能宗宏奈さんと茂原千英子さんは職場の同僚で、能宗さんと武田杏奈さんは高校の同級生。5年前に3人で観戦して以来の鯉党3人組だ。

 武田さんは「カープが人とのつながりを作ってくれる。この3人もカープでつながった。職場でも親戚の間でも最初のあいさつがカープ。カープを好きで良かった」と笑顔を見せる。能宗さんも「カープ話で仲良くコミュニケーションがとれる。知らない人ともつながるし、生活の一部」とうなずく。茂原さんは「カープは広島になくてはならない球団。応援する何かがあるのは生活の活力になる。仕事も頑張ろう!となる」と話す。

 武田さんは菊池のファン。「予想以上のプレーで魅せてくれるし、新井さんをいじったりするムードメーカーぶりがいい」と言う。田中好きの能宗さんは「苦労してポジションを勝ち取り、最近やっとキクマルではなくタナキクマルと言われるようになった。地道に努力するまっすぐで真面目な姿がいい」と称賛する。茂原さんは「昨年、偶然、街中で新井さんに会い握手してもらった。すごく紳士的に対応してくれてかっこよかった。新井さんがいるとチームのムードが良くなる。これからも頑張ってほしい」とエールを送る。(敬)