと黒糖の香りが広がる『黒糖イチゴ』(税込570円)も人気です。

店内にはイートインコーナーもあり、コーヒー、ティー、フルーツジュースなどのドリンクを300円でオーダーすることができますよ。

<店舗情報>
Bon Materiel(ボン マテリエル )
住所:愛知県名古屋市千種区山門町2-39-2
アクセス:地下鉄覚王山駅徒歩3分
電話番号:052-751-3133
営業時間:11:00〜17:00
定休日:月曜日、火曜日

 

■5:コッペパンとコーヒー三ツ山猫ストア

画像:木村純子

地下鉄覚王山駅から徒歩10分ほどの場所にある『三ツ山猫ストア』は、日泰寺の裏側あたりにお店を構える、おしゃれな雰囲気が漂うお店です。

広々とした店内には日差しが入って明るく開放的な空間となっています。天井からぶら下がっている照明がおしゃれ度をアップさせていますね。

画像:三ツ山猫ストア

看板メニューは注文を受けてから作るコッペパンサンド。『フルーツ&生クリーム』(税別420円)や『だし巻き卵とたまごサラダの玉子』(税別350円)など、人気店とコラボしたメニューが並びます。

他にも、コッペパンサンドと一緒に飲みたい『スペシャルティコーヒーG#』(税別450円)や『クリームソーダ』(税別550円)といったドリンクメニューも充実しているのも人気のポイントです。

<店舗情報>
コッペパンとコーヒー三ツ山猫ストア
住所:愛知県名古屋市千種区田代町四観音道東116-11 丸美ビル2F
営業時間:10:00〜18:00(L.O.17:00)
営業日:土日月(イベント時は臨時営業)
駐車場:なし(近隣にコインパーキングあり)

 

■6:製パン 雅

画像:木村純子

軽井沢や東京など7店舗を展開する名店『ベーカリー&レストラン沢村』の1号店で、7年間腕を磨いたシェフが地元に戻ってオープンしたのが『製パン 雅』です。

ショーケースには30〜40種類ほどのパンが並んでおり、全種類のパンが揃うのは11時前後が目安。人気の食パンは夕方には完売してしまうそうなので、お昼に行くのがおすすめです。

画像:木村純子

一番人気は、お店の名前がついた『食パン 雅』(税別350円)で、そのまま食べてもトーストでもサンドにしてもおいしくいただくことができます。

他にも、美しい形にこだわった『クロワッサン』(税別200円)や、生地を紅茶だけで仕上げた『ベリー・ラテ』(税別475円〜)などが人気です。

<店舗情報>
製パン 雅
住所:愛知県名古屋市千種区日進通3-20 ASKAHILLS101
電話番号:052-753-3082
営業時間:9:00〜18:00
定休日:月曜日、火曜日
駐車場:2台(店舗東約30mの駐車場No.7〜8)

 

■7:メゾンカイザー NAGOYA CENTRAL GARDEN

画像:川口めぐみ

ナゴヤセントラルガーデンの一角にある『メゾンカイザー NAGOYA CENTRAL GARDEN』は、テラスでおいしいモーニングが食べられると人気のパン屋さんです。

モーニング(月〜金9:00〜10:30)の人気メニューは、『クロワッサンたまごサンド』やクロワッサン単品に、ドリンクがつくセットとなっています。

画像:川口めぐみ

ランチはスープや一品料理にパン食べ放題セットで、1つ200円〜300円前後のクロワッサンやバゲット、くるみのパン、サツマイモのパンなどが選べるのだとか。

もちろんテイクアウトも可能で、一番人気はクロワッサンとバゲット。クロワッサンは3つセット価格(584円)で、お土産や朝食用にも最適です。

<店舗情報>
メゾンカイザー NAGOYA CENTRAL GARDEN
住所:愛知県名古屋市千種区高見2-1-20 ナゴヤセントラルガーデン
電話番号:052-757-3188
営業時間:9:00〜20:00
定休日:元日

 

いかがですか?

おしゃれスポットでもある覚王山周辺には行列の絶えない大人気店だけでなく、地元民しか知らない穴場のパン屋さんまで、たくさんのグルメ店が立ち並んでいます。

気になる方は、ぜひ足を運んでみてくださいね!

【画像】
※ 河村弘子、大橋千珠、木村純子、三ツ山猫ストア、川口めぐみ