名古屋・覚王山の日泰寺からすぐの場所にお店を構える『パピトン(papiton)』。オーナーシェフが手作りする焼き菓子が並びます。

賑やかな日泰寺参道から一歩入った静かな店内では、ピアノの生演奏をBGMに贅沢なティータイムも楽しめます。

今回は大人のカフェ パピトンの魅力を、たっぷりご紹介します!

■お店の場所は日泰寺すぐ

画像:木村純子

お店は日泰寺横、地下鉄覚王山から日泰寺参道を上がり、門を左に曲がってすぐの突き当たりです。

画像:木村純子

緑に囲まれた石畳を進み、右側のウッドの扉が入口ですよ。

 

■丁寧に作られた焼き菓子が人気!

画像:木村純子

入口正面のショーケースにはタルトなどのケーキが常時8種類、土日祝には10種類ほどが並びます。

上の段には常温保存OKの焼菓子もあり、遠方への持ち帰りも可能です。

画像:木村純子

ケーキの隣には食べきりサイズの焼菓子が並び、ギフトとしても人気だそう。

『バニラクッキー』(税込150円〜)や発酵バターが香る『ガレット・ナンテ』(税込220円)、かわいらしい動物クッキー『はりねずみくん』(税込190円)など、種類が豊富で迷ってしまいます!

 

■おすすめのケーキ3つ

ケーキは、日替わりのものや季節のものなど、限定のメニューもいくつか並びます。小麦粉・砂糖・卵・バターとシンプルながら厳選した素材を使い、季節のフルーツをふんだんに使っているそう。

この日のお店のおすすめを3つ伺いました。

(1)ベリーのタルト

画像:木村純子

ストロベリー、ブルーベリー、ラズベリーと3つのベリーをトッピングした『ベリーのタルト』(税込580円)。

トッピングだけでなく、アーモンドクリームにもベリーの果肉を練り込んだ贅沢な一品です。

(2)グレープフルーツと紅茶のタルト

画像:木村純子

2種類のグレープフルーツをトッピングした『グレープフルーツと紅茶のタルト』(税込490円)。

ダマンドには紅茶の茶葉をたっぷりと練り込み、グレープフルーツはジューシーで素材の良さを感じます。

(3)苺ロールケーキ

画像:木村純子

『苺ロールケーキ 』(税込470円)。しっとりとしたスポンジ生地に、甘さ控えめの生クリーム、甘酸っぱいイチゴと王道の組み合わせ。

見えない部分も手間がかけられ、どれも丁寧に作られているのが伝わるケーキと焼き菓子たちです。

 

■カフェではピアノ演奏も楽しめる!

画像:木村純子

ケーキは、テイクアウトすることはもちろん、木の温もりを感じる落ち着いたカフェで楽しむこともできます。

画像:木村純子

『ブレンドコーヒー』(税込550円)は、岐阜市にある『シェルパコーヒー』のブレンドを、ハンドドリップで淹れてくれます。

筆者は『紅茶』(税込650円)をいただきましが、ポットでたっぷり2杯分が出てきました。

画像:木村純子

月に1回ほど不定期に“BGM演奏”が開催され、カフェに置かれたピアノ演奏を聴きながらティータイムを楽しめます。

日程は公式サイトにて告知があるので、チェックしてみてくださいね。

 

いかがですか?

ご紹介したケーキの他にも、おいしそうなケーキを毎日オーナーシェフが手作りしています。公式サイトでも確認できますよ。

パピトンの上質なケーキや焼き菓子で、ちょっと贅沢なティータイムを過ごしてくださいね!

<店舗情報>
パピトン(papiton)
住所:愛知県名古屋市千種区山門町1-1
電話番号:052-752-3146
営業時間:11:00〜18:00
定休日:水曜日、木曜日(不定休あり)
駐車場:あり(3台)

【画像】
※ 木村純子

※ 記事の情報は公開日月時点のものです。