愛知県一宮市の『サヴァシバ』をご存知ですか? 週2日しか営業をしていないのに、遠方から通うファンも多い“パン好きに大人気”のパン屋さんなのだとか!

今回は、そんな気になる『サヴァシバ』を訪ねました。

■古民家のパン屋さん! 愛知県一宮市『サヴァシバ』

画像:花井ゆり

画像:花井ゆり

『サヴァシバ』は、愛知県一宮市に店を構える天然酵母の石窯パン屋さん。名鉄犬山線石仏駅から車で約4分の場所にあります。

画像:花井ゆり

のどかな景色や虫の声、田んぼの香りに溶け込むように佇む『サヴァシバ』。

なんと古民家を移築し、セルフビルドで建築したのだとか。辺り一帯、初めて訪れる場所なのにどこか懐かさを感じ、心が解かれるような素敵な風景なんですよ。

 

■自家製酵母や自家製野菜も並ぶ店内

画像:花井ゆり

画像:花井ゆり

店内には、次々とお客さんが来店。この日もオープン前からお店の前で開店を待つ人の姿が目立ちました。

画像:花井ゆり

画像:花井ゆり

「家も野菜もお店も石窯も看板も酵母もパンも住む家も手づくり」というこだわりいっぱいの『サヴァシバ』。店頭には、さまざまな自家製天然酵母が並びます。

画像:花井ゆり

この日は、自家栽培のズッキーニ(税込150円)の販売もありましたよ。

 

■こだわりラインナップのショーケースをチェック

画像:花井ゆり

画像:花井ゆり

画像:花井ゆり

画像:花井ゆり

「粉と塩と水だけでもおいしい天然酵母の石窯パンを作りたい」というオーナー夫妻の思いが込められたパン達が並びます。

パンは「動物性のもの、乳製品、白砂糖などを使わず、小麦や練り込む素材の旨みを大切にしている」のだとか。

 

■筆者厳選! おやつ系パン&スコーン4選

画像:花井ゆり

筆者はソフト系パンとスコーンをセレクト。購入したパンは、ひとつひとつ丁寧に包んでもらえます。作り上げたパンを大切にされている気持ちが伝わってきますね。

(1)『シナモンロール』(税込300円)

画像:花井ゆり

画像:花井ゆり

国産小麦『春よ恋』を使用した、シナモンロール。ビート糖の自然な甘さに、シナモン&カルダモンの香りがたまりません。

(2)『パンムロン』(税込250円)

画像:花井ゆり

画像:花井ゆり

筆者イチオシ『パンムロン』は、ココナツの甘みのメロンパン。上部が優しい甘さだから、中の生地の味わいもしっかり楽しめますよ。

(3)『レモンピール紅茶パン』(税込200円)

画像:花井ゆり

画像:花井ゆり

有機レモンピールを使用した、アールグレー風味のパン。レモンピールの爽やかな香りが、はじけるようにふわっと広がります。

(4)『アーモンドざっくざくスコーン』(税込250円)

画像:花井ゆり

画像:花井ゆり

運良く、焼きたてのタイミングで購入することができたスコーン。オーガニックアーモンドたっぷりの“ざっくざく”仕立てに悶絶。 こんな贅沢なスコーンは、他では出会えません!

 

いかがですか?

みなさんもぜひ、『サヴァシバ』こだわりのパン達を味わってみてくださいね。

<店舗情報>
サヴァシバ(Cavasiba)
住所:愛知県一宮市千秋町町屋仲橋19
電話:0586-58-3035
営業時間:‎11:00〜17:00 ※パンが無くなり次第終了。
定休日:月曜日・火曜日・木曜日・土曜日・日曜日(水曜日&金曜日のみの営業)※7月13日〜9月中旬まで夏季休業予定。
駐車場:有

【画像】
※ 花井ゆり

※ 記事の情報は公開日時点のものです。