「全国高校野球広島大会・3回戦、沼田4ー1日彰館 」(21日県総合グランド野球場)

 気温30度を超えるしゃく熱のマウンドで躍動した。最後の打者を中飛に抑えるとグラブをたたいて喜びを表した。先発した沼田の西田太陽投手(3年)が9回6安打1失点で完投勝ち。「先制を許したが、七、八回と走者を出しても抑えられたのは良かった」と笑顔で汗を拭った。

 戦友の思いを胸に腕を振っている。舟入のエース・小西とはSNSで連絡を取り合う仲だ。舟入は2回戦で広島新庄に敗退したものの、エールを送られたといい、「ともに成長していけるように高め合っていければいい」と刺激を受けている。

 25日は西条農と対戦する。目標のベスト8進出まであと1勝。投打の中心である右腕が全力投球を貫き、ナインをけん引していく。