JR九州の新しい観光列車「ふたつ星4047(よんまる よんなな)」に乗ってきました。西九州新幹線の開業に合わせ9月23日にデビュー。どちらも長崎と佐賀の武雄温泉間を結びますが、内陸の「山」を走る西九州新幹線に対して、「海」に面した2つのルートをゆっくり走行する“西九州の海めぐり列車”です。今回は、大村湾の絶景とスイーツを楽しんだ列車旅を紹介します。



 「星」が付く列車名といえば、九州7県を星に見立てて周遊することから命名されたJR九州の豪華クルーズトレイン「ななつ星in九州」が有名ですが、長崎と佐賀の2つの県を巡る「ふたつ星」は、それにあやかったネーミングです。名付け親は、鉄道デザインの第一人者・水戸岡鋭治さん。もちろん車両デザインも手掛けています。

 ボディーは海に映えるパールメタリックという美しい白。チタンを使った金色のラインがアクセントになった3両編成です。鹿児島県と熊本県を走っていた観光列車を大改造したもので、列車名の「4047」は使用された車両がキハ40とキハ47という2種類のディーゼルカーに由来しているのですが、リニューアル車両とは思えないほど高級感のあるオシャレな外観。乗車前からテンションが上がります。

 午前便と午後便でルートが異なるのも「ふたつ星」の魅力。今回は14時53分長崎発の午後便で武雄温泉に向かいます。1号車と3号車に客席(全車指定席)を設け、2号車は豪華な「ラウンジ40(よんまる)」と呼ばれる共有スペースで、ラグジュアリーな“水戸岡ワールド”に浸ることができます。

 ゆったりと過ごせるソファ席や窓側に向いたカウンター席などがあるので、絶景区間は2号車のラウンジに移動して、優雅に眺めを楽しむのもおすすめ。大村湾に沿うように走る今ルートでは、車窓の間近に海が広がり、まるで海の上を進んでいるような感覚が味わえます。

 沿線の自慢の味が楽しめるのも観光列車の大きな魅力です。ラウンジにはサービスカウンターがあり、沿線地域の地酒やソフトドリンク、スイーツなどを提供。中でも人気は、車内で出来たて熱々が食べられる「長崎スフレ」。甘くてフワフワ、幸せを感じる味わいでした。販売は午後便のみ。事前予約が必要な数量限定商品です。

 ホームから大村湾が一望できる千綿駅では、10分間停車するので、海やレトロな木造駅舎をバックに写真撮影。金曜日には「ふたつ星」の到着に合わせて、駅前に移動販売車CHANОKО号がやってきて新名物「くじら焼き」(鯛焼きの鯨バージョン)の販売も。

 おいしいスイーツと穏やかな大村湾のロケーションに癒やされているうちに武雄温泉駅に到着。豊かな気持ちになれた約3時間の列車旅でした。今度は、有明海を眺めながら名物の海苔と佐賀牛が詰まったオリジナル弁当が味わえる午前便に乗ってみたい!早くも、次なる西九州の旅の計画を立てています。



 ◇JR九州「ふたつ星4047」 運行ルート・ダイヤは、午前便・武雄温泉10時22分発〜長崎13時15分着。午後便・長崎14時53分発〜武雄温泉17時45分着。金、土、日、月曜日および祝日を中心に各ルート1日1本運行(途中駅で乗降可能)。料金は利用区間の運賃と指定席特急料金。午前便・武雄温泉〜長崎間は4180円。午後便・長崎〜武雄温泉間は4500円。詳しくは、ふたつ星4047公式サイト参照。